ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近買った物 >>
最近みたDVD
「フライトプラン」

原題も同じ、'05年製作のジョディ・フォスター主演作…ジャンボジェットという密室から痕跡もなく消失した愛娘を捜し、背後の陰謀に立ち向かう“高度1万メートルの超音速アクション・サスペンス”です。
僕でも知ってる有名作だった筈なのに、近所のワゴンセールで¥180でしたよ…価格というのは作品の価値を反映するものではないのですが、お手軽に鑑賞できて嬉しい反面なんか申し訳ないような気がしてきます。
タイトルは、航空機の飛行ルートや時刻を指す用語ですね…ジョディは棺桶の夫を故郷に埋葬するために娘と旅客機に搭乗し、トラブルに遭遇するのですが。

先ずはザックリとフライトまでの経緯、そして同乗した筈の娘がジョディ仮眠中にリュックごと消えるミステリー展開…誰も娘を見ていないと言うし搭乗記録すらないと知り、半狂乱になって走り回るジョディの機内アクションが続きます。
夫の不審死に娘の失踪が重なり、彼女には同情するものの感情移入は難しい場面ですね…ここは観客の心理を乗客&クルー側に傾けるのが狙いなのでしょうな、それとも普通は母ジョディの心理に同調するのかな?
しかも彼女は機体の仕様を熟知している技術者なので、意外な場所に設けられた客室外への抜け穴までお見通しだから手に負えない!

バックパッカー風情には縁のないファーストクラスやラウンジルームどころか、荷物室や機械室といった関係者じゃなければ立ち入れない場所まで探索するジョディ…旅客機の複雑な構造を覗き見するようなワクワク感を抱いてしまい、何だか申し訳ない気分にも。笑
残るは操縦室だけか?と思わせてラスト30分での種明かし、これでイカレ女のハイジャッカーに仕立てられたジョディが犯人チームを制して娘を救う手段があるのか…手筈通りに緊急着陸後で乗員を降ろしてからジョディを殺し、機体を爆破すれば娘も吹き飛ぶ予定の壮大かつ杜撰な犯罪計画はツッコミどころ満載だ!笑

おそらく素人レビューで酷評されてるであろうポイントを想像し、薄ら笑いが浮かんじゃいましたよ…ちょっと考えれば辻褄は合うんですけどね、それを説明不足と貶す観客には向かない映画なのは間違いないな。
ともあれ迷路のような機内構造が本作のキモでしょう、そして我々が無意識に抱く先入観や無関心さが実は最大のトリックなのかも。
無実の被害者にも関わらず、人々に疑われ異常者と決め付けられる…恐ろしいですな、娘の死亡記録まで偽造されていたら自分すら信じられなくなりそうです。
ともあれ僕は楽しめましたよ、場面転換を映像で繋ぐ上手さにも感心しました。

ジョディの日本語吹き替えはフィックス声優の戸田恵子、「バンガー・シスターズ」で年頃の娘を演じていたエリカ・クリステンセンもCAのフィオナ役で出演。
0
    | cinema | 2017.01.22 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top