ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「クイズ・ショウ」

原題も同じく「QUIZ SHOW」、50年代に全米を熱狂させたTV番組の実話に基づく2時間越えのサスペンス映画で公開は'96年…製作/監督はロバート・レッドフォード、製作総指揮にリチャード・ドレイファスが名を連ねていますが2人とも潔く出演してません。
視聴者参加型クイズ番組の新旧チャンピオン交代に絡む製作側の不正と、揉み消し工作に対抗する弁護士…後にJFKのスピーチライターとなった原作者による、70年代のウォーターゲートや60年代のケネディ暗殺に匹敵するという全米史上三大スキャンダルを映画化。
ってそんな大層な事かね、これしきの仕込みで?…と思ってしまう自分の良識とは、一体何ぞや?

予めプロデューサーが勝たせたい方に答えを教えていたのは、確かに視聴者を欺く不正行為ではあれど「誰の不利益にもなってはいない」という弁も一理あります。
前チャンプは貧しいユダヤ人という、如何にもアメリカン・ドリームの体現者で視聴者の憧れでしたが…調子に乗ったウザさがスポンサーに疎まれ、裏でテレビの仕事をちらつかされ指示どおり答えを間違えます。
片や新チャンピオンはインテリ一族のイケメンWASP、ヤラセの罪悪感に苦悩する正直者ではありますが…製作側に脇の甘さをくすぐられ、結果はズブズブ。
アメリカ人の夢、って実は何なんだろう?

プロデューサーの読みが当たって横ばいだった視聴率は過去最高を記録、新チャンプも一躍時の人に…旧チャンプの告発も審議官とTV局の社主がゴルフ仲間で審理は封印、それを奇異に思った立法管理委員の弁護士が調査を開始しますが。
「これは赤狩りじゃない」と、飽くまでスポンサー会社とTV局の不正を明るみに出そうとした弁護士も根っこは俗物なんです…同じユダヤ人の旧チャンプを同族嫌悪する一方でシンパシーを抱くインテリ一族を庇ってみたり、アメ車屋でエリートぶってみたりして。
話が進むにつれ露見する、保身の醜態と狡猾さ…業界人の物腰が鼻につくのは、大衆を躍らせている気でいるからなのね?
その後の業界は、といえばご覧の通りでこざいます。

そして僕も業界ロジックを論破できない訳ですが、まぁその頃の日本人だって力道山がヒーロー・インタビューで八百長を暴露したら訳知り顔じゃあいられないわな?
純粋な善人も無垢な被害者もいない、そしてヤラセは娯楽のトリックだからとはぐらかされ…古よきアメリカの黄金時代、しかしその陰では意図しようとするまいと現代へのパラダイム・シフトが着々と植え込まれていたのね。
とはいえ自ら真実を告白した者が一番バカを見るとは、チトほろ苦すぎないか?
観ていて何故か度々、パウロ・コエーリョの「悪魔とプリン嬢」が脳裏を過りました。

社会派ですなぁロバート監督、収支を気にしちゃ本作なんざ作れないでしょう。
そんな心意気を買ってか、脇役ではありますが著名な映画監督が出演しておりました…別な番組の司会者を演じのはバリー・レヴィンソン、更にはスポンサー会社の社長役で巨匠マーティン・スコセッシも出演。
大陪審に告発する旧クイズ王をジョン・タトゥーロが、悩める新チャンプをレイフ・ファインズが好演。
ちなみにショウの司会者役クリストファー・マクドナルドは、見覚えある名前だと思ったら「アイアン・ジャイアント」の捜査官ケント・マンズリCVだったのね!?
音楽は「トラブル・イン・マインド」のマーク・アイシャムが担当、特に印象的ではなかったけれど。


〈50年代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】杉浦茂「猿飛佐助」| 2009.09.04
【最近聴いたCD】セロニアス・モンク「モンクス・ミュージック+2」| 2009.09.08
【最近聴いたCD】オーネット・コールマン「世紀の転換」| 2009.10.05
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近読んだ本】木寺紀雄「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】サン=テグジュペリ(著)、堀口大學(訳)「人間の土地」| 2010.02.02
【最近聴いたCD】レスター・ヤング「プレス」| 2010.07.01
【最近聴いたCD】ロバート・プラント&アリソン・クラウス「レイジング・サンド」| 2010.07.20
【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
【最近読んだ本】山本周五郎「雨あがる」| 2010.10.24
【最近聴いたレコード】ビル・ヘンダーソン「モーニン」| 2011.02.21
【最近聴いたCD】V.A.「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近聴いたCD】「The Best Of Miles Davis & John Coltrane (1955-1961)」| 2012.11.11
【最近聴いたCD】THE CECIL TAYLOR QUARTET「Looking Ahead!」| 2013.02.24
【最近読んだ本】ジャック・ヴァンス「ノパルガース」| 2013.04.21
【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
【最近みたDVD】「ベン・ハー」| 2014.06.11
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】トム・ゴドウィン・他「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近みたDVD】「アイアン・ジャイアント」| 2014.12.03
【最近みたDVD】「ティーン・ビーチ・ムービー」| 2014.12.28
【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近読んだ本】ロベール・ドアノー「ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式」| 2016.04.17
【最近みたDVD】「バック・トゥ・ザ・フューチャー」| 2016.09.21
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21
【最近読んだ本】アルフレッド・ベスター「虎よ、虎よ!」| 2017.12.30
【最近みたDVD】「グローイング・アップ5 ベイビーラブ」| 2018.11.22
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15
0
    | cinema | 2017.02.04 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top