ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みた夢
ヴァーチャル技術のパビリオン


夢は、僕の覚えている限りでは施設に入館する所から始まったと思う。
既に館内は多くの人が見学していたが混雑という程ではなく、ほとんどの展示がアトラクション形式で来館者を楽しませていた。
どれもVRスコープのような装具を必要とせず、ダイレクトに五感を刺激して現実のような感覚を体験させる様々なアイデアが実現化されている。
最も印象的だったのは、順路に従って3階まで往復した後に見つけた地下の展示ルームだった。
その時、一緒に来館し見て回っていた誰かは展示が終了したと思って外に出ようとしていた。
(まだ何かありそうだな)と思って出口とは反対側を覗き込むと、その誰かは僕を急かして「何やってんの、早く来なよ」と呼んだ。
だけど僕は生返事をして、一人で幅が広くデコボコしたスロープを下りていった。

スロープは半ばから薄暗くなっていって、地下フロアは赤暗く照らされていた。
そこには森の情景があり、静かに降る雨の音がして…展示の中に足を踏み入れると顔や手に雨粒が当たるのを感じたけれど、展示から出ると濡れてはいなかった。
その奥は広大な展示空間があり、幾何学的な立体投影の間から幾つもの巨大な魚影が垣間見えた…小型のクジラかイルカのようで、それらは仕切りのない水槽の中を優雅に泳いでいた。
(まさか…?)と思いながら腕を突っ込むと水に触れた感触があり、引っ込めた手のひらには半透明で非現実的な造形の稚魚が乗っていた。
(これは仮想の海か!)と、僕は嬉しくなって後先考えず展示に飛び込んだ…緩やかな海流の中で服が体にまとわりつき、本当に着衣で潜水している感じがするものの呼吸には困らない。
そのままイルカたちの方へ泳ぎ出すと背後から誰かに呼び戻され、展示から出ると地上の重力を感じた。

他の様々な展示も驚異的で面白くはあったが、これら水の感触を再現するバーチャル技術には敵わないと思った…ここで遂に最後のアラームが鳴り始め、僕は後ろ髪引かれる思いで夢から現実へと起床した。


いやー、色々とユニークな夢でした。
僕は目覚ましの音をスヌーズ機能でセットしているのですが、普通は最初のアラームで夢は終わってしまうのですよ。
ところが今回の夢は、夢の中で(あ、アラームだ)と分かっていて「現実のアラームを止めて再び夢に戻ってくる」という器用な真似を何度も繰り返していたんです…つまりアラームが鳴る度に、夢というバーチャル空間と現実とを行き来しながら夢が進行していたんです。
なのでアラームが始まって現実とを往復しながら見ていた後半部分の、地下へと降りる直前からは半覚醒状態だったのか夢の割には思考が結構クリアだったのです…といっても夢の虚構を検証するほど不粋じゃない程度でね、飽くまで「夢を見ていられる意識の状態にしては頭が冴えていた」位の思考力ですけども。笑

そうだ、おそらく最初のアラームで行って帰ってきた時じゃないかと思うんですけど…ちょうど上階を一巡りして1階のロビーに戻って来た辺りで、何故かふとこんな気がしたのです。
(ここにいる人たちって、みんな呼ばれたのかも?)と。
如何にもギョーカイ人っぽいカップルや子連れの若夫婦、仲間で騒がしく自撮りしてる青年たちなど…普段の夢では目に留まらないレベルの、僕と夢との関係においてはモブキャラ的な「その他大勢」が今回は妙に存在感があって。
夢の中では、その招待主を(高次の意識?)みたくザックリ想像してたのだけど…もしかしたら、こうした技術を研究しているプロジェクトによる集団的無意識の実験か何かでアプローチされたのかもしれません。
要するに「他人の夢に侵入し介入する技術」のテストとして、僕の無意識も呼び出されていたんじゃないか?と。
ま、本当にそうなら各種SNSは既にお祭り騒ぎでしょうけどね!笑

それにしても雨粒の当たる感触や水に濡れる感触など、夢で触覚を感じたのって初めてかも…聴覚と嗅覚は前にあったので、じゃあ後は味覚だけかぁ〜?
味覚、まだ夢で経験してないよな…でも抵抗あるわ、何が何の味なのやら?笑


〈イルカ・クジラ〉関連記事:
【最近読んだ本】川端裕人「クジラを捕って、考えた」| 2007.07.18
【最近読んだ本】よしもとばなな「イルカ」| 2008.04.15
【最近読んだ本】リチャード・プラット/朝比奈一郎「海賊」| 2009.01.04
【最近読んだ本】池澤夏樹/高砂淳二、垂見健吾「クジラが見る夢」| 2009.01.25
【最近読んだ本】中村庸夫「ルンバ・ルンバ……イルカに出会うとき」| 2010.06.01
【最近の驚き・発見】女性のおでこはイルカっぽい| 2010.08.21
【最近やったゲーム】PS2ソフト「エバーブルー」| 2011.11.29
【最近みたDVD】「銀河ヒッチハイク・ガイド」| 2013.01.12
【最近読んだ本】星野道夫「森と氷河と鯨」| 2013.10.24
【最近読んだ本】相川結/HIROKAZU「トウキョウ イルカ 東京(魚敷)」| 2014.04.17
【最近読んだ本】ウィリアム・ギブスン/テリー・ビッスン/嶋田洋一「JM」| 2014.07.16
【最近読んだ本】中村風詩人「ONE OCEAN」| 2015.12.19
【最近読んだマンガ】石塚千尋「ふらいんぐうぃっち」3巻| 2017.02.16
0
    | in sleep | 2016.10.21 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top