ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
BECK「ODELAY」

'96年なんですねぇ、このモップみたいな物体がハードル跳びをしてる奇妙なジャケ写は見覚えありますが既に20年も経っているとは…ベックの名前は知ってたけどアルバムを通しで聴いたのは初めてです、きっとリリース直後に聴いてたら斬新だとか思ったのでしょうが今となってはカルビン・ハリスの二番煎じ的な印象でしかありませんね。
それとベックはベック・ハンセン個人が作詞作曲から演奏までこなしてセルフ・プロデュースしてるのだと思ってましたけど、実際は別の作曲家やミュージシャンやプロデューサーも参加してたのか…まぁ、それでも構いはしませんけども。

おそらくは「自身の楽曲に既存の音源を引用する」というヒップホップの方法論に、ベックというオリジナリティがあったのでしょうね当時は…しかし手法を真似されてしまうと独自性も相対的に低下してしまう訳で、今聴くと楽曲として何も面白くはないのでした。
ただし全14曲中9曲に関して“contains a sample from〜”か“elements from〜”または“excerpts from〜”として引用元を列記しており、それ以外の曲に使用音源の記載がないのは著作権切れかフリー素材なのか或いは公表条件なしで許諾を取ったのか…正に安易な借りパクと版権ビジネス勃興の端境期、という。

そういえばL.L.クールJのアルバムにも元ネタが列記されてたっけ、でも今なら同じ事するにしてもきっと包括的な許諾契約で記載を省略出来るんだろうね?
それにしても本作、10年も前にプリンス「ブラック・アルバム」を作ったのと大差ない出来映えだなぁ…曲調なんかは当然ながら違うんだけど、手法としては進歩が感じらないのよ。
ま、飽くまでも僕の個人的な感想ですけどね…多分フォロワーが増え過ぎて、彼ら自身の先駆性も色褪せてしまったのではないかと。
こういうモンド感も、この頃流行ってたような…うん、小西康陽っぽいかも?笑
「同僚オススメCD」シリーズその52


関連ありそうな記事:
【最近聴いたCD】ソンドレ・ラルケ「ハートビート・レディオ」| 2010.05.27
【最近聴いたCD】V.A.「レッド・ホット・アンド・リオ 2」| 2012.04.10
0
    | music | 2017.01.08 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top