おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ORIGINAL LOVE「EYES」

先日聴いた「結晶 SOUL LIBERATION」に続く'93年のアルバムで、本作からラテン・フィーリングが強く打ち出されるようになった印象があります…まぁそれも似非ラテンかもしれませんが、前作のなんちゃってジャズよりは違和感ないし心地好いですね個人的には。
とにかく1曲目の「Let's go!」がカッコイイのです、このタイトな超低音のベースラインが打ち込みだったのは驚きでしたが…生のホーンが入り、ヴィブラフォンやフルートのソロもあるゴージャスな編曲で。
ベースは沖山優司と渡辺等を起用、特に渡辺が弾く「灼熱 The body for sunshishine」はイカしてます。

「Deeper」は吉田美奈子が作詞とコーラスに参加、シンプルな構成ながら幻想的な浮遊感がユニークです。
如何にもシングル・カットされそうな「サンシャインロマンス」「いつか見上げた空に」は、田島孝男の(当てる気)満々な感じがまた「冬物語」っぽいね。笑
本作では全10曲中7曲を田島が作曲、キーボードの木原龍太郎とギターの村山孝志が各1曲で最後の「I wish」は田島+ドラムスの宮田繁男&木管の森宣之との共作…前作よりはメンバーが曲作りにコミットしたようですが、それでも基本的に(田島バンド)ですな。
この変なジャケ写がまた、シブヤ系って感じです。笑
ORIGINAL LOVE EYES(←左クリックで拡大表示されます)


関連記事:
【最近聴いたCD】オリジナル・ラヴ「東京 飛行」| 2007.06.24
【最近聴いたCD】V.A.「bossa nova 1991:shibuya scene retrospective」| 2010.03.03
【最近聴いたCD】ORIGINAL LOVE「SUNNY SIDE OF ORIGINAL LOVE」| 2016.01.16
【最近聴いたCD】ORIGINAL LOVE「結晶 SOUL LIBERATION」| 2017.01.12
【最近聴いたCD】ORIGINAL LOVE「SUMMER LOVE」| 2017.08.20
0
    | music | 2017.01.18 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top