ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
藤島康介「パラダイスレジデンス0」

先日読んだ「パラダイスレジデンス」1巻の前日譚でしょうな、しかし初版は1巻と同時って…その上1巻の収録話数がepisode.1〜7で各話が約25ページなのに、こちらは前後に3ページ分のExtra edition-1と2に挟まれた0-1〜0-8と、話数は多い割に各話8〜12ページで厚みも半分くらいってのは何故ですか?
しかも掲載誌は「good!アフタヌーン」だし、掲載も'08〜11年まで不規則に飛び飛びだったようで。
更に巻末には野梨原花南なる人物による短編小説も収録、宣伝ページの下に同名の講談社ラノベ文庫が?…実は野梨原が著者で、作者が原作とイラストを担当した小説版の漫画化ですか。

もしかしたら先行したラノベを告知するために小エピソードの漫画版が何度か描かれて、いよいよ漫画版も本格始動したというタイミングで出版に至ったのかもね…冒頭のカラーイラストもラノベ版の表紙カバーに使用されていたようですし、そう考えればまぁまぁ辻褄も合わなくはないかと。
そんな感じで、こちらを読めば「寝起きの悪い初音を納豆で起した小松先輩」とか「新田原(にゅうたばる)が初音にプリンと呼ばれる切っ掛け」なんかが分かりますよ…ってそれより主役は初音1人だったんですね、というか寿々花の出番が1巻ほど多くないし明らかに初音メインだったし。笑

あと、本作は「70年代バンカラ学生寮ドラマの女子高生バージョン」というよりは、吉田秋生の「櫻の園」現代版に近いのかも?
特に何があるって訳でもない、ジムシィ並みのバイタリティ&メンタリティを持つ小鳥遊初音の女子寮ライフですが…なんか読んでて心地好いのです、なので少し追っ掛けてみようかな?
でもラノベの方は、野梨原の甘めな文体が苦手かも。


関連記事:
【最近読んだ本】藤島康介「パラダイスレジデンス」1巻| 2017.03.11


以下、個人的メモ画像。
パラダイスレジデンス002(←左クリックで拡大表示されます)

パラダイスレジデンス004(←左クリックで拡大表示されます)

パラダイスレジデンス005(←左クリックで拡大表示されます)

パラダイスレジデンス008(←左クリックで拡大表示されます)
0
    | comic | 2017.03.18 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top