ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「デイブは宇宙船」

前に観たエディ・マーフィー主演のコメディですが、送料込みで¥372だったので買っちゃいましたよ…本作は「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ感じ?
隕石状のオーブが人工衛星に当たって少年の部屋に飛び込む冒頭のシーンは単なる小ネタじゃなかったんですね、もしも真っ直ぐ海中に没してたら話が始まらなかったという訳で…ニル星人がオーブ射出時に受信していた地球の情報は70年代らしく、それで現在の人工衛星を軌道計算に入れてなかったんでしょうね?笑

という訳で、'08年のN.Y.に30年前の情報で到着した宇宙船…オーブが軌道を外れた情報は3か月で分かったのにね、などと細かいツッコミ入れてるとキリがないので止しましょう。
本作は単なるコメディでSFじゃありません、なので宇宙船の外観がニル星人のキャプテンのコピーでも好いのよ…最初は母星を救う任務に忠実だったキャプテン以下クルー達が地球の原始的で野蛮な文明にハマっていき、見かねた副司令No.2の決起によって制圧されたりガス欠しそうになったりして最後はミッション放棄してしまうのでした。笑
「他にも方法はあるわ」って、代案ないのに無責任!

情報将校No.3を演じたガブリエル・ユニオンは「ブラック・ダイヤモンド」のクール・ビューティー、キャプテンとのロマンスも本作の見所です…なるほど序盤から頻繁に彼女を映してたのは、微妙な表情で恋心を語らせようとしてたのね?
その仏頂面と、キャプテンの頭をペチッと叩くエキサイトぶりのギャップが可笑しいんですけども…しかし彼女はエンドロールでも表情が意味不明で、恋が実って母星にも無事に帰れるのに困り顔してるのは何故?
実はダンスが苦手で、顔まで気が回ってなかった?笑
ところで脱出船の中にNo.2が見当たらないのは、置き去りの刑にされたって事?

さて船外ではオーブを宝物にしている少年&エリザベス・バンクス演じるシングルマザーとの友好的な接近遭遇が進行しますが、もしや彼女の亡き夫が海軍のキャプテンだった設定が“Welcome to Old Navy!”にリンクしてたのか?…因みに「キャプテン・クランチ」ってのはシリアル食品&キャラクター名で、そのオマケの笛の音で長距離電話をタダでかける裏技を発見した人物のハッカー・ネームでもあると知ってた人は大笑いの一言だったかもね。
でもまぁ個人的には「部屋を辞そうとしてクローゼットに入っちゃうデイブ号」ネタが一番好きだな、他愛ないけど間が可笑しくて。

そうした船内のドタバタと船外の愉快な交流の裏では、謎の墜落事件を追う市警コンビが宇宙船デイブ・ミン・チャン号の行く手に迫るのですが…この色々トボケた警官ドゥーリー役のスコット・カーンも好いですね、一貫して動じない童心っぷりはジワジワきます。
他にも船内クルーでマッチョなNo.4役パット・キルベインの堂に入ったおネエっぷりや、無駄に出番があるNo.17役ケヴィン・ハートの面白黒人臭も程よいアクセントになっております。
デフォルトがコンチなスーツ姿のデイブ号も、今回はビージーズ・ネタより子供にアイスクリーム屋と間違われる場面で笑いました。

「ケミカル51」を観た後だからか、ミートローフも今回は結構ツボでした。笑
それとマンハッタンの名物男、ネイキッド・カウボーイね…彼は確か「フォーン・ブース」でもチラッと出てましたが、米大統領選のニュースでも映っていて実在した事にビックリ!笑
そうそう、気になった点が2つあって…1つは猫を蹴る笑いって「エージェント・ゾーハン」でもあったけど何か慣用句的なジョークなのか?って事、もう1つは少年と散歩するセントラルパークの橋って「エージェント〜」の他「クローバーフィールド」やゲームの「ランナバウト3」にも出てきたけど名所っぽくないのに何故?

本作って意外に低評価だったようですが、ラップに「コーラス・ライン」にサルサと如何にもN.Y.らしい音楽が随所に流れていたのは印象的でした…まぁ全般的に万人向けの無難な笑いではありますが、それでも充分に面白く仕上がっていると僕は思うんですよね。
というか新人コメディアンって基本的に下ネタとか過激なジョークで有名になるけどさ、きっと笑いを追究していくと一発芸みたいな芸風から幅を拡げたくなるんじゃないのかな…彼らにとって最大のライバルは、若手時代の自分だったりするのかもしれないなって。
そう考えると、エディって頑張るじゃん?と思うよ。


〈エディ・マーフィー〉関連記事:
【最近みたDVD】「デイブは宇宙船」| 2013.05.28
【最近みたDVD】「ショウタイム」| 2015.05.23
【最近みたDVD】「ショウタイム」(再視聴)| 2015.06.03
【最近みたDVD】「プルート・ナッシュ」| 2016.06.02
【最近みたDVD】「星の王子 ニューヨークへ行く」| 2016.09.27
0
    | cinema | 2017.03.14 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top