おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 昨日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
THE ISLEY BROTHERS「THE HEAT IS ON」

以前にも紹介した筈ですが、久々に再聴したので。

アイズレー・ブラザーズが'75年にリリースしたアルバムで、前々作の「3+3」路線を継承しつつもアッパーなA面とダウナーなB面とでテイストを分けている点がユニークです…といってもCDにはラストに1曲目のライブ・バージョンがボートラ収録されているので、LP時代のコンセプトは台無しなのでした。笑
「3+3」が「That lady」のようなジミヘン直系のヘビーなギターを絡めたソウル・ナンバーから「The highways of my life」のようなアコースティック・バラードまで多彩な楽曲と、更に名アレンジのカバー曲も多く盛り込んでいたのを思えば単調な構成ですけど。

見方を変えれば、サウンドの指向性を明確に絞り込んだ自信の表れと言えるのかもしれません…1曲目「Fight the power (part 1 & 2)」から「The heat is on (part 1 & 2)」はブラック・パワーとの関連性が伺える黒人版プロテスト・ソングで、続く「Hope you feel better love (part 1 & 2)」もファンクとハードロックをミクスチャーしたサウンドです。
4曲目「For the love of you (part 1 & 2)」からは一転、ロナルドのエロい歌い回しを乗せたクワイエット・ストーム系のメロウな曲調に…後期アイズレーの柱となる甘々バラードも好物ですけど、こればっかりじゃ味気ないんだよね。笑

という訳でか、若干ベッドタイム・ミュージック入ってる「Sensuality (part 1 & 2)」と「Make me say it again girl (part 1 & 2)」で終わるところに、1曲目のライブ・バージョンを追加して暑苦しく盛り上がる仕様となっています。
しかしながら、よく聴くと歓声が嘘っぽくない?…臨場感を増そうとして後から別の音声を足したのかな、まぁ大した問題ではないしアップテンポにアレンジされたライブ演奏そのものはタイトで好い感じです。


〈アイズレー・ブラザーズ〉関連記事:
【最近聴いたCD】ロン・アイズレー&バート・バカラック「アイズレー・ミーツ・バカラック:ヒア・アイ・アム」| 2011.03.19
【最近聴いたCD】アイズレー・ブラザーズ「ヒート・イズ・オン」| 2011.05.03
【最近聴いたCD】THE ISLEY BROTHERS「3+3」| 2014.01.29
【最近聴いたCD】THE ISLEY BROTHERS - SANTANA「Power Of Peace」| 2019.01.09
【最近聴いたCD】V.A.「モータウン・シングス・トレジャーズ」(再聴)| 2019.06.12
0
    | music | 2017.03.16 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top