ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
TONY SUGGS「BLACK POTATOES」

同僚君の友人というアフリカ系アメリカ人のジャズ・ピアニストが、'06年に作ったアルバムだそうです。
僕もご本人に会った事がありますが、ドレッド・ヘアの巨体という外見からは思いもよらない(失礼!)繊細なピアノを奏でておりまして…せいぜい王道なアメリカン・ジャズかと予想していたら、1曲目の北欧ジャズとも異なる静謐さが潜む「Safari」から予想を心地好く裏切ってくれました。
2曲目の「Caravan」は唯一の非オリジナルですが、これは90年代のスムース・ジャズかっていうアレンジが今ひとつでした…ってまぁジャズ素人の意見なので、飽くまで個人的にね。

全8曲中、印象に残ったのは前述の1曲目と3曲目「27mac」と6曲目「Rhonda girl」ですね…リーダーズ・アルバムでありながら、全体的に一歩引いた演奏に徹している感じがします。
それはまぁサックスやトランペットなどの単音楽器が何かしら入っている事もあるでしょうけど、きっと彼はプロデューサー気質なのでしょうな…実際に本作のプロデュースを兼ねているし、プレイでも必要に応じた音を出している感じで。
そして件のスタンダード以外、つまり彼の書く曲もまた独特なんですよ…叙情的でも難解でもなく、ホットにもクールにも片寄らずニュートラルなバランスが。

ただ、些細な事なんですけど…ちょっと前に聴いたニュージーランドのスティーヴン・スモール同様、製作スタッフにクレジットされているのは日本人ばかりってのが引っ掛かるんです。
ミュージシャンには一人も日本人がいないのに、エンジニアとかミキサーは何故かね…それがマズい訳でも何でもないんですよ、単にどういう事情なのかなって不思議に思うだけの話で。
ともあれ本作で感じた楽曲やプレイのユニークさは、他にもアルバムを出しているなら聴いてみたくなりました…ドラムスの鳴りがロックっぽいのは面白かったものの、出来れば他のメンバーは全員チェンジで。笑
「同僚オススメCD」シリーズその53
TONY SUGGS「BLACK POTATOES」
0
    | music | 2017.03.22 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top