ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ポリー my love」

再視聴は「ジョン・ハンバーグ監督による本編音声解説」、それと特典映像の「オリジナル・オープニング」「未公開シーン」も監督による音声解説バージョンで再視聴…前みた「デス・トゥ・スムーチー」でも特典映像にダニー・デヴィートのコメンタリーが付いてましたが、やはり監督も出演もしてなくてもプロデューサー権限としてオマケの解説を要求したのかな?笑
「デス〜」でも思ったけど、どういう意図で撮影されて最終的にボツになったのかが分かると作品として面白味か増すんですね…何故そのシークエンスを編集でカットしたのかで、監督の頭の中が見える気がして。

冒頭のユダヤ式ウェディングは、アダム・サンドラーの映画で度々ネタになってたので分かりました…なかなかアメリカンな笑いですね、あのポルカ調のダンスも「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」を連想させますし。笑
新婚旅行シーンのロケ地はオアフ島のシークレット・ビーチだったそうで、中南米っぽい設定からスパニッシュ訛りかと思ってたら実はアメリカ女性を虜にするというフレンチ訛りだったのねハンク・アザリアは。
“shart”という造語は何気に傑作ですね、クソ(shit)+屁(fart)って…屁をこいたらクソも、ってまぁ男子ならヒヤリハットな「あるある」ネタでしょう。笑

登場人物は皆ちょっとずつ奇妙な一面がありますが、みんな自分がスタンダードだと思い込んでいます…現実も実際そうですし、大抵の物語だってそういうものなのかもしれませんがね。
主人公は潔癖症でリスクを徹底して回避するし、彼の査定を受けるオーストラリアのIT長者は正反対…主人公の母親と上司は似たような鈍感さで、ポリーは責任を負う事を常に避ける。
人気子役だった主人公の親友は無理してスター気取り、女房を寝取るダイバーは純粋馬鹿…もしかしたら浮気した女房が一番まともだったりしてね、あとゲイのサルサ・ダンサーもかって単に記号的な役だからか?

少なくとも主人公とポリーそして親友の3人は、大人になる過程で身に付けた自己防衛が傍目には突飛な言動に映っていた訳です…「聖なる予言」風に言い換えればコントロール・ドラマですな、そして本作は彼らが自分たちの演じてきたドラマから脱け出す物語なのだともいえる気がします。
ずっと母親の陰になっていた無口な父親の一言が主人公と親友を感化し、主人公の変化がポリーにも波及していく…この解放の連鎖がクライマックスでのカタルシスなのですね、つまり「こうありたい」とか「こう見られたい」という抵抗を止めて人生にイエスと言う幸福を語っているのです。

ハネムーンで新妻を寝取られるという、人生最大の悪夢が結果的には彼の人生をマシなものにした訳です。
浮気相手と再会するラストには、寝取られ男の卑屈さはありません…浮気相手も憎めない男だし、悪気なく周囲を盛り下げる母親や上司もまた自分たちのドラマを懸命に生きてるんだなって思えるのが好いですね。
いちいち教訓を見出だすつもりは無いんですけれど、ライトコメディながら意外にしっかり出来てます…ガサツで蓮っ葉なジェニファー・アニストンのダメ女っぷりが素的で、ロジカルな人生設計に縛られていたベン・スティラーが心身共に沸騰しちゃうのも納得。笑
0
    | cinema | 2017.04.06 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top