ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「Mr. ディーズ」

こちらも「スティーブン・ブリル監督と脚色のティム・ハーリヒによる音声解説」で再視聴、そして関西弁吹き替えバージョンで再々視聴…というか前回オリジナル音声と日本語(標準語)吹き替えで二度観てるから今回は再々々視聴ですが。
そんなに繰り返し観たいほど面白いのかといえば、キッパリ「No!」です。笑
どうせ¥280のワゴンセール品だし、折角だからまぁ一通り観ておこうかという。
ちなみに関西弁バージョンではアダム・サンドラー演じるディーズの声を中川家・弟の礼二が、そして謎の使用人エミリオを演じたジョン・タトゥーロの声を兄の剛が担当って何それ?

もしやTVオンエアでアテレコしたのが関西弁バージョンで、DVD化に際して標準語の吹き替えも収録したって事なのでしょうか。
というより、実際に関西弁なのは中川家の2人だけかよ…他の吹き替えは標準語バージョンと一緒じゃん、つまりアダムとジョンのアフレコだけ差し替えた訳?
これが田舎の村じゅう関西弁なら分かるけどね、中川家も映像なしで声を当てたのかっていう下手さだし!
なので関西弁バージョンは途中で観るの止めちゃった、要らないよコレは。笑
で、監督らのコメンタリーを…結構ちゃんと語ってくれてるんだけど、話してる内容は退屈だったなぁ。

でも台詞なしの映像だと、普通に観てると気付かなかった発見があったりも…例えば老召使いが(セーフ)ってやる仕草、銀の脱臭効果を活かした女性用デオドラント製品のCMでも見覚えある気がするんですよね。
そういえばアダムが大伯父の豪邸滞在中に札束を切りまくるけど、遺産を相続してない内から金遣いが荒いのは笑う場面なのかな?
あとやっぱりポエムに感動するウィノナがアホに見えますが、これが笑い処じゃなくマジなのね…本作はシリアスとジョークの判別が付きにくいんだわ、韻だけ踏んでるポエムで泣くか?
終わり方も含めて、何一つ可笑しくないんですけど。

そもそも「純粋な田舎者vs.狡猾な都会人」っていうのも白々しいんだよなー、こんなのリメイクする意味あったのかと思います。
ジョークと一緒にラブロマンスも上滑り、感動的な場面も投資家の心理が分からないせいか説得力ゼロ。笑
「お金じゃないよ」とか言う割に、正当な相続人と判明した使用人が“My money!”と連呼してたのもなぁ…実は全体をひっくり返して嘲笑う構造の笑いを意図していたのかも、なんて勘繰ってもみたけど流石にそれじゃ辻褄合わないのよ。
でもウィノナの豊かな表情と、対照的なほど表情に表さないジョンという両者の演技が際立っていました。
0
    | cinema | 2017.04.08 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top