ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みたDVD | main | 最近みたDVD >>
最近みたDVD
「RAHXEPHON PLURALITAS CONCENTIO」

…とDVDの盤面には書かれてましたが、普通は「ラーゼフォン 多元変奏曲」というタイトルで通っているアニメ映画です。
出渕裕が「勇者ライディーン」という古いTVアニメへのオマージュとして手掛けたというTVシリーズ「ラーゼフォン」の劇場版ではありますが、ストーリーや設定は120分という映画の尺に合わせて変更が加えられているんですよ…かなり前に僕は本作を観た後でTVシリーズも観たのですが、細かい改変の多さに戸惑ったのを覚えています。
まぁ大筋は共通してますし、いかにもポスト・エヴァンゲリオンなセカイ系のラストも一緒だった筈です。

といいますか、この最後で一気に大風呂敷を拡げたようなクライマックスの印象が本当に正しかったのか?と…今更どうでも好い気はするのですけどね、要するにどうなったっけ?と。笑
いわゆるガンダム以降の小理屈並べたロボットアニメとは一線を画した、それこそ「勇者〜」に通じる疑似SF的なアニメとしては「エスカフローネ」とかもそうでしたが…科学的考証や物理ロジックに縛られないストーリーや設定を通すのが難しくなってる昨今に、こういうロボットアニメを作ったのはユニークだよなぁと改めて思ったのです。
しかしその分、哲学性を加味したようですけども。

苦悩する主人公が、最終的には全に尽くすのではなく私的手段として「選ばれし者」の役割を受容する…この構造自体もセカイ系の特徴ではありますが、この方がリアリティあると感じるのは時代の必然なのでしょうか。
可笑しかったのは「'24年の平壌オリンピック開催」でした、これは現実に先を越されてしまったのね?笑(←いやいや、それは平壌じゃなく平昌でした!恥)
ジャズや現代音楽を盛り込んだ音楽は橋本一子、彼女が演じた麻弥の声は凄味すら漂う棒読みが嫌味じゃなく効いてます…若かりし遥を演じた坂本真綾による主題歌は菅野よう子が手掛け、作詞は初期の今井美樹に提供していた岩里祐穂
因みに「マクロス」の宮武一貴も、アートコンセプトで関わっておりました。
(長くなったので、続きは下段にて)


関連記事:
【最近観たDVD】「ラーゼフォン」TVシリーズ1〜9巻| 2007.06.24
【最近読んだマンガ】百瀬武昭「ラーゼフォン」全3巻| 2008.07.21

'03年に劇場公開された本作、物語は'12年の12月27日から始まり…なるほど、マヤ暦に絡めてたのね?
冒頭の語りが聞き取りづらくて(なんで字幕ないの?)と思いましたが、これはルイス・キャロルの著書「鏡の国のアリス」を朗読してたのです…そういえば、本作は「鏡の〜」をモチーフにしていたんでしたっけ。
という事は、それを読んでいた方がピンとくるのかな…時間軸を移行したようなラストシーンに至る、唐突かつ若干トンデモな展開は本編だけじゃ難解気味で。
エイリアンの侵略とロマンチックなラブストーリーが繰り広げられる舞台は、多元宇宙における現代日本。

元はといえばバーベム卿が異次元のムー帝国で開発した、多元化宇宙の崩壊を超える技術「ラーゼフォン・システム」の失敗が地球侵略の根底にあったようで…システム実行者とムーリアン最高指導者の姉妹も彼と共に次元を超えて現代の日本人に融合、というか実質的には対象となった人間の魂をジワジワと書き換えて身体を乗っ取る訳ですが。
最高指導者に憑依された麻弥は既に子供を身籠っていて、検査結果から自らがムーリアン化すると知りつつも政府の監視を逃れて綾人を産み育てた…といった背景を踏まえて本編を観直すと、予備知識なく観た最初の時よりは分かるような。

例えば綾人が遥を麻弥に紹介して間もないタイミングで絶対障壁「東京ジュピター」が首都圏を覆ったのも、その内側にいる人々の意識に干渉したり時の流れを遅くしたのも息子への麻弥なりの愛情の発露なのね?
麻弥の中身はムーリアンに変化しており、それが毒母的な作用を及ぼしているのか…あるいは綾人を守りたい純粋な母性本能を、巨大な繭として描いたのかも。
ムーリアン化の兆候は、過去の喪失と血液の変色…ブルー・ブラッドというのは、古典SFへのオマージュ的な意味合いがありそう(英語では「高貴な血筋」を意味し、トンデモ系では爬虫類型異星人(レプティリアン)を指すそうです)。
これがまた朝比奈の悲劇となり、綾人に決断を促す起爆剤となっている訳です。

遥と対照的な、朝比奈の叶わぬ恋…TVシリーズでの「ブルーフレンド」回は涙なしに観られませんでしたし、本作のダイジェストでも再び泣かされました。笑
あの演出ね、ムーリアンと一心同体な敵ロボ(?)との繋がりなんてどうでもよくなりますよ…元ネタとなった「勇者〜」の映像を「BSアニメ夜話」で解説していましたけど、上手くブラッシュアップしています。
そして遥ですよ、綾人と一緒に行く初詣の約束は果たされず16年が過ぎ…でもジュピター内にいた綾人は3年しか経ってない訳で、あの再会は二度目に観ると切なさが増しますけれど。
女性目線じゃ(ねーよ)ですかね?

だって片や18歳の初恋少年でも、自分は30歳ですよ…そこまで思い出を引きずらないのが女の性でしょ、それに手を繋いだだけの関係を神聖視する程オバチャンな年齢でもないような。
とはいえ劇中の遥は一途なのね、12コ下になっちゃった綾人とは同じ目線になれないけれど…しかも相手は今や人類最後の希望であり、同時に“鳴かぬなら殺してしまえホトトギス”と命令されてもいるのですが。
夕暮れの教室に佇む綾人と遥、綾人の夢と現に現れる遥の幻影…綾人目線で描かれたそれら冒頭のシーンは、神化した綾人から笑顔で爆死した遥に主役が移ると新たな意味が生まれます。

しかし中野サンロードから井の頭池までって、そう走れる距離じゃない気が…それと実写を混ぜるせいで余計エヴァっぽく感じるのも、やっぱ意図的な演出なの?
いきなり二元論的な神々の争いに突入し、同時進行で遥は過去の分水嶺へと誘われ…夢から醒めたような調律後の世界にムーリアン襲来の過去はあるのでしょうか?ともあれそれも過去の話と、お伽噺か大林宣彦監督のファンタジーかっていうエンディングには今度も見事に騙されましたよ。笑
覚えてるようで忘れていたり、思い出したら違っていたり…観直して受けたこの感じも含め、ファンタジーの醍醐味を満喫しました。
0
    | animation | 2017.05.04 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top