ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」

'09年に公開された劇場用アニメですが、TVシリーズの総集編ではない新作らしいです…しかしまたも原作&制作はボンズですか、こことプロダクションI.Gの関わってないアニメって近年ないんじゃない?
って、アニメーション制作はキネマシトラス
それにしても本作、空中サーフィンするロボットのアニメだとしか思ってなかったから能天気な明るい話を想像してたのにな…世紀末を過ぎても未だセカイ系を引きずった物語しか紡げないのか、この切ないラブストーリー展開も勘弁してよ!などと思いつつ結局は持ってかれちゃいました。笑
ただ、新作というより「ラーゼフォン」みたいな改変ダイジェストじゃないの?

謎の生命体イマージュが南太平洋に出現した'09年から45年後、もはや滅亡寸前の人類は最終決戦兵器を投入する決断へ…太陽光で巨大なイマージュを焼き尽くす作戦は、その灰に覆われ死の星と化す地球を捨てる覚悟の大博打なのでした。
主人公のレントは妖精の言葉が分かる「選ばれし者」で、太陽光を浴びられないエウレカのただ一人の幼友達でした…エウレカと研究者の両親を失って独り成長した彼は、それらを奪った軍を憎む事なく軍ロボ操縦者になっておりましたが。
侵略者イマージュが迫り来るサウスダコタ基地でエウレカと再会、彼女こそが回収すべき最重要機密とは!

なんと開始30分で2人のラブ・パワーが敵を撃退?っていうか、何故ゆるキャラ妖精が敵ロボなのさ?笑
どうせエウレカは地球を救う人工生命体なんでしょ、と思ってたら「イマージュから送り込まれたスパイロボットだった」とか言うし…その目的が夢を見る事だなんて、電気羊ですか?笑
解説君が色々と語ってくれるのも見せ方として古いし、急に「微粒子は振動体」とか言い出すのも90年代スピリチュアルな…もうちょっと余裕のある作りを考えてほしかったわ、こういうの嫌いじゃないだけに。

「ラーゼフォン」っぽいのは宮武一貴が参加してるからじゃないよね、ちなみにエウレカの先代アネモネの声は小清水亜美でしたか…それと「はきゅはきゅ」喧しい妖精の声を演じた玉川紗己子は、「逮捕しちゃうぞ」の夏実や「攻殻機動隊」のタチコマも演じていたとは芸達者な!

追記:Wikipedia情報によると、意外にも本作は「TVシリーズとは別宇宙」という設定のオリジナル・ストーリーだったようです。
0
    | animation | 2017.05.30 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top