スキャナー・ダークリー [Blu-ray]
スキャナー・ダークリー [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
俳優の仕草や表情をアニメとして再構築する、非常に手間の掛かった映像が生理的に苦手な人もいるでしょうね。
しかしながら出演者も(誰々が出てるから)という理由で観て欲しくはないでしょう、自伝的要素の強い原作を尊重した結果としてのスキャニメーションは実に効果的です。
意義を見出せない業務に延々と従事させられる主人公、彼の破滅を前提とした麻薬撲滅作戦…小さな政府がもたらした民間委託の陥穽、委託された組織間のマッチポンプは緩いディストピアですが。
どこまでが虚構でSFなのか、エンディングには賛否が分かれそう。
紹介記事【2019.07.27】
ブレイク・ビーターズ [ ゴードン・ケメラー ]
ブレイク・ビーターズ [ ゴードン・ケメラー ] (JUGEMレビュー »)
旧東独、といっても今じゃ通じなさそうですが…80年代の社会主義国でヒップホップに目覚めちゃった若者と、彼らの活動を体制翼賛に取り込もうとする当局との丁々発止を描く青春コメディ。
飼い慣らそうとする権力側と調子を合わせつつ苦悩する主人公たち、ベルリンの壁が崩壊して彼らを待ち受けるラストのほろ苦さとタフさに男泣きです。
自分でいる事を描いている点で、英国のサルサ映画「カムバック!」と併せてオススメ。
紹介記事【2019.11.02】
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1《完全生産限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1《完全生産限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】 (JUGEMレビュー »)
荒廃した世界で生き残りを賭けて地底人と戦う少年少女、その謎が明らかになるにつれ絶望の色は増すばかりですが…絵空事に潜む「茶色の朝」の未来、大人目線で子供たちの希望を切に願ってしまいました。
次の世代のために何が出来るだろう、この気持ちを失わずにいたいです。
紹介記事【2019.08.28】
月曜日の友達(1-2巻 全巻) 全巻セット
月曜日の友達(1-2巻 全巻) 全巻セット (JUGEMレビュー »)
中学生になったばかりの頃の、世界の拡がりに戸惑う姿は性別や世代を超えて響きますね。
作画力もストーリーテリングも卓越してます、些細な一瞬を捉える巧さが。
忘れていた何か、忘れたくなかった何か…最後のコマに、胸が苦しくなりました。
紹介記事【2019.11.11】
TVアニメ『プラネット・ウィズ』オリジナルサウンドトラック [ 田中公平 ]
TVアニメ『プラネット・ウィズ』オリジナルサウンドトラック [ 田中公平 ] (JUGEMレビュー »)
(↑※サムネイルのリンクはサントラにしています)
所謂スピリチュアルなストーリーでありながら、どこか70年代アニメっぽいお約束とフォーマットをごちゃ混ぜにして力技で着地させたような奇想天外さが独特。
戦隊ヒーローに学園モノ、ジャンプ的な熱血インフレ勝負など…ネタの重ね掛けでも訳分からなくならない見事な構成、思いがけずラストに泣かされました。
正義のあるところに悪がある、よって正義は愛ではない…ならば善とはなんなのか? 先ずはご覧あれ。
紹介記事【2019.09.10】
ポルノ☆スターへの道 [ ニック・スウォードソン ]
ポルノ☆スターへの道 [ ニック・スウォードソン ] (JUGEMレビュー »)
ラジー賞を独占した下ネタ満載ムービー、とりあえず下品ですけど線引きはキッチリしてますね…笑わせる内容は、少なくとも男性なら他人事じゃないというか。
女性同士の巨乳幻想みたいなね、目の付け処が上手いなぁと。
まぁ万人向けではないにせよ、僕は感心しつつ大笑いしました。
紹介記事【2019.10.17】
夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) [ 近藤ようこ ]
夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) [ 近藤ようこ ] (JUGEMレビュー »)
原作者の作品は知らないので、本作は衝撃的でした…こんな物語が書かれていたのかと、まるで伝承の聞き書きか夢を書き起こしたような浮遊感!
印象としては南伸坊が中国の怪異譚を漫画にした「仙人の壺」に近い、無闇に説明しようとしない描線のアッサリ感が素晴らしいです。
空白の多さに、却って想像力を掻き立てられました。
紹介記事【2019.11.25】
さよならの朝に約束の花をかざろう 通常版 [Blu-ray]
さよならの朝に約束の花をかざろう 通常版 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
不老不死というか不死者の物語にハマっているとはいえ、ファンタジー世界が舞台だとなぁ…と思ってましたが、不死者の(一般的な寿命の人間社会で生きる哀しみ)というツボを丁寧に描いていて好感が持てました。
寓話的なラストが作品世界と相まって、爽やかに切ないです。
紹介記事【2019.09.23】
おとなのけんか [ ジョディ・フォスター ]
おとなのけんか [ ジョディ・フォスター ] (JUGEMレビュー »)
血生臭い原題の割に、ほぼダイニング一間で完結している会話劇です。
子供の喧嘩に親が出て、大人同士で和やかに話し合って解決する目論見が破綻してエスカレート。
隣人を愛せれば戦争なんて起きない訳で、そんな皮肉な原題と裏腹に子供同士は親心を知らず…淡々としてますが大いに笑わせてくれます、個人的にはオススメ。
紹介記事【2019.10.22】
【中古】 山本耳かき店 ビッグCスペシャル/安倍夜郎(著者) 【中古】afb
【中古】 山本耳かき店 ビッグCスペシャル/安倍夜郎(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
耳かき店ブームの火付け役、なんて書いては申し訳ないのですけども…決してブームに便乗した後追いではない、と。
穏やかな時間の流れる小さな町で、耳かき屋さんを訪れる客の脳内イメージが秀逸です。
こんな表現があったのか、こんな漫画があったのかと目からウロコ耳から(略)。
紹介記事【2019.12.23】
グラン・プリ [Blu-ray]
グラン・プリ [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
最初はソール・バスの映像分割がスタイリッシュというより情報過多に感じましたが、それが後から効いて来るんですね…世界各地を転戦するF1レーサーと彼らを取り巻く人間模様が主軸ながら、走行シーンも見甲斐があります。
クールなドラマと60年代のムードが、ダンディな三船敏郎も含めて現代とは別世界のようです。
紹介記事【2019.12.21】
絵はがきにされた少年 [ 藤原章生 ]
絵はがきにされた少年 [ 藤原章生 ] (JUGEMレビュー »)
アフリカに対する先入観や固定観念が、ことごとく覆されます…偏見を持たないように心掛けていたつもりでも、日本にいて伝わってくる情報自体にバイアスが入っている訳ですが。
西欧支配の呪縛に歪められた各地の民族性や搾取の構造など、日本では見えにくい暗部が著者の目を通して見えてくるようで。
アフリカの話であり、同時に現代の実像でもあるのでは?と。
紹介記事【2019.09.1】
【中古】 マンガでわかる 戦後ニッポン /手塚治虫(著者),水木しげる(著者),つげ義春(著者),はるき悦巳(著者),ちばてつや(著者) 【中古】afb
【中古】 マンガでわかる 戦後ニッポン /手塚治虫(著者),水木しげる(著者),つげ義春(著者),はるき悦巳(著者),ちばてつや(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
現代に至る国内の移ろいを漫画に語らせる好企画アンソロジーです。
漫画にしか出来ない表現は、例えば三輪自動車が走る風景でありリンチされる米軍の操縦士であり…基本的に主観視点であるが故の、俯瞰の効く文学表現よりも接地した仮想体験なのかも。
いわば漫画こそが伝え得た戦後の一片、切り口を変えて続けてもらいたいですね。
紹介記事【2019.12.12】
あきれたあきれた大作戦 [ ピーター・フォーク ]
あきれたあきれた大作戦 [ ピーター・フォーク ] (JUGEMレビュー »)
笑いって鮮度があると思ってました、本作を観るまでは。
先が読めずに引き込まれましたが、確かに繰り返し観たくなるかも…計算されたシナリオが効いた笑いと、映像的な古さもまた味わい深いです。
スタンダードでバカバカしくて無駄のない、意外な傑作。
紹介記事【2019.12.10】
人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編 [ 鉄人社編集部 ]
人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編 [ 鉄人社編集部 ] (JUGEMレビュー »)
面白可笑しい切り口で紹介されてるので、ファンの方にしてみれば物申したい点も多々ありそうですが。
様々な事情から意外な最終回を迎えていた、有名な作品の数々に先ずビックリ…知って何かの役に立つ訳ではありませんけど、やはり切り口が面白いのですよ。
紹介記事【2019.09.24】
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー (JUGEMレビュー »)
「Stacy's mom」の青春パンクをイメージしてたら好い意味で裏切られました。
どこかSDP「スチャダラ外伝」に通じる旅アルバム、共通する根っこは世代なのかグローバル環境なのか…しかしELOっぽさを連想させるサウンドも厭味なく無理して頑張ってない感じだし、三人称のスキットみたいに様々な切り口で綴られる旅の寸描が詩的。
パッキング上手で飽きさせない仕上がりかと。
紹介記事【2019.07.08】
【中古】[PS2]ローグギャラクシー ディレクターズカット(Rogue Galaxy Director's Cut)(20070321)
【中古】[PS2]ローグギャラクシー ディレクターズカット(Rogue Galaxy Director's Cut)(20070321) (JUGEMレビュー »)
無印版も僕は楽しめましたが、ダレ要素を改善して全体的にボリューム・アップしておりオススメです。
難を言えば、このDC版では攻略本が出てない事ですね…特に武器の合成レシピが違っているし、追加武器はノーヒントで試行錯誤の連続に。
水の惑星にある3連宝箱は、多分エリアボスに乗って飛び移らなきゃ取れないと思うので、これからプレイする方は気を付けてね!笑
紹介記事【2018.07.19】
【中古】PS2 スターオーシャン3 Till the End of Time
【中古】PS2 スターオーシャン3 Till the End of Time (JUGEMレビュー »)
ディレクターズ・カット版が出てるようなので、そちらをオススメします。
僕も終盤でメニュー画面を開こうとしてブラックアウトや異音と共に「ディスクからデータを読み込み中です」と表示されたままフリーズでプレイ断念中です。笑
リアルタイム・バトルの忙しさは好みの問題として、城下町などの雰囲気が最高!
中世レベルの惑星に来た主人公がハイテク宇宙人側、という立ち位置はユニークで楽しめました。
紹介記事【2018.07.25】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ティム・オブライエン(著)、村上春樹(訳)「本当の戦争の話をしよう」

本書は「百万年の船(2)」と一緒に買った文庫本で、まさか「百万年〜」と「新しい太陽の書」という2つのシリーズにハマってこれほど後回しになるとは思ってもいませんでしたよ…まぁ少しずつは読んでいたのですが、やはりエッセイ風とはいえベトナム戦争の従軍経験を基に綴られているので取っ付きづらくてね。
そもそも海外小説ってのは、僕にとって最初は取っ付きづらいものなんです…必ずしも訳文に違和感があるのではなく、おそらくは自分の日常言語と大きく異なる文法や思考過程の表出に慣れるまで時間が掛かるせいなのだろうと思います。
つまり、本書に限らずね。

僕が初めて読んだアメリカ現代文学、というかコラム?はボブ・グリーンの「チーズバーガーズ」でした。
ペーパーバックの原書にチャレンジして挫折し、邦訳の文庫本で読み通したのですが…本書を読んでいると何故か度々、あの本の事が頭に浮かんできました。
綴られるエピソードの大半は、ベトナムでの戦時体験です…ただし戦争映画のようなドンパチではなく、非常に静かな光景なのです。
著者自身と思しきティムという若者か、彼と同じ隊にいた兵士の目線で描かれる平穏な戦場…それらの出来事や会話から失われたリアリティは、過ぎ去った時間の長さ故なのでしょうか?

それは20余年の歳月に繰り返し再生されて、音声トラックが磨り減ったフィルムの映像を思わせます。
戦争の話、それは戦闘の話ではありません…おそらく交戦中は恐怖と混乱、憤りや陶酔といった激しい感情が入り乱れるでしょうが。
死と隣り合わせの、緩やかに始まり唐突に断ち切られる平穏な時間…1968年の6月に徴兵通知が届いた話も、思いを言葉に出来ずに「ブルーフレンド」みたく死ぬしかない帰還兵の話も。
行軍途中の地雷やトラップで一瞬にして仲間が死ぬ話も、通り過ぎる村でカリカリに焼けていた遺体の話も巻き戻せない現実という静かな諦感に満ちています。

過去に読んだ「戦争とは知ろうとするほど分からなくなる」という文や、動画サイトで目にした空爆の記録映像が脳裏を過り…映画「地獄の黙示録」の様々な場面が新たな意味を帯びてきたり、高橋源一郎の著作に出てきた「すばらしい日本の戦争」を思い出したり。
滑稽な描写に隠された心の痛みや深く鈍い哀しみ、不謹慎さや侮蔑の奥に潜む正気へのバランスが静かに胸を打ちます…特に巻末の“命をお話によって救おうとしている”物語は、語りたくても語る術を持たなかった戦争体験者へのレクイエムのようでもあります。
パーソナルな体験としての戦争は、僕らの理解力と想像力を求めているのかも。


関連記事:
【最近みた映画】「キングダム-見えざる敵」| 2008.01.10
【最近読んだ本】立花 隆「解読『地獄の黙示録』」| 2008.05.31
【最近みた映画】「地獄の黙示録 特別完全版」| 2008.08.09
【最近みたDVD】「Little Birds リトルバーズ −イラク 戦火の家族たち−」| 2010.04.17
【最近読んだ本】ジョン・ロンスン「実録・アメリカ超能力部隊」| 2010.09.22
【最近読んだ本】ノーマン・メイラー「なぜわれわれは戦争をしているのか」| 2013.01.03
【最近読んだ本】マイケル・ムーア「戦場から届いた107通の手紙」| 2013.03.19
【最近みたDVD】「ランボー」| 2013.03.30
【最近読んだ本】立花 隆「解読『地獄の黙示録』」(再読)| 2013.07.08
【最近みたDVD】「ヤギと男と男と壁と」| 2013.08.17
【最近読んだ本】雨宮処凛「戦場へ行こう!!」| 2013.09.18
【最近みたDVD】「フォレスト・ガンプ」| 2014.05.28
【最近みたDVD】「M*A*S*H」| 2014.08.08
【最近読んだマンガ】キムラダイスケ「マージナル・オペレーション」1巻| 2016.08.27
【最近みたDVD】「キングダム-見えざる敵」(再視聴)| 2016.10.19
【最近みたDVD】「キングダム-見えざる敵」(再々視聴)| 2016.11.02
【最近読んだ本】三崎亜記「となり町戦争」| 2016.11.13

〈1968年〉関連記事:
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫クロニクル 1968〜1989」 | 2012.03.30
【最近みたDVD】「テルミン」 | 2012.12.20
【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」 | 2014.05.20
【最近読んだ本】渡辺眸「1968新宿」 | 2015.02.18
【最近読んだ本】ルシャッド・フィールド「ラスト・バリア ―スーフィーの教え―」 | 2017.10.14
【最近行ったところ】千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展 | 2018.11.10
【最近行ったところ】千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展(再観覧) | 2018.11.28

〈村上春樹〉関連記事:
【最近読んだ本】レイモンド・カーヴァー「愛について語るときに我々の語ること」| 2007.10.24
【最近読んだ本】村上春樹「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」| 2007.12.14
【最近読んだ本】素樹 文生「回転木馬のデッド・ヒートRMX」| 2008.02.29
【最近読んだ本】レイモンド・カーヴァー「大聖堂」| 2008.04.21
【最近読んだ本】村上春樹「うさぎおいしーフランス人」| 2009.02.21
【最近読んだ本】村上春樹「東京奇譚集」| 2009.03.08
【最近読んだ本】村上春樹「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」(再読)| 2009.06.05
【最近読んだ本】村上春樹「約束された場所で」| 2009.07.17
【最近読んだ本】村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」上巻| 2010.08.02
【最近読んだ本】村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」下巻| 2010.08.05
【最近読んだ本】村上春樹「意味がなければスイングはない」| 2010.11.16
【最近読んだ本】村上春樹「めくらやなぎと眠る女」| 2011.07.04
【最近読んだ本】村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」| 2011.07.19
【最近読んだ本】村上春樹「アフターダーク」| 2012.03.10
【最近読んだ本】村上春樹「はじめての文学」| 2012.07.16
【最近読んだ本】クリス・ヴァン・オールズバーグ(絵と文)「ベンの見た夢」| 2015.07.14
【最近読んだ本】村上春樹「女のいない男たち」| 2016.01.01
【最近読んだ本】グレイス・ベイリー「最後の瞬間のすごく大きな変化」| 2016.04.10


以下、個人的メモ

“そしてヴェトナムの抱える両義性やら、その謎やら未知やらに取り囲まれながらも、少なくともこれだけはいつもはっきりしているという事柄があった。それは彼らが担ぐべき物が不足して困るような事態は絶対にないということだった”(「兵士たちの荷物」p.33〜34)

“あのな、平和ってのはな、ものすごく気持ちのいいもんだ。あんまり良すぎて胸が痛むくらいだよ。だからそいつを痛め返してやりたくなるんだ”(「スピン」p.66)
“四十三歳、戦争が終わってからもう人生の半分が経過してしまった。でも記憶はありありと、まるで現在のことのようによみがえる。そして時には記憶が物語へと導かれていく。そのようにして記憶は不滅のものとなる。それが物語というものの目的なのだ。物語が過去を未来に結びつけるのだ”(同p.68)

“人は誰しもこう信じたがっているのだ。我々は道義上の緊急事態に直面すれば、きっぱりと勇猛果敢に、個人的損失や不面目などものともせずに、若き日に憧れた英雄のごとく行動するであろうと(中略)もし機がしかるべく熟したならば、悪人があくまで悪人であり、善玉があくまで善玉であるならば、私はこれまでの歳月をかけて自分の中に蓄えてきた勇気の貯水池の栓をただひねればいいのだ、と(中略)無駄遣いしないように倹約して取っておいて、その分の利息を積んでいけば、モラルの準備資産というのはどんどん増加していくし、それをある日必要になったときにさっと引き出せばいいのだと。それはまったく虫の良い理論だった。そのおかげで私は、勇気を必要とする煩雑でささやかな日常的行為をどんどんパスすることができた。そういう常習的卑怯さに対して、その理論は希望と赦免を与えてくれた。将来に向けて積み立てているんだからということで、過去は正当化された”(「レイニー河で」p.71〜72)
“それは内戦なのか、それは民族の解放戦争なのか、それともただの単純な侵略戦争なのか。誰がいつどんな理由でそれを始めたのか。闇夜のトンキン湾で、駆逐艦マドックスに実際に何が起こったのか”(同p.72〜73)
“新兵が必要なのなら、どうして「ヴェトナムを石器時代に戻せ」と叫ぶようなタカ派のやつらを徴兵しないんだ。あるいは作業ヘルメットをかぶって「ハノイ爆撃」というバッジをつけたどこかの間抜けの戦争支持者を。あるいはジョンソン大統領の可愛い三人娘の一人を。あるいはウェストモーランドの一家全員を”(同p.74〜75)
“彼らには歴史なんてわかりはしない。ジエムがどんな独裁制を敷いていたか、ヴェトナムのナショナリズムがどのようなものか、あるいは長いフランスによる植民地統治についてなんてこれっぽっちも知らない(中略)それはコミュニストを封じ込めるための戦争なのだ。単純明快である。そしてそれがまさに彼らの求めているものなのだ。そしてそういうシンプルな大義のために人を殺したり殺されたりすることにちょっとでも疑いをもったら、弱虫の裏切り者ということになってしまうのだ”(同p.79〜80)
“それから私は兵士としてヴェトナムに行った。そしてまた故郷に戻ってきた。私は生き延びることができた。でもそれはハッピーエンディングではなかった。私は卑怯者だった。私は戦争に行ったのだ”(同p.100)

“もし教訓的に思える戦争の話があったら、それは信じないほうがいい(中略)君は昔からあいも変わらず繰り返されているひどい大嘘の犠牲者になっているのである。そこにはまともなものなんてこれっぽっちも存在しないのだ(中略)だからこそ真実の戦争の話というのは猥雑な言葉や悪意とは切っても切れない関係にあるし、それによってその話が本当かどうかを見分けることができる”(「本当の戦争の話をしよう」p.117)
“往々にして馬鹿みたいな話が真実であり、まともな話が嘘である。何故なら本当に信じがたいほどの狂気を信じさせるにはまともな話というものが必要であるからだ”(同p.120)
“たとえば戦争はグロテスクであると言うこともできる。しかし実を言えば戦争はまた美しくもあるのだ。その恐怖にもかかわらず、君は戦闘のすさまじいまでの荘厳さに息を呑まないわけにはいかないだろう(中略)それは人の度胆を抜く。それは人の目を引きつける。それは人を支配する。君はそれを憎む。そう。でも君の目はそれを憎まない(中略)力強く、無慈悲な美しさだ。本当の戦争の話はその美についての真実を語るだろう。たとえその真実の姿勢が醜いとしても”(同p.133〜134)
“戦争において君は明確に物事を捉えるという感覚を、失っていく。そしてそれにつれて何が真実かという感覚そのものが失われていく。だからこう言ってしまっていいと思う。本当の戦いの話な中には絶対的の真実というものはまず存在しないのだと。”(同p.135)

“ドピンズは不死身だった。怪我もしなかったし、かすり傷ひとつ負わなかった。八月に彼はバウンシング・ベティーを踏んだ。しかし地雷は不発だった。その一週間後に彼は開けた場所で激しい小規模の銃撃戦に巻き込まれた。遮蔽物は何もなかった。でも彼は急いでパンティーストッキングを鼻に押しつけ、深く息を吸い込んでその魔法に身を任せた。
 そのおかげで我々の小隊は全員縁起かつぎになってしまった。事実を見せつけられたら反論のしようもない。
 しかしやがて、十月の終わり頃に、そのガールフレンドが彼を捨てた。それはすごい打撃だった。ドピンズはしばらくのあいだ口もきかなかった。彼女の手紙をただじっと見ているだけだった。それからおもむろにストッキングを取り出し、まるで襟巻きのように首に巻きつけた。
「まあいいや」と彼は言った。「俺はまだ彼女を愛しているんだもの、ご利益は消えちゃいないさ」
 我々はそれを聞いてみんなすごくほっとした”(「ストッキング」p.192〜193)

“雨がどれくらい休みなく降りつづけたか。寒さがどれくらい厳しく骨に滲みたか。ある場合には、世界中でいちばん勇敢な行為は一晩じっと坐って、骨に寒さを感じつづけていることである。勇敢さというのはイエスかノーかで片がつくとは限らないのだ。時として、それは程度の問題となる。たとえば寒さのような。時として君はあるところまではものすごく勇敢になる。しかしそのポイントを越えると、君はもうそれほど勇敢ではなくなる。ある状況もとでは君は信じられないようなことをなし遂げられる(中略)しかし別の状況下では、それがもっと穏やかな状況であったとしても、君はちゃんと目を開けていることさえできない”(「勇敢であるということ」p.243)

“フラッシュバックもなければ、真夜中に汗びっしょりになることもなかった。結局のところ戦争はもう終わってしまったのだ(中略)でも戦争から帰還してからずっと、私はそれこそノンストップで、文章を通して戦争の話を物語りつづけていた。物語ることは咳払いをするのと同じくらい自然な、そして避けることのできないプロセスであるように思えた。それはカタルシスでもあり、コミュニケーションでもあった(中略)もし文章を書いていなかったなら、私だってどうしていいかわからなくなっていたかもしれない(中略)でも物語を語ることによって、君は自分の経験を客観化できるのだ。君はその記憶を自分自身から分離することができるのだ。君はある真実をきっちりと固定し、それ以外のものを創作する(中略)でもそれによって君は真実をより明確にし、わかりやすくすることができるのだ”(「覚え書」p.258〜259)

“私は思うのだけれど、お話の力というのは、物事を目の前に現出させることにある。
 私はそのとき見ることのできなかったものを見ることができる。私は悲しみや愛や憐れみや神に顔を賦与することができる。私は勇敢になれる。私はもう一度それを身のうちに感じることができる。
「お父さん、ホントのことを言ってよ」とキャスリーンが言う、「お父さんは人を殺したことあるの?」そして私は正直にこう言うことができる。「まさか、人を殺したことなんてあるものか」と。
 あるいは私は正直にこう言うことができる、「ああ殺したよ」と。”(「グッド・フォーム」p.292〜293)

“彼女は死んでいた。私はそれを理解していた。なんといっても私は彼女の遺体を目にしたのだ。それでもなお九歳にして、私はお話の魔法を使うことを覚えたのだ。そのいくつかはただ夢に見た。それ以外のものは私は自分で書き上げた――情景とか台詞とかをだ(中略)「そうね、今のところ私は死んではいない」と彼女は言った。「でも死んでいるときには、私はまるで……なんて言えばいいのかしら、それはちょうど誰も読んでいない本の中に収まっているような感じだと思う(中略)古い本よ。それは図書館の上の方の棚にあるの。だから何の心配もないの。でもその本はもうずっと長いあいだ貸出しされていないの。だからただ待つしかないわけ。誰かがそれを手に取って読み始めてくれることをね」(中略)そして私が暗闇の中で高く跳躍し、三十年後に降りたつとき、私にはわかるのだ。それはティムがティミーの命をお話によって救おうとしているのだということが”(「死者の生命」p.387〜389)

“ティム・オブライエンは本書の中で徹底して自らを語っている。それと同時に、まるであわせ鏡のように、自らを語る自らを語っている。本当の話は本当に本当のことなのか(中略)しかしそれは決して、よくある小説作法的な仕掛けではない”(「訳者あとがき」p.392)
0
    | books | 2017.04.15 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top