ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
高中正義「Ballade」

'91年リリースの、その名のとおりのバラード・ナンバー11曲で構成されたアルバムです…本作を手に取る前、僕の頭の中ではコルトレーン「Say it (over and over again)」が鳴っていたのだけど曲名が思い出せずにジャズのCDコーナーに足を向けたのです。
そして(高中って、あんまり聴いた事ないなぁ)と思いながら本作を手にし、2曲目にその題名を見付けてしまい…正直なところ、相変わらずダサいジャケットに借りる気もなかったのですが(これも運命か)と。笑
高中の曲は決してキライじゃないし、ギタリストとしては国内屈指の表現力とさえ思っているのですよ?

もっと巧いギタリストなんて幾らでもいるでしょうけど、サンタナばりの「泣き」だけじゃなく非常にソウルフルなギターを奏でると思うんですね僕は…ただ話題作りのつもりかアホみたいなギターを作ってみたりと、ジャケに限らずビジュアル面ではカシオペアのステージ衣装に劣らぬ酷さで損をしている気がします。
とにかくギター1本で観客を動員し、フュージョン・ブームを巻き起こした訳で…後追いするのが厭で基本スルーしてましたが、その表現力を否定はしません。
とはいうものの本作は、リリース時期の彼の中途半端な立ち位置が反映された残念な仕上がりなのでした。

自作曲を含む有名なバラード曲のカバー・アルバムというコンセプトに惹かれたのですが、80年代と90年代の過渡的なサウンド・デザインがクサ過ぎます。
おそらくは最新鋭器材のミラクルなサウンド・メイキングで当時はあっと言わせただろう、ホーギー・カーマイケル作の1曲目「Stardust」からして賞味期限切れで…言うまでもなく、運命の2曲目「Say it〜」もまた妙なエレクトロ風味で。
3曲目は「Calling you」という時代を感じる選曲で、坂本龍一のソロ&プログラミングもモッサリ…4曲目のセルフカバー「Nagisa '91」も当時は知らないけど今聴くと原曲に完敗、ブレッドの「Aubrey」カバーも今イチ。

5曲目S・ワンダーのカバーと7曲目マイケル・フランクスのカバーでは小曽根真が客演、6曲目では井上陽水がコーラスに参加と豪華ゲストが華を添えているものの効いてきませんね…高中との共同アレンジで7曲に井上鑑が加わっておりますが、いずれにしてもバブル全盛期の空気に呑まれて音が脂ぎっております。
それでも高中節は健在なれど、アコースティックなピアノ・トリオをバックに弾いてくれた方が楽曲アレンジもギターも引き立った気がして…70'sリゾート系フュージョン〜80'sエレクトロなジャズファンクと来て、新たなサウンド確立に揺れる箸休めの一枚か?
0
    | music | 2017.05.10 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top