ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近買ったもの >>
最近読んだマンガ
V.A.「ストーリー311 あれから3年」

初版'14年のKADOKAWA単行本コミックス、副題「漫画で描き残す東日本大震災」…漫画家のひうらさとるが立ち上げたプロジェクト「ストーリー311」の第2弾であり、協賛企業やクラウドファンディングによって発行に漕ぎ着けたそう。
ひうらを含む12名の漫画家が、自身の所在地や出身地または取材先として被災した各地の声を拾い短編に仕上げております…アプローチも様々ですが、まさしく(人の数だけ物語がある)と改めて思い知りました。
頭では分かっていても、何気なく被災地や被災者という見方をしていて…その土地を知らず顔が浮かばない、つまり所詮は他人事で。

どこかにいる筈の助けを必要としている人に、時間を割いて骨を折るのが優しさか?…なんて理屈をこねる冷淡さや腰の重さに、罪悪感だけ燻らせている自分。
だけど、誰もが常にか弱く憐れなままではなくて…今日を昨日にして、明日を今日にする人の姿に喜びを感じ勇気付けられもします。
そしてまた「生まれ育った土地への愛着」という感情も、それを想像でしか分からない自分には羨ましいというか…正直ちょっと不思議でもあり、寂しい気持ちになったりもするのです。
妥協ではなく適応と共存の折り合いに憧れながら、折り合えるタフさには尻込みしてしまっている自分が。

不謹慎かもしれませんが、津波に関しては「人が流し込んできたヘドロを押し返して自らの清浄化を果たした海の健全さ」を僕は思いました…ですが原発に対しては(そらみたことか)という感情が強いのです、そして現場で除洗作業に従事する方々には穢れを押し付けているような申し訳なさを関連ニュースを見聞きする度に感じ続けています。
なので収束作業を続けている関係者を描いた第1話は最も印象深く、胸が締め付けられる思いがしました。
これを読んでも原発推進と言える人、いないでしょ?
というか、まさか未だに現場作業員の待遇や報酬が不充分なままじゃないよね?


〈311〉関連あるかもしれない記事:
【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
【最近読んだ本】パール・S・バック(文)、黒井健(画)「つなみ ―THE BIG WAVE―」| 2012.08.06
【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」| 2014.05.20
【最近読んだ本】ニコンサロン選考委員会(企画・編集)V.A.「Remember 3.11」| 2014.11.25
【最近読んだ本】鍵井靖章「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」| 2015.04.05
【最近読んだマンガ】端野洋子「はじまりのはる」2巻| 2015.04.12


以下は話数と作者、関連地域
プロローグ・ひうらさとる

第1話 さちみりほ(福島県富岡町)

第2話 岡本慶子(宮城県三陸町)

第3話 葉月京(福島県・大阪府)

第4話 ひうらさとる(福島県)

第5話 新條まゆ(岩手県大槌町)

特別寄稿 ササキミツヤ(宮城県仙台市)

第6話 ななじ眺(岩手県宮古市)

第7話 おおや和美(福島県郡山市)

第8話 青木俊直(岩手県大船渡市・奥州市)

第9話 うめ(宮城県南三陸町)

第10話 二ノ宮知子(宮城県南三陸町)

第11話 松田奈緒子(宮城県南三陸町)
0
    | comic | 2017.06.18 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top