ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みた夢
初恋の成就、犬の本懐


どちらの夢も、あまり詳しくは思い出せない。
最初の夢は、初恋の女性が出てくるサスペンス・タッチの内容だった。
二番目の夢は、ゴールデン・レトリバーが飼い犬として出てくる感動的な内容。
先ずは、最初の夢から。

初恋の女性は中学校の同級生だったが、初めて会ったのは心臓の再検査を受けに行った病院だか保健所だかだった。
薄暗い廊下で逆光の中に立っていた彼女を見て、僕は本気で(天使みたいだ)と思った…そのコが自分と同じクラスに登校してきた時は運命かと思ったけど、現実は「変わってる所がよく似てる」と周囲から冷やかされた程度だった。
話をするようになったのは中学を卒業してからで、彼女はパンクスの彼氏と別れたりヨリを戻したりを繰り返していて僕は片想いのままだった…そして彼女は家庭の事情で石垣島へと引っ越して喫茶店を始め、現地の男性と結婚した。
僕の10年近い初恋はフラれて終わったのだけれど、いつか彼女に会いに行こうと固く心に決めたのだ。
しかし、いつかいつかと思いながら今に至っていた。
これは、夢じゃなくて本当の話。

夢の中では、出会った時の彼女のままだった…沖縄で結婚してからの彼女はデブデブに太ってブリーチデニムを履くようなオバサンになってしまったのだけど、十代の頃は病気がちでやせっぽちで陰のある少女だったのだ。
その夢は全体的に、梨園育ちの青年が裏社会とズブズブの家業に反旗を翻すようなストーリーで、彼女と僕は何故か青年の作戦を裏方として支援するような立場でコンビを組んでいた。
夢の中で僕は、意外な形で再会した事を喜び、果たせずにいた約束が夢の中で叶っているのだと気付いた…そして、この夢は彼女との関係の終わりを意味しているのだとも感じた。

ストーリーは二次的な要素でしかなく、夢を通して彼女と再会を果たした事自体が重要なのだという気がした…僕は夢の中で夢だと分かっていたし、かつて誓った約束の有効期限が遂に切れてしまったのだとも感じていた。
もっと早く会いに行けば好かったと思い、しかし行ったところで何が始まる訳でもない事は分かっていたのだ…それでも僕にとっては、終わるために再び会う必要があったのだと感じた。
これは夢という形を取った、魂の契約解除のような出来事だったのではないかと思う…例えば「生まれてきた目的」みたいな感じで言えば、僕の今生でのミッションの一つが「未達成ながら完了」となったような。
ある意味で僕は、これで人生の意義を果たしたようなホッとした気持ちで目覚めた。


二番目の夢は、明らかに「生後間もない乳幼児が祖父母宅のゴールデン・レトリバーに咬み殺された」という先日のニュースに影響されていると思う…何故なら昔飼っていた犬種はラブラドールなのに、夢の中ではゴールデンだったからだ。
実際の飼い主は妹だったが、夢の中では妹が赤ちゃんになっていた…そして飼い犬は、妹を我が子のように可愛がってくれていた。
だから警察が飼い犬を乳幼児への虐待容疑で捜索している時、家族で飼い犬を匿って逃亡したのだ…父親は強い口調で、如何に飼い犬が妹を守ってきたかを語った。

そこから場面が飛び、飼い犬は見知らぬ乳幼児と一緒にいた…自分の視点が映画のような第三者視点になってからは飼い犬の思考が流れ込んできて、一心に赤ちゃんを守る事しか考えていない事に胸を打たれた。
飼い犬が何故その乳幼児を守っているのかは分からなかったが、親元に届けなければという強い使命感に駆り立てられていた。
しかし飼い犬の五感は行き場を特定出来ず、休息を兼ねて古い建物の床石が崩れた窪みに乳幼児を寝かせて自分の体でそれを隠した。
そこをビルの警備員たちに見付かり、飼い犬は敵と認識して果敢に抵抗するも多勢に無勢で致命傷を負わされてしまう…彼の生死は不明のまま夢は終わり、乳幼児のその後も分からない。

必ずしも誰かが悪い訳ではなく、双方の立場や認識の違いが悲劇を招いたのだ…動物を擬人化して野性を軽視するデ○ズニー的な馬鹿げた風潮を揶揄するような場面もあったが、それは僕個人のバイアスが反映されたのだろう。
それにしても忠義な犬で、なんか切ない夢だった。
0
    | in sleep | 2017.04.07 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top