ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
波津彬子「幽霊宿の主人 冥境青譚抄」

初版'99年の白泉社文庫で、初出が'92〜95年の8編を収録…明治半ばを舞台に、人ならざる者が視える独身華族の秋月青之介を巡る幽玄な連作短編集です。
「雨柳堂夢咄」にも確か青二郎という雰囲気の似た男性が出てきていたので、最初の方は青二郎のスピンオフかと勘違いして読んでいましたが…飽くまでも本作は本作、数奇な生まれであっても青之介は至極真っ当です。
亡き人に逢える旅館は巻頭の表題作で閉館、以降は怪談の会を催したり舞踏会に顔を出したりと浮世離れした日々を送る色男…人であれ亡き人であれ、迷える婦女を惹き寄せるのが嫌味にならない奇特な人でして。

見ようによっては節操がない青之介の女性遍歴が違和感なく読めてしまうのは、ひとえに明治初期という過渡的な時代と華族社会の特殊さ故だけなのでしょうか…後見人の藤言に語る“私が生まれたのは時代の変わり目で/旧時代の事など覚えているはずもないのに昔のものがなつかしい”“これから時代の流れが早くなって/人間(ひと)も変わってしまえば/もう あんなきれいな花は見られなくなるかもしれないね”といった言葉の端々に漂う哀愁や憂いを帯びた眼差しは、婦女子ならずともよろめいてしまいそうになります。笑
初版'99年の白泉社文庫で、初出'92〜95年の8編。

個人的には青之介の出自と若き日の出来事を描く「水の中の月」が出色ですね、それと最後の2編「夜の聲(こえ)」と「夕暮れの花」も…特に後者は千(ゆき)という身寄りをなくした盲目の美少年が加わり、視える2人の新たな物語を予感させるだけに気になります。
このまま全1巻で完結なのは惜しいなー、もしかしたらタイトルを変えて続編が出ていたりしそうだけど。
巻末の秋月こお(作家)による解説は、作者の「明治大正期の空気感」という最大の魅力を的確に言い当てていて非常に納得させられました…そう、単なる懐かしさではなく失われた記憶のような断絶以前への共鳴。


〈波津彬子〉関連記事:
【最近読んだマンガ】波津彬子「雨柳堂夢咄」其ノ一| 2009.09.28
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近読んだマンガ】波津彬子「燕雀庵夜咄」| 2009.12.01
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだマンガ】波津彬子「鏡花夢幻」| 2019.04.13
0
    | comic | 2017.07.08 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top