ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近買った物 >>
最近聴いたCD
GRANDMASTER FLASH「Essential Cuts」

ずいぶん前に探していた時は中古盤でも高値が付いていたのですが、久しぶりに思い出してAmazonをチェックしたら送料込みで¥400だったので即ポチしました。
'80〜83年の13曲を収録した'05年のベスト盤ながら、内10曲はフューリオス・ファイブとの共作で1曲はメリー・メルと共作の「White lines (don't do it)」…つまりグランマスター・フラッシュ単独名義なのは「Adventures on the wheels of steel」と「It's nusty (genius of love version)」だけなのね、というかフューリオス・ファイブとメリー・メルも準メンバーだったりするんじゃない?と勝手に推測。

彼らの存在を教えてくれたのは、後にこのmotebookのデザイン&構築をしてくれるP君でした…それでスチャダラパー「Get up & dance」が本作にも収録されている「Freedom」をベースにしていた事を知ったのです、まぁ元ネタがフリーダムの「Get up & dance」だったというのは本作の解説書で知ったんですけど。
基本的にはパーティー・ラップでシリアスなメッセージ・ラップもあり、でも「S・ワンダーに夢中」と歌う直球リスペクトな「Dreamin'」はヒップホップ抜きの甘口スロー・ソウルだし…ラストの「You are」もメロウなバラードと、ラップ一辺倒じゃないのね?

洋盤なので小さい英字の解説書を適当に読んだ感じでは、フラッシュことジョセフ・サドラーはバルバドス生まれブロンクス育ちでカリビアン・コミュニティのブロック・パーティーで知られていた様子…そしてシュガーヒル・ギャングとも関わりがあったらしいフューリオス・ファイブの面々は前述のメリー・メルを筆頭に曲名にもなったスコーピオら、それと何と後にザ・ココナッツを率いて日本のCMに出てたキッド・クレオールもいたってマジ?
いやマジ訳したら違ってそうだな、ちなみにシュガーヒルのベスト盤も一緒に注文したので次回「最近聴いたCD」にて紹介の予定。

1曲目の「Adventure〜」はジャケ裏にスクラッチのパイオニアと謳ってあったようだけど、これまた誤訳しちゃってるかも…しかしこの素朴というかローファイなターンテーブル・テクニックが却って心地好いのです、そして主体がバンドの生音なのも侮れません。
個人的にこのベースの音が好きなんですよ、レイ・パーカーJr.っぽいグリッサンドの音圧とか…また時代的にテクノを感じさせるムーグとかのアナログ・シンセも今また美味しく聴こえますね、下手に再結成したりでリメイクされてたら台無しだった気が(恐らく売れたが故のゴタゴタで出来ないんでしょうけど)。

あ、そういえば…フラッシュが「It's nusty」でトム・トム・クラブの「Genius of love」をサンプリングしたのか、トム・トム・クラブが「It's nusty」をサンプリングしたのかという謎は分からず終いでした。
そもそもはマライア・キャリーの「Fantasy」でサンプリングされていたネタ元が、フラッシュかトム・トム・クラブかっていう話だったんですが…P君いわくフラッシュで僕はトム・トム・クラブと主張していたのですよ、今となってはどうでも好いんですけどね。


〈ヒップホップ/ラップ〉関連記事:
【最近聴いたCD】 AFRIKA BAMBAATAA & THE MILLENNIUM OF THE GODS「Dark Matter Moving At The Speed Of Light」2008.08.26
【最近聴いたCD】N*E*R*D「IN SEARCH OF...」2009.03.20
【最近聴いたCD】BEASTIE BOYS「To the 5 Boroughs」| 2009.08.06
【最近聴いたCD】BEASTIE BOYS「Ill Communication」| 2013.06.12
【最近聴いたCD】LL COOL J「Mr. Smith」2013.09.07
【最近聴いたCD】CYPRESS HILL「同」2013.10.31
【最近聴いたCD】3RD BASS「Derelicts Of Dialect」2013.11.03
【最近聴いたCD】BEASTIE BOYS「PAUL'S BOUTIQUE」 | 2014.01.26
【最近聴いたCD】PUBLIC ENEMY「FEAR OF A BLACK PLANET」2014.02.04
【最近聴いたCD】GURU「Jazzmatazz vol.II The New Reality」2014.07.14
【最近聴いたCD】THE PHARCYDE「BIZARRE RIDE II: THE PHARCYDE」2014.08.25
【最近聴いたCD】CYPRESS HILL「Black Sunday」2016.09.03
【最近聴いたCD】SUGARHILL GANG「Hits」| 2017.07.13
【最近聴いたCD】KENDRICK LAMAR「DAMN.」| 2020.03.23


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Tom Tom Club- Genius Of Love (Live)』(英語版Wikipediaによると、元ネタはトム・トム・クラブだったようです)


『Grandmaster Flash & The Furious Five - It's Nasty (Official Video)』(で、その邦題「悪魔のラヴ・ソング」をサンプリングしたグランドマスターのトラック)



以下、収録曲

01・「Adventures on the wheels of steel」

02・「Freedom」(w/ THE FURIOUS FIVE)

03・「The message」(w/ THE FURIOUS FIVE)

04・「It's nusty (genius of love version)」

05・「New York, New York」(w/ THE FURIOUS FIVE)

06・「Scorpio」(w/ THE FURIOUS FIVE)

07・「White lines (don't do it)」(w/ MELLE MEL)

08・「Dreamin'」(w/ THE FURIOUS FIVE)

09・「The birthday party」(w/ THE FURIOUS FIVE)

10・「She's fresh」(w/ THE FURIOUS FIVE)

11・「It's a shame (Mt airy groove)」(w/ THE FURIOUS FIVE)

12・「Flash to the beat」(w/ THE FURIOUS FIVE)

13・「You are」(w/ THE FURIOUS FIVE)
0
    | music | 2017.06.25 Sunday | comments(0) | - |













    ↑ top