おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近やったゲーム >>
最近みたDVD
「CASIOPEA LIVE」

「カシオペア・コンサート」と同じDVDに焼かれていたので、1つの記事にまとめるつもりだったのだけれど文章が長くなってしまたったので分けました。
こちらも先の「カシオペア〜」と同時期のライブと思われ、ステージ衣装こそ違えど初のシグネイチャー・モデルにしては使用期間が短かった桜井のベースや演奏曲の大半が共通していますね…ただし「DOWN UPBEAT」の次に出た「Halle」の収録曲「Marine blue」も演奏しているので翌'85年辺りでしょうか、菱餅型のステージが妙に印象的です。
こちらは曲名表記もMCもなしという、ストイックな(?)約50分の番組構成。

しかし先日みたカシオペア3rdのライブとは30年もの隔たりがある訳で、今の方が激しい野呂のギターも凄いのだけど…ちょうど世界に打って出たばかりの若々しい野呂だって充分にスゴいのです、この頃のギター・プレイは本当に楽曲の一部として計算されていたんだなという感じがして。
神保の地味派手なドラミングといい、カシオペア3rdと比べれば非常にタイトといいますか抑制が効いた演奏なんですね…別に我慢してたのでも今みたく弾けなかったのでもなく、当時のカシオペアは音楽の精度を重視するバンドだったんじゃないかという気がして。
そこが好かったのかも。

モントルー・ジャズフェスでもお披露目された、フレットレス・ギターによる「Twilight solitude」の完成度は素晴らしいですね…個人的には好きな曲ではないんですが、このライブでのアレンジは一つのピークを象徴しているようで。
それと桜井シグネイチャーの桃ベース金色バージョンね、シェイプは一緒でも片方は4弦仕様なのかと思ってましたけど両方とも5弦だったのかな?…もしかしたら張ってある弦が低音弦(ローB)と高音弦(ハイC)で変えてあったのかもね、カシオペア脱退後は6弦遣いになっちゃった桜井ですが5弦になった時点で個人的にはガッカリしてました当時。

やっぱベースは4本の弦で表現して欲しいのです、2弦とか3弦でも構わないけど5弦とか6弦なんて使うたぁ野暮の極みよ…あの頃は自分でも分かっていなかったモヤモヤした感覚は、つまりこんな感じだと今なら言葉に出来るのです。
桜井の後釜に収まったナルチョは多弦遣いで知られるベーシストで、先日のライブでは8弦を弾いてましたからね…12弦ギターの要領で、4本の主弦にそれぞれ副弦が張ってあるというスゴい仕様で1周まわってグウの音も出ないですが。
キーボードのソロで野呂と振り付け合わせたり、踊りながらベースソロ弾いたりと桜井も悩んでたのかな?笑


〈カシオペア〉関連記事:
【CD】「HEARTY NOTES」「RECALL」| 2008.06.02
【LP】「アイズ・オブ・ザ・マインド」| 2009.06.14
【LP】「ダウン・アップビート」| 2009.06.17
【LP】「Jive Jive」| 2009.06.19
【12"EP】「ZOOM/DOWN UPBEAT」「HALLE/HOSHIZORA/LOOKING UP」「SUN/MR. UNIQUE/SAMBA MANIA」| 2009.06.28
【LP】「サン・サン」| 2009.07.15
【EP】「ザ・サウンドグラフィー」他| 2009.08.12
【LP】「HALLE」| 2009.08.16
【LP】向谷実「ミノル・ランド」桜井哲夫「DEWDROPS」神保彰「Cotton」野呂一生「sweet sphere」| 2009.08.19
【DVD】「CASIOPEA act−one」| 2010.04.22
【DVD】「LIVE IN LONDON 1983」| 2010.04.26
【LP】「ミント・ジャムス」| 2012.10.28
【CD】「Mint Jams」| 2013.07.21
【DVD】「CASIOPEA MONTREUX JAZZ FESTIVAL 1984」| 2016.07.16
【DVD】「CASIOPEA 3RD 〜A・SO・BO TOUR 2015〜」| 2017.07.05
【DVD】「カシオペア・コンサート」| 2017.07.11
【DVD】「CASIOPEA 3rd & INSPIRITS 〜Both Anniversary Live〜」| 2018.08.27
【CD】「HALLE」| 2019.05.25


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

『Casiopea - Twilight Solitude *Live 1985*』(そうか、これは国技館のライブでしたね! 今でもCDDVDの両方がリリースされています)


『Casiopea - Galactic Funk *Live 1985*』(踊ってみたり振り付け合わせたりとステージ映えを気にし始めたカシオペア、更にはボーカル入れたりと試行錯誤してた訳です・・・まぁ楽曲クオリティと演奏スキルは完成の域に達していましたし、世界進出も始めてたしで新たな変化に挑む心意気は好かったのですけどね)



以下、収録曲リスト

1・Down upbeat
2・The continental way
3・Fabby dabby
4・Twilight solitude
5・Marine blue
6・Looking up
7・solo (Dr. 〜 B.)
8・Eyes of the mind
9・Asayake
EC・Galactic funk
0
    | music | 2017.07.17 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top