ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ゼロの未来」

'13年のテリー・ギリアム監督作で原題は「THE ZERO THEOREM」、まるで新世紀バージョンの「未来世紀ブラジル」といった印象。
この監督の映画って、なんか割り切ったように分かりやすい「ブラザーズ・グリム」みたいな系統と辛口な社会批判を屈折して出力したような系統とで大別できる気がしますね…そういった区切りで言うなら、本作は典型的な後者でしょう。
この不気味な未来観だけではなく、真面目一徹なサラリーマンの変容と破滅という物語である点…更には魂の崩壊あるいは解放によって幕を引く、あまりに残酷なオチも「未来世紀〜」の様式を踏襲したようで。

というより、頻繁に交わされる「人生の意味」というフレーズ自体がモンティ・パイソン映画のタイトルでもある訳で…まるで自身の代表作をマッシュアップしたような印象は、もしや今までの特徴的な作風を封印する気なのかと思ったり。
そしてモノクロ映画を思わせる質感の監視カメラや古いハリウッド映画を思わせる総天然色とエキゾチックなセットのバーチャル映像は、監督の得意としてきた昔気質なSFXに代わる新たなオマージュ精神の表明手法にも感じられますね。
ギリアム印の安パイ映画として観るか、奇想の出涸らしとして観るかで評価は大きく分かれる気がします。

プロデューサーのリチャード・D・ザナックに捧げられた本作は英仏ルーマニアの合作で、主な舞台となる独特な教会内部の雰囲気は英仏だけじゃ生まれ得なかったかも…パーティー会場の建物もルーマニアなのか、どこか不思議な趣きが。
自分自身を「我ら」と呼ぶ気弱な中年男コーエン(クリストフ・ヴァルツ)は、マンコム社のマネジメント(マット・デイモン)から「ゼロの定理」の証明を命じられ…管理官のジョビー(デヴィッド・シューリス)やハッカー青年ボブ(ルーカス・ヘッジス)、パーティー女ベインズリー(メラニー・ティエリー)らに振り回され追い詰められて。

仕事も遊びも所詮はゲーム、ノイローゼになるほど重要に思えた人生なんて泡沫(うたかた)の夢…すべて宇宙はゼロサム、なんて事に気付かないタイプがギリアム作品を観るか?って。笑
何も自分で考えないサラリーマン、なんて人種が実際に存在するとしても…と他人事に思ってる僕こそが、真に考察の至らぬ愚民そのものじゃないかとヒヤリ。
本作にも日本語吹き替え製作スタッフがクレジットされていました、ささやかながら大事なことだよなぁ!
コーエン(クリストフ・ヴァルツ)役は山路和弘
ベインズリー(メラニー・ティエリー)役は岡寛恵。
マネジメント(マット・デイモン)役は堀内賢雄
ジョビー(デヴィッド・シューリス)役は立川三貴。
ボブ(ルーカス・ヘッジス)役は河西健吾。


〈テリー・ギリアム監督作品〉関連記事:
【最近みたDVD】「ブラザーズ・グリム」| 2013.02.27
【最近みたDVD】「バンデットQ」| 2014.02.14
【最近みたDVD】「バロン」| 2014.04.06
0
    | cinema | 2017.07.27 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top