ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「The Blues Brothers」

「ブルース・ブラザーズ」は、ジョン・ランディス監督による'80年のミュージカル映画です…って、説明するまでもなかった時代も今は昔となりましたけど。
黒のスーツとソフト帽にレイバンでキメた2人組は、若い世代の方々にも見覚えがあるのではないでしょうか?…彼らの姿は今や時代を超えたバディ・ムービーのアイコンとなっています、いやまぁ「メン・イン・ブラック」が元ネタと勘違いされてそうですけど。笑
舞台はシカゴだったのね、若い頃に一度は観てるんだけど印象に残ってないのも当然か…街の歴史や時代風俗を知らなかった当時の僕には、本作の面白味も今一つだったのでしょうな。

開始早々の大気汚染シーンに(?)と思いましたが、おそらく当時は普通に「都会の朝」として撮ったのでしょうな…刑務所の門前に「ヒッチハイク禁止」の標識って、これは映画のジョークなのかリアルなのか?笑
ジョリエット刑務所からシャバに戻った兄ジェイク(ジョン・ベルーシ)、払い下げのボロいパトカー“新ブルース・モービル”で迎えに来たのは弟エルウッド(ダン・エイクロイド)。
いきなり跳ね上げ橋を飛び越える場面で、ゲーム「ランナバウト3」のポリスカーに何故このカラーリングがあったのか気が付きました…車種が、同じくダッヂ・モナコかまでは何とも。

2人が育った施設のピンチに大金を用立てると大見得を切り、牧師の説教に神の啓示を得て何故かバンドに覚醒…再結成するため昔のメンバー達を説得に回る2人、スピード違反も“神の使徒は捕まらん”とカーチェイスで警察を敵に回し。
しかも蹴散らしたナチ党や謎の女にまで狙われる始末、この思いっ切りな鈎十字は今じゃ放送禁止になってそう…しかし70年代の面影を色濃く残す街並みが素晴らしく、特にレンガ造りのビル爆破や「フレンチ・コネクション」超えの高架下チェイスは逆に現在じゃ撮れないんじゃないかな?
無論、ジェイク&エルウッドのステージも傑作です。

しかしC&Wの店でブルースって、もしや「ソウルメン」は本作をパロったのか?…それとホテルの車寄せでパトカー集団エンコってのは「カリ城」の方が早かった筈、まぁ観てパクった訳じゃないと思うけどね。
爆破されたレンガ造りの建物の豪快なブッ壊れ具合も、大量のパトカーがテンポよくポンコツになってゆくカーチェイスも…フルスピードで170キロを走り抜いて漫画みたくバラバラになる“ブルース・モービル”も、宮崎駿のアニメを実写で再現したかのよう。
というより、宮崎アニメの源泉と相通じるアクション&コメディの要素が詰まってるという解釈もアリか?

ブルース&ソウル・レジェンドの豪華キャストで筆頭に挙げるべきは、何といっても施設の古株カーティス役のキャブ・キャロウェイですな!!…まさか本人の「Minnie the moocher」まで拝めるとは、これだけでも観る価値ありましたよ。
牧師役でジェームズ・ブラウン、ってシカゴにもバプティスト教会があるの?…因みに合唱隊のソロイストはチャカ・カーンなのね、更にストリート・ミュージシャン役のジョン・リー・フッカーも眼福モノです。
楽器店主のレイ・チャールズにソウル食堂の女主人でアレサ・フランクリン、ザ・ブルース・ブラザーズ・バンドのメンバーも渋い!

アゴヒゲ長髪のスティーブ・クロッパー(g.)、アフロ&パイプのドナルド“ダック”ダン(b.)…そしてドラムスのウィリー・ホールと、スタックスのハウス・バンド兼ブッカーT. & M.G.ズで知られるサザン・ソウルの名プレイヤー達。
特にダックのベースラインは、シンプルなようで巧みなゴースト・ノートが利いていて鳥肌立ちっぱなし!
本当に謎の女だったキャリー・フィッシャー、エルウッドにナンパされるツイッギー…サンドイッチ食ってるスティーヴン・スピルバーグに監獄ロックで最初に騒ぐジョー・ウォルシュ、ランディス監督もラ・フォング警官役でカメオ出演。

他には「The drifter」のカバーを歌っていたスティーヴ・ローレンスが興行師モリー・スライン役で、「イン&アウト」を監督したフランク・オズが刑務所の私物保管員役で出演…ところで日本人らしき製作スタッフ、カメラマン助手のマコ・コイワイとプロパティ・マスター助手のケン・アダチは今どうされてるのかなぁ?
そういやジョン・ベルーシが時々タランティーノっぽく見えたけど、タランティーノって名前は最初に訪ねるメンバーの下宿先のご婦人に由来してたりして?
あとネオナチ党首が車ごと墜落するシーン、プレイバックの度に高さが大げさになってくのが可笑しい!

約1時間の特典映像「The Stories Behind the Making of The Blues Brothers」は、また後日に改めて。


〈ブルース〉関連記事:
【CD】村上“ポンタ”秀一&近藤房之助「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」| 2009.02.24
【CD】カルロス・ジョンスン「極限! ブルース・ギター 〜 白熱のシカゴ・ライヴ」| 2009.11.29
【CD】V.A.「アリゲーター20周年ライブ」| 2009.12.27
【CD】ブッカー・T & ザ・MGズ「メルティング・ポット」| 2010.11.21
【CD】JOHN OATES「Mississippi Mile」| 2011.12.21
【CD】ボー・ディドリー、ジョン・リー・フッカー他「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
【CD】デレク・トラックス・バンド「オールレディ・フリー」| 2012.04.04
【CD】TEDESCHI TRUCKS BAND「Revelator」| 2012.05.13
【CD】V.A.「Not The Same Old Blues Crap II」| 2013.08.14
【CD】STEVIE RAY VAUGHAN & DOUBLE TROUBLE「Live Alive」| 2013.10.04
【CD】THE JEFF HEALEY BAND「COVER TO COVER」| 2015.01.07
0
    | cinema | 2017.08.08 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top