おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
河野典生「デンパサールの怪鳥」

これも「いつか、ギラギラする日々」同様、十代の頃に読んだ記憶があるのです…が、バリのイメージ以外まるで覚えていなかった!
そのイメージも、冒頭の表題作で描かれていたバサール(市場)の雰囲気だけで…記憶の中では強烈だった筈の印象が、いざ読み返してみたら情けないほど貧弱に感じられショックでした。
しかも、本書に収録されている6編の内でバリ絡みは表題作のみだったとは…この短編小説だけで、当時の僕は何をどんだけ膨らませていたんでしょうなぁ?笑
ネタバレしちゃうと、戦時の罪が暴かれるハードボイルドなサスペンスでして…怪鳥は、まぁ小道具です。

本当にコレを読んでたのか僕は?って位、初めて読むような新鮮さで本書を堪能しましたよ…著者の本は多くが絶版のようで、こうしたエスニック×昭和のハイブリッドなハードボイルド作品はもう読めないかもしれないと思うと一語一句が貴重に感じられてきます。

「ロング・イエロー・ロード」はネパールからインドへ向かう沈没系パッカーが巻き込まれる出来事をユーモラスに描いておりますが、既にアンノン族もポカラまで来ていたとは驚かされました…初出が'76年ですから、早くも70年代半ばには女性ファッション誌に感化された日本の若い女性達がネパールの田舎町まで悪名を轟かせていたって事か!
「ポカラ、ペワ・タール湖畔」の舞台は「ロング〜」の起点となったネパールのポカラ郊外にあるフィッシュ・テイル・ロッジで、主人公の来歴も似通っているのは著者の実体験が反映されているのでしょうかね?
これまた初出は'76年。

しかし「ポカラ、〜」はマイアという女性との睦み合いに終始する濃密なラブロマンスで、要は異国の宿でイチャイチャしてるだけという話なのですが…著者が“強烈なエロティズムを、よりシャープに描くことを狙った。臨場感にも充分気を配ったつもりだ”と記しているように、読んでいて甘い気分になりました。
「やつらの棲む街」は一転して原宿の表参道を舞台に、露店商の青年が出会った老人に頼まれ人捜し…僕が初めて訪れた頃の空気を思い出させる、この昭和な都会の描写もまた著者ならではの味わいがあります。
この外人アパートって、さくらハウスじゃないよね?

「あいつらの世界」は東名の川崎インターと多摩川に近いアパートで、3人の若者が関わる厄介事の顛末を飄々と描いていきます。
この昭和ハードボイルドな2作は'77年の初出で、最後に収められた「インター・コンチネンタルの客」は単行本の初版と同じ'78年…ボンベイのホテルで知人そっくりの男に話し掛けた直後から何者かに監視される主人公、ガネッシュ祭りに重ねたクライマックスの映像的な情景描写は圧巻!
シナリオライターの主人公に同行するカメラマンという設定や旅程、出国時のオチは明らかに山下洋輔との共著「インド即興旅行」が下敷きになっていますなぁ。

著者はSFやファンタジーも手掛ける幅広い作風の持ち主だったようですが、個人的に強く惹かれるのは「エスニック昭和ハードボイルド」な作品群なのです…現在の潔癖さからは別世界のような汗臭さを感じさせる東京、そして誰もがバックパッカーを気取れる現代とは違う異端の日本人青年たちが吹き溜まるアジアに僕は深い憧れを抱きます。
それらは、どちらも失われてしまった舞台であり二度と描けない物語でしょう…もしかしたらそれは生き詰まりを感じていた十代初めの僕が夢想した最終出口であり、無味無臭な瓦礫に塞がれてしまい辿り着けなくなった未来だったのかも。

初版'81年、集英社文庫。


〈バリ島〉関連記事:
【最近読んだ本】田口ランディ「7days in BALI」| 2008.04.03
【最近聴いたCD】V.A.「地球の“聴き”方 バリ編」| 2010.09.18
【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
【最近読んだ本】進藤幸彦「世界の不思議なお守り」| 2016.05.24
【最近読んだマンガ】さそうあきら「バリ島物語 〜神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死〜」1巻| 2017.08.05

〈ネパール〉関連記事:
【最近読んだ本】中牧弘允「世界の三猿―見ざる、聞かざる、言わざる―」| 2007.08.04
【最近読んだ本】進池澤夏樹(著)、渡邉良重(絵)「世界一しあわせなタバコの木」| 2009.08.22
【最近読んだ本】荒俣宏(著)、大村次郷(写真)「獅子 ―王権と魔除けのシンボル」| 2012.09.20
0
    | books | 2017.09.06 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top