ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
THE BEACH BOYS「PET SOUNDS」

小学6年生の誕生日、親に無理を言って買ってもらった「キャピトル・イヤーズ」というボックス・セットLPは僕の宝物だった…その頃の僕はビーチ・ボーイズに夢中で、FM番組をエアチェックしたカセットテープをよく聴いたものだ。
だが件の宝物は結局、有り難すぎて自分の小遣いで買った他のレコードほどは頻繁に聴かなかった事を本作を聴きながら思い出した。
本作に収録されている曲は、多くがボックス・セットで初めて聴いた曲だ…それ以外は、初めて聴く曲だ。
全26曲、とはいえ後半はモノラル録音のオリジナル音源をステレオミックスしただけなので実質13曲。

ビーチ・ボーイズといえばサーフィン&ホットロッド・ソングのイメージが強く、僕が愛聴したカセットに入っていたのもそうした全盛期のヒット・ナンバーばかりだった…しかし、よく彼らの転換点などと評される本作と次作「スマイリー・スマイル」は自らのセールス・ポイントを敢えて封じ内省的な歌詞やラブソングに徹しているようだ。
元々サーフィンをしていたのは弟デニスで、主に作曲を担当していたブライアン・ウィルソンは内向的な人物だとか…因みに本作、ビートルズが発表した「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に触発されたそう。

ツアーに次ぐツアーで楽曲制作が困難な折に、件のアルバムでライバル心を掻き立てられたブライアン…バンドのセールスは主に作詞を担当していたマイク・ラヴらがライブ巡業で支え、楽曲の評価はブライアンが抱え込んでいたという。
否、実は曲想の求める演奏スキルがバンドのそれを上回っていたのでは?…と、バンド経験者なら考えてしまうのではないだろうか。
言わばビーチ・ボーイズはバンドとして末期的な状態だったのだ、ビートルズもまた似たようなものだが…ただしビーチ・ボーイズの場合はアメリカ全土をツアーする一方で曲作りと、いわばツートップ体制で行っていた訳だ。

ビートルズの音楽的評価の高さに対抗するブライアンは独りでアルバム制作に入り、スタジオ・ミュージシャンによってトラックを仕上げた…そのオケに後からメンバーによるコーラスやボーカルを被せ録りした本作は、ブライアンのソロ作という辛口な意見も聞く。
とはいえ全盛期のサーフィン&ホットロッド・ソングが懐メロと化してしまったのに対し、本作に収められた「God only knows」や特に「Wouldn't it be nice」などは今でも楽曲の普遍性を感じ取れる名曲だ。
初期の陽気な華やかさはなくとも、コーラスの重ね方やサウンド・アレンジメントに成熟を感じ取れる筈。


関連記事:
【最近聴いたCD】ブライアン・ウィルソン「ラッキー・オールド・サン」| 2009.04.16
【最近聴いたCD】V.A.「ブライアン・ウィルソンのペット・プロジェクト」| 2012.05.24
【最近読んだ本】瑞穂れい子「今日から使える! 音楽雑学 おもしろコネタ30選」| 2012.11.22
【最近聴いたCD】MARLENA SHAW「WHO IS THIS BITCH, ANYWAY?」| 2017.10.21
0
    | music | 2017.09.09 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top