ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 昨日の脳内BGM | main | 最近やったゲーム >>
最近みたDVD
「ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!-」

再視聴エドガー・ライト監督と主演のサイモン・ペッグによる音声解説です、(字幕がない!)と焦ったけど別途選択だったのね?笑
冒頭のサイモンのスーパーポリスマンぶりを紹介する冒頭のシークエンスで銃を構えた犯人役を演じたのは「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングス監督で、エドガーは“お互いの作品にカメオ出演すると約束した”のだそう。
他にも「第9地区」のプロデューサーで「ロード・オブ・ザ・リング」三部作を製作・脚本・監督したピーター・ジャクソン監督が冒頭のサンタ役でカメオ出演、エドガー監督のリスペクションに応えたのかな?

正直に言うと、余りに退屈なコメンタリーなので1度目は寝ちゃいました…そして2度目も、寝そうなのを必死に堪えて観てました。
彼らは本作の脚本をも担当していて、様々な映画名を挙げながら元ネタを暴露してくれるのですが微妙すぎて付いてけない…なんか映画ヲタの盛り上がりっぷりに置いてきぼりを食らったような、本編の場面とは大して関係ない話をされても全然ピンと来ない訳です。
因みにエンドクレジットの謝辞には何故かタランティーノやロバート・ロドリゲス監督の名が、しかもロバートはゾンビ好き同士のよしみでなのか劇中曲も幾つか提供しておりました。

実は本作、DVDには珍しく14ページのカラー・ブックレットが同梱されていまして…エドガーとサイモンへのインタビューや署名運動の発起人による日本公開に至る経緯報告も興味深いけれども、何よりエドガー監督の元ネタ映画紹介はコメンタリー視聴前に読んでおくべきだったなぁと。
やはり格闘シーンは特撮オマージュで、撮影後に監督もミニチュアの町を壊して遊んだらしい…スーパーでの妙な銃撃戦も、その店で働いていた時の妄想を実現したというから趣味全開!
なるほどね、そりゃあコメンタリーも興が乗るわな?
題名の“FUZZ”は、警察を指す一昔前の隠語だとか。

特典映像も充実してるのですが、別に面白くないのが残念…特に「ストーリーボード」は却って視聴の邪魔、わざわざ途中に挿入する価値もない無駄機能です。
それとパケ裏に記載された特典「HOT FUNK テレビ・バージョン」、これって単なる誤植ですよね?…内容は本編の放送禁止用語(?)を無難に言い換えた場面集ですけど、字幕も吹き替えもないので分からないよ!
ただ、エドガー&サイモン両人が挙げた名場面(?)の老婆キックは確かに何度観ても笑っちゃいますね…誰も殺さない主人公と不謹慎さのギャップなのか、終盤のバカ展開に火を点ける飛躍感が可笑しいのかも。
0
    | cinema | 2017.09.18 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top