ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近読んだ本
熊谷達也「ウエンカムイの爪」

初版'00年の集英社文庫、古本屋の100円コーナーで見付けまして…題名のアイヌ語に興味を惹かれ、更に背表紙の紹介文に“クマを自在に操る不思議な能力を持つ謎の女”とあるのに「ゴールデンカムイ」的な期待を膨らませて購入。
しかし本書はアイヌ要素ほぼ無いのね、いや皆無ではないけれど序盤の掴みでしかないクマ小説でした。笑
謎の女は少女時代にアイヌ猟師と暮らして2頭の子熊を育てた事が中盤で明らかになり、以降はアイヌ関係なしで山中の熊追い話。
期待と違って普通の内容でしたが、北海道の森の空気が臨場感たっぷりでグイグイとページが進みました。

個人的には、序盤で自然を舐めた大学生が熊に襲われる場面が好かったですね…なんて書くと人でなしに思われそうだな、でも自然に対する畏れも敬意もないアウトドア趣味って罰当たりだと思っているので。
それと終盤の尾根筋の描写は、そんな光景を見た事がない筈なのに草原のうねりと暮れかける空の絶景がありありと胸に浮かんできました…山中の沢でヒグマに遭遇する場面で感じた「ランボー」の山林と共通の匂いといい、僕が踏み入る事はないであろう深い森の空気を存分に味わえました。
主人公などの人間は脇役で、クマの存在感が全体を覆っている構成も見事です。


〈アイヌ〉関連記事:
【最近読んだ本】別冊太陽「先住民アイヌ民族」| 2007.08.15
【最近読んだ本】原田詠志斗「アイヌの治造」| 2008.09.12
【最近聴いたCD】オキ「ノーワンズ・ランド」| 2010.08.19
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」1巻| 2011.08.08
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」2巻| 2011.08.11
【最近読んだ本】木割大雄「南のくにに雪だるま」| 2012.03.04
【最近読んだ本】「AINU ART ― 風のかたりべ」| 2013.11.02

関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】甲斐崎圭「第十四世マタギ 松橋時幸一代記」| 2010.04.06
【最近読んだ本】星野道夫「グリズリー アラスカの王様」| 2010.09.07
【最近読んだ本】上野動物園開園120周年記念行事実行委員会・編「動物園で撮った家族の写真」| 2014.06.10
【最近読んだマンガ】吉元ますめ「くまみこ」1巻| 2016.12.14


以下、個人的メモ。
“俺の所のような雑誌がアウトドアブームを煽っているのは事実だ。生まれてからこの方、都会でしか生活したことのない連中が自然を求めてフィールドに繰り出すのは勝手だが、そんな連中がまず手に入れるのはマニュアルだ(中略)いざという時の危険に対する備えは何もないまま、夢のプランを立てて繰り出して行く”

“生態系の食物連鎖上の上位に位置する大型動物種をアンブレラ・スピーシーズと言うのですが、そのような種が十分に繁殖し、維持されていれば、その生態系は多くの種の維持の可能性を持っている(中略)道南の森は見た目以上にバランスを崩してしまっているのかも知れません”

“ビニールや空き缶などのゴミを棄てていくのは論外ですが、食べ残しの残飯を平気で棄てていく者が多すぎます。本人たちは、残飯であれば他のゴミと違って棄てても平気だろうと思ってそうしているのでしょうが(中略)むしろ、人間がいると何かにありつけるのではないかと学習してしまう可能性があります(中略)それと、減少している野生動物の保護の方法となると、餌づけということを日本では考えがちですが(中略)生態系全体の問題として考えなければ意味がありません”

“アイヌの人々は、狩猟という行為は人による人為的な行為ではなく、アイヌの人柄を見て自ら捕らえられ、神の国へ送ってもらうためにヒグマの方がやってくると考えます。そのような善いクマのことを山の神『キムンカムイ』と呼びますが、性悪のクマを『ウエンヤップ』と呼んでいます。その中でも人間を食ってしまったクマのことを、真の悪神という意味で『ウエンカムイ』と呼ぶことがあるのです。昔のアイヌは山の中で仕留めたクマに対しても、そのクマの魂を神の国へ送るための熊送りの儀式『イオマンテ』を簡略化してでも行ったということですが、この『ウエンカムイ』になったクマの場合はそれは一切行わず、ズタ切りにして投げ散らかすだけにしたり『ロルンペ』という悪魔祓いの儀式をしたそうです”

“確かに、ヒグマという動物は、個体毎の性格の違いが大きい動物だとわたしも思いますけど、『ウエンカムイ』とまで呼ばれる凶暴な個体は、むしろ人間がそうさせてしまった気の毒なヒグマとして考えた方がよいのではないでしょうか(中略)ヒグマの方にとっては、人間の方が『ウエンカムイ』なのかも知れない”
0
    | books | 2017.10.08 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top