おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みた夢 >>
最近みたDVD
「F・R・I・E・N・D・S IV」(Disc3)

前巻までの連ドラ展開が落ち着いたせいか、シットコムらしくなってきました。
第9話は感謝祭でゲラー兄妹の両親が登場、チャンドラーが大嫌いな2人に彼との同棲を秘密にしていたモニカでしたが…両親のチャンドラー嫌いは、ロスが学生時代にハッパがバレた時「彼がやった」と言ったせいだとは!笑
この隠し事の三角地帯にレイチェル手作りトライフル問題が重なり、一気に暴露大会へと至る流れが最高!…“足みたいな味”って、もう“死んだ水牛の臭い”並みに大笑い!
第10話ではジャニーンの誘いでジョーイと年末特番の収録で踊るゲラー兄妹、その隙を衝いてモニカのX'masプレゼント探しに興じるレイチェル&フィービー+巻き添えチャンドラーという二面構成が見事。

思いがけずジャニーンと恋仲になったジョーイに、早くも次の第11話でトラブル発生…モニカ&チャンドラーとのWデート後に2人を貶したジャニーン、そしてジョーイのバカ正直さがモニカの怒りに自動給油〜!笑
一方、フィービー宅に同居するレイチェルはポタリー・バーンズの家具を購入…しかしフィービーの強いこだわりを知って口走ったウソが、雪だるま式にロスまで巻き込んでしまいます。
第12話はロスvs.チャンドラーで「誰のジョークか」問題が勃発、ジャニーンが引っ越して懐がキツいジョーイは行き付けのカフェでバイトを始めるも妙なプライドが邪魔して速攻クビ?

相変わらずレイチェルは冬でも薄着だとビーチク浮かせてますな〜、そんなのアメリカじゃ誰も気にしない!なーんてコトなくて、実際ジェニファー・アニストンは過去にその件でインタビューされたらしいです。笑
まぁ個人的にはレイチェルやフィービーの、コーカソイド感あふれる腰まわりに目が行ってしまうのですよ!なんて…閑話休題、各エピソードのタイトルの件。
「チャンドラーは嫌われ者? (THE ONE WHERE ROSS GOT HIGH)」や「夢のカウントダウン・パーティー (THE ONE WITH THE ROUTINE)」、「対決!モニカ対ジャニーン (THE ONE WITH THE APOTHECARY TABLE)」ね。

「ジョーク泥棒はどっち? (THE ONE WITH THE JOKE)」は邦題と原題がほぼ一致してますけど、他のエピソードには日本の方がストーリーを重視してドラマっぽいタイトルにしている感じが…それに原題の“THE ONE〜”で始まる形式が日本語で言う「〜の件」的なニュアンスだとしたら、まさに「お決まりの件」とか「調剤師机の件」は漫才師のコントの題名っぽくない?
だから、ひょっとすると字幕+日本語吹き替えでは伝わらないダブル・ミーニングが結構ありそうな気も…例えばエピソード中の各ネタが原題に掛けてあったりして、それこそ第11話はオチで机のネタに戻る訳で。

第9話でロス&モニカの父ジャック役を演じたのはエリオット・グールド、因みに母ジュディ役はクリスティナ・ピックルズ。


追記:上記の「字幕+日本語吹き替えでは伝わらないダブル・ミーニング」的好例を、個人ブログ「フレンズ 翻訳♪挑戦」さんの「6-9 ロスがハイになった話」にて発見しました。
「チャンドラーは嫌われ者? (THE ONE WHERE ROSS GOT HIGH)」回の冒頭でモニカが「サンクスギビングに誰が来ると思う?」と尋ね、チャンドラーが「シドニー・ポワチエ?」と返す場面・・・モニカの「So guess who’s coming to Thanksgiving dinner?」にチャンドラーは映画「招かれざる客 (原題"Guess Who's Coming to Dinner")」を連想して、シドニーの名を挙げていたのでした。
それにシドニーの演じた役はまさに「招かれざる客」で、チャンドラーのイヤな予感が的中するというオチの前フリにもなっているという・・・って解説しちゃうと実に野暮ですな、でもまぁ実例としてね?笑


関連記事:
「フレンズ」シーズン6/エピソード1〜4| 2017.10.01
「フレンズ」シーズン6/エピソード5〜8| 2017.10.09

「フレンズ」シーズン6/エピソード13〜16| 2017.10.25
「フレンズ」シーズン6/エピソード17〜20| 2017.10.31
「フレンズ」シーズン1/エピソード1| 2017.11.11
「フレンズ」シーズン6/エピソード21〜25| 2017.12.23
0
    | cinema | 2017.10.15 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top