おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ルシャッド・フィールド(著)、山川絋矢+山川亜希子(訳)「見えない道 ―愛する時、そして死ぬ時―」

先日ようやくの再読を果たした「ラスト・バリア」に、よもや続編が存在していようとは!…偶然にAmazonで本書を見付けてビックリ、そして送料込みで¥327という破格に二度ビックリ。
それで「ラスト・バリア」を検索して(こちらは同じく¥656)、2冊同時に入手したのでしたが…実のところ、本書の方には大して期待していなかったのです。
だって、もうスーフィーの話じゃない事は短い紹介文から分かっていましたから…しかし今になって思えば、著者はスーフィーの教えによって一種の悟りを得た訳ですから別にイスラム世界にいなくても意識は継承されているのでしょうね。

前書の後にイギリスへと帰国した著者は今回、先ずメキシコ先住民の村でシャーマンの呪術を被ります…そしてハミッドがかつて見せたような玉子を用いたヒーリングを契機に再びトルコへ行き、師と2年ぶりの再会を果たすのでしたが。
著者はハミッドの旧友を訪ねるべく故国に戻り、その“典型的なイギリス中年女性”の許で暮らしていた懐かしい女性と恋に落ちました…前書で青い毛糸を手に絡めて泣き叫んでいた、あの謎めいた女性ヌアです。
ただし本書はロマンチックな展開へと流れる事なく、エリザベスの旧友でウェールズに住むジョンから学ぶべく彼女と共に向かうのです。

エリザベス曰く“ガンで死にかけていて”“死ぬ準備のできている唯一の人”であるジョンと会うのは本書の半ば…そこから著者とヌアは、彼が目覚めたまま死へと至るまで愛と生と死について学んでゆくのでした。
ジョンと著者の師ハミッドに面識はありませんが、スーフィーの“霊的指導者”たちと同様にヘビースモーカーである事に著者は面食らいます…聖人たる者タバコどころかアルコールも肉食もしないイメージだったんですね、まぁ原著が出版されたのは'79年ですし?
その古さを思えば、時折「聖なる予言」など90年代のスピ本を連想してしまうのも仕方ない気がします。

様々なスピリチュアル・メソッドの原型となった可能性を思えば、そのような目的ならより実践的で洗練された本は沢山ある筈です。
しかしながら物語として、とある人物の体験記としては前書に劣らず読むに値する一冊だと僕は思いますね…まぁ途中でダレて他の小説を読んだりもしましたけども、最終章の美しさは是非とも御一読を薦めます。
しかし山川夫妻のサイン入りで、文中に赤鉛筆で傍線を引いた本を売った最初の購入者の気が知れませんよ…サインはともかく、文面に手を入れておいて売り払うとは(恥を知れ!)と。
本書は'99年の初版で、版元は前書と同じ角川書店。


関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】玄侑宗久「アミターバ −無量光明」| 2008.05.28
【最近読んだ本】山川健一「リアルファンタジア 2012年後の世界」| 2009.01.20
【最近読んだ本】坂本政道「楽園実現か 天変地異か」| 2009.04.01
【最近読んだ本】リチャード・バック「ONE」| 2009.08.28
【最近読んだ本】ダライ・ラマ「世界平和のために」| 2010.06.09
【最近読んだ本】シャーリー・マクレーン「アウト・オン・ア・リム」| 2011.05.01
【最近読んだ本】「バシャール×坂本政道 人類、その起源と未来」| 2012.01.19
【最近読んだ本】辛酸なめ子「霊道紀行」| 2012.03.25
【最近読んだ本】パウロ・コエーリョ「アルケミスト 夢を旅した少年」| 2012.08.30
【最近読んだ本】ジェームズ・レッドフィールド「聖なる予言」| 2013.06.02


以下、個人的メモ。

「自分には完全にわかっていると思う時は、まずまちがいなく私達は何も知らないのだ。私達は真実のほんの一部しか知ることはできない。実は、真実だと思うものを作り出しているだけだ」(p.26)

「人生そのものが師であると認める勇気を我々が持った時、一瞬の中に宿る永遠の真理は、偉大な書物に書かれている知識や、聖地に保存された知恵から得ることができるのだ。問題は、旅をしたり本や聖書で勉強しても、君自身の内的体験なしには意味がないということだ(中略)誰も他人の喜びや苦しみを感じることはできない。自分はわかると考えることはできるが、考えるということは、私達一人ひとりの中に存在するものを限界づけてしまうまずい愚かなやり方だ。このことは多分、君をがっかりさせるかもしれない。特に、君が自分自身の内なる現実を直視できず、他の人の現実を追いかけずにはいられない場合にはね」(p.28)

「君が泳ぎを習ったとしても、海は常に変化している。だから、ある意味では、泳ぎも又、違ってくる。水の状態に合わせる必要があるのだ。海は同じでもその表面は常に変化している(中略)だから何回そこを訪ねようと、どれだけ理解が深まろうと、新しい気づきやさらなる理解を得ることができる」(p.28)

「マリアはキリスト教徒の間でもイスラム教徒の間でも、同じように尊敬されているが、それはすべての宗教に共通する霊的な真理に基づいているからであり、単なる偶然ではない」(p.38)

「すべてのものは本質を宿した形ではあるが、それ自体は器にすぎない」(p.41)

「旅はいい体験だし楽しいけれど、あなたが探しているものは結局は、自分の部屋から一歩も出ずに見つかるということを、そろそろあなたもわかる頃なのよ(中略)世界中の人間の数と同じだけ、神への道もありますからね」(p.48)

「何かを説明するのが難しいと感じる時は、よく見なければならないことが必ずあるものです」(p.66)

「ねたみ、怒りや恨み、そしてプライドの壁です。この三つの問題について、自分がどの程度であるか注意深く調べれば、私達が何につき動かされているのか、また、私達が真実を聞き、見るのを妨げているものは何か、わかってくるでしょう」(p.66)

「ねたみは、私達が普段考えるよりも、ずっと微妙なものです(中略)ねたみは、私達自身のものではないもの、現実ではないものを、私達に追わせます(中略)だからどんな状態にあっても、他の人を真似してはいけません。自分自身の本当のものを持ちなさい。そうすれば、他の人に与えるための真実を持つことができます」(p.66)

「どれほど、私達は他人や自分の置かれた状況を恨んだり怒ったりしているか、よく見てください。私達は何かをいつも変えようとしていませんか? そして、変えることができないとわかると、私達はそれを恨むのです(中略)怒りや恨みは、自分には変える権利がないのに何かを変えようとすることから起こります。そして、これは他の壁と同様に、私達が自分の人生で受けたショックによって、引き起こされます」(p.67)

「プライドは(中略)自分は何かの点で特別だという思いと関係しています。そしてその思いは無知から来ています(中略)ショックを受けたために、私達は自分を守ろうとして傲慢になります」(p.70)

「自分が何してるのかわかるまでは、いわゆる『修行』をする時はそれだけをしなさい。さもなければ、よく食べ、よく眠り、よく愛し合いなさい」(p.75)

「この美しい世界にいながら、体の中に住んでいないんですもの。考える、考える、この人達がやっているのはそれだけ。彼らは体の中にまったくいないで、頭の中にいるのよ」(p.76)

「みんなこのいまいましい性的魅力のとりこになって、これが愛だと思い込んでしまうのよ(中略)セックスは愛の表現であることもあるけれど、ほとんどの人は、愛の意味をまったく考えずにベッドに飛び込んでいます(中略)でもこの話題は、私のところにアドバイスを求めにやって来たのに、実は自分の混乱した考えに同意して欲しいと思っている人達と議論するテーマの一つなのです。精神分析医の長椅子とアシュラムの半分は、本当に変わる危険を冒す気がなくて、ただ気持ちよくなって安心したいだけの人達で占められているのよ」(p.79)

「こうしたお互いをつないでいる線は磁力だけでなく、多くの人が言っているように電磁波とももっと関係していると私は思っています。イギリスではこの線はレイラインとして知られているのに対して、中国では龍脈と呼ばれています(中略)今、このラインは眠っていて休止状態にあり、その存在を人々は認める必要があります。ちょうど、女性が認められる必要があるのと同じよ。でもこのラインを生き返らせることができるのは愛だけであり、私達が個人、欲、悲しみの壁をのり越えて、真実の世界に入ってゆくのも、愛によってのみ可能です」(p.88)

「自分の動機が何か必ず疑ってみることと、自分がやると言ったことはきっちりとやり遂げることだ。なぜなら、自分のした約束を破ったり、自分の道からはずれたりする時は、その理由が何であれ、君は少しずつ意志を失ってゆき、ついには、あるべき時にあるべき行動を選び取る能力を失ってしまうからだ」(p.115)

「朝の早い時間は信じられないほど特別ね。夜の思いが眠りに入って、昼間の思いはまだ完全には目覚めていない時間よ(中略)『夜明けにその日のすべてが含まれているように、神の息吹にすべてが含まれている』(中略)七−一、七−一というリズムは明らかに音楽のオクターブと関係があると思う(中略)このリズムはまたバイブレーションの波を生み(中略)すべてを形成する世界を作っている。すべては、バイブレーションの速度の違いだけなのだ(中略)物事のバランスと調和を保っているのは、私達人間が知っている音楽のオクターブだと」(p.119)

「中にはよく知っているものもあるだろう。しかしいずれにしても、初めてだと思って聞くことが大切だ。そうでないと君の頭は比較し始めて、効果が限られてしまうからだ(中略)一つの考え方を別の考え方と比較しようとしたか、または自分には理解できないと感じていたからだ。比較はできっこないし、自分には理解できないと思うのは馬鹿げている」(p.129)

「すべての音は私の耳に届くまで、それぞれ違う時間がかかっているので、それらを同時に聞くためには、私達が普段認識している時間と空間を超越することが必要である(中略)私達が見ていると思っているものは、すでに過去のものなのだ(中略)私達が知覚したものは、単なる過去のパターンにすぎない」(p.133)

「決して考えてはいけないよ。そのかわりに、思考を利用するのだ。思考はエネルギーの形であり、君の役に立って、君の目を多くのものに開かせてくれるだろう」(p.134)

「その思念(おもい)は播かれる必要がある(中略)思念(おもい)の種が播かれた後、我々が受け身の状態でいて、もしそれで何か育ったら、それこそ奇跡だろう。桃の木と同じように、本当に役に立つものに育てるためには、思念(おもい)を意欲的に世話しなければならない」(p.136)

「意識的であろうと努力しすぎると、君はただ思念(おもい)ではなく、観念を養い、エゴを育ててしまう。実際にできることは、犠牲と降服を通じて、神のよりよき道具となることだけなのだ」(p.137)

「我々人間が進化の過程で決定的な役割を演じており、我々の努力と我々自身の意識のレベルに応じて、その進化は意識化する(中略)意識的なセックスは、子供を孕もうと孕むまいと、進化それ自体に直接影響を与えるある種のエネルギーを放出する」(p.137)

「私達こそが、無知から、自分やまわりの人々の人生の設計図を傷つけているのだ。私達こそが、大地の生態系を破壊しているのだ。私達こそが、自分で勝手に本を書いて、善悪の概念を作っているのだ。しかも、もし私達が完全であることを受け入れれば、瞬間の中に宿る無限の可能性を邪魔せずに、意識的に運命の展開に参加することができるのだ」(p.161)

「真のヒーリングとは、症状を治すことではなく、原因を治癒することだ」(p.167)

「ラジオニクスであろうと、他のどんな形のセラピーであろうと、どれもあるレベルまでしか、効果はない(中略)ともかく、その人が良くなることが正しいことではない時もある」(p.168)

「ダルウィーシュの人達は、肉体を捨てる前に幻想を捨てたことを現すために、墓石を形どったこの帽子を被るのだよ。ダルウィーシュという言葉は、文字通り、『しきい』を意味している」(p.227)

「それは時間を超えた状態でありながら、その中にすべての時間を含んでいた。彼は、死と受胎は同時だと言っていた(中略)死について感傷的になるのは、何と愚かなことだろうか(中略)源へと戻る魂の旅は、感傷的な旅ではないのだ。感傷とは、頭脳が自らと、自らが作り出した幻想を守るために、作りたがるものなのだ」(p.234)
0
    | books | 2017.10.24 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top