ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「F・R・I・E・N・D・S IV」(Disc4)

前巻までがシーズン6の上巻というかvol.1で、今回からは下巻というかvol.2…そしてこちらもvol.1同様、3枚組になってます。
第13話「妹はライバル」で見た事ある顔だとは思ったジル役が、リース・ウィザースプーンとは意外でした…「This is how we do it」を歌い踊ってた雰囲気とは別人だけれど、それが役者ってものなのかもね?
家出をしてきたジルは姉レイチェルの許に転がり込みますが、余計な気を回した挙げ句に墓穴を掘ったレイチェルはロスとジルのデートにヤキモキ…一方では風邪を引いたと認めない強情モニカ、熱で盛ってチャンドラーを誘惑しまくり!笑

第14話「泣けないチャンドラー」はフィービー程じゃないけど複雑な家庭で育ったチャンドラーの“心が死んでる”事実が発覚、何故か泣かせようと必死なモニカが笑えます…そしてフィービーのAVクイーン疑惑、実は双子の妹アースラでした!って何だそりゃ?
ともあれ前話からのジル×ロス関係はレイチェルの思惑どおりに決着、そこでチャンドラーの心がまさかの蘇生って演出が傑作〜!笑
ふと思ったのだけど、西洋ではアニメだけじゃなくパントマイムが演技の基礎にあるんじゃないかなぁ…ロスだけじゃなく、みんな顔オチが上手いというか脚本に仕込んであるっぽいし?

第15話と第16話は「空想世界でつかまえて PART1」&「PART2」、メイン・キャラ各々が想像する(別な人生の自分)達が繰り広げる騒ぎという…まるでドリフの「もしものコーナー」ですがネタ切れでしょうか、わざわざOP映像まで(痩せなかったモニカ)で撮り直してる凝り様には笑っちゃいましたけど。
今まで何度か言及されていた、ちゃりぽつモニカ!…アゴが肉布団を突き破りそうですが、見事なブーデー演技で昔の恋人と継続中。
唯一まともな会社員のチャンドラーも空想世界では売れないダジャレ作家、フィービーは何故かメリルリンチの切れ者ディーラー!笑

ジョーイは干されたドラマに今も出演中の有名俳優、言い出しっぺのレイチェルは元婚約者を親友に寝取られず有閑マダムに…そしてロスは最初のビアン妻と離婚してなかったら今頃は、という設定で展開します。
街中でレイチェルを見かけたロスは、妹にも会ってけと例のカフェへ案内します…因みにロスは高校時代にレイチェルを口説いてた、というネタが以前のエピソードにありましたっけ。笑
カフェでは金欠のチャンドラーをジョーイが助手に雇って援助するという逆転の構図が、そしてレイチェルはドラマで観ていた有名人ジョーイに心を奪われてロスの秋波も眼中なし!笑

ゆるかわキャラのモニカ&ババ臭いレイチェルは、これぞ演技力!という感じ…まったく違う人生を選んでもチャンドラーとモニカは恋に落ちるし、ロスもレイチェルも結婚は続かないというオチって考えようじゃ「マクトゥーブ」ですな。
だけどシメが恒例のフィービー弾き語りは強引だろ、空想世界のギスギスな彼女が一転して通常運行?…じゃなくてラストだけ通常進行に戻ったのかなー、いきなり歌オチはズルいぞ?笑
しかしシーズン6だけ観ている僕でも混乱せず楽しめるのは脚本チームの力量でしょうな、今まで積み重ねてきた過去ネタを使わない事がネタになってる的な。

ちなみに今回の各話タイトル、最初の2話は邦題と原題で一致してましたが後半の「空想世界で〜」は原題が“THE ONE THAT COULD'VE BEEN PART 1 & 2”…この“could have been”に含まれるニュアンスが分かるとまた面白いのかもなぁ、そういえばモニカの“I'm slut!”が「アバズレ!」に聞こえたのは僕だけ?笑
それと特典メニューにレンブランツと出演者による「I'll be there for you」PVだけでなく、キャスト&クルーの紹介文も収録されておりました…ジェニファー・アニストンの名付け親がテリー・サバラスだったとは驚きでしたけど、まぁそれ以外は特になし。


関連記事:
「フレンズ」シーズン6/エピソード1〜4| 2017.10.01
「フレンズ」シーズン6/エピソード5〜8| 2017.10.09
「フレンズ」シーズン6/エピソード9〜12| 2017.10.15

「フレンズ」シーズン6/エピソード17〜20| 2017.10.31
「フレンズ」シーズン1/エピソード1| 2017.11.11
「フレンズ」シーズン6/エピソード21〜25| 2017.12.23


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

『Friends S06 Opening The One That Could Have Been』(この2話のために新規撮影したようで、本編では使用されてないカットも多数)


『Friends- Monica and Chandler after having sex! loool』(チャンドラーに“お花”を捧げて嬉しそうにアバズレ宣言するモニカ、0:15辺りです)


『Friends s06e13 I'm a slut』(こちらは「妹はライバル」で妹ジルをたしなめようとして墓穴を掘ったレイチェルによる、自虐的アバズレ発言)
0
    | cinema | 2017.10.25 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top