ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
片岡義男「彼とぼくと彼女たち」

再読です。
本作は、題名のないショート・ストーリーが40編、収録されています。
僕は本書を短編小説集だと思っていたのですけれど、あとがきを読むと実はエッセイ集だったようですね…エッセイというのは必ずしも身辺雑記という訳ではなく、著者にとっては商業広告として依頼されたショート・ストーリーもまたエッセイに含まれるようです。
それで例として再録された、ある洋酒を“肯定的なかたちで文中に登場させて”書かれたエッセイが本編を読み解くカギとして使えそうだと僕は考えたのです。
でも流石に、具体的な商品名は本編に出てきません。

というか、どれも商業広告にしては長すぎると思うんですよね…それに何かの宣伝になるような内容でもなかったりで、当初の目論見は外れてしまったのです。
ただ、ふとサーフィン雑誌に彼が連載していた文章を思い出したんですね…あの感じに、似てる気がして。
なんといいますか、どこに焦点が合っているのか分からない奇妙な読後感が印象に残っていたのですが…その感想は考えてみると彼の小説全般にも当てはまるように思えてきて、今更ながら(この作家は何だ?)と不思議になってきました。
少なくとも、彼の書く人物は「金持ち喧嘩せず」を地で行く美男美女なのです。

その点は、自身でも“苦労を知らずに、きちんとした家庭のなかですんなりと育ったような、頭のいい、人好きのする、明るい女性”と描写する位に意図的なんですよ…苦悩も葛藤もなく、修羅場も愁嘆場もない精神衛生の保たれた世界。
おそらく著者の作風をカタログ的と評する論調はあった事でしょう、でも何故こんな平坦な視線に虚無的な感覚を受けるのだろう?
“日本でありながら身のまわりすべてが完璧にアメリカという不思議な環境のなかで育ちつつあった少年時代”に著者は、友人宅で初めて掘り炬燵に「お入りなさい」と言われ四つん這いで頭から入ったのだそう。

そして男同士で「冷えたミソ汁」の旨さを語り合う場面に漂う、意外な程の昭和的四畳半臭…著者はそのアメリナカイズされた生育環境に起因する独自性を自身のセールス・ポイントと自覚しつつも、傍目からは気付かない程そこにアイソレーションを抱いていたのでしょう。
そのように仮定してみると、80年代前半に栄華を極めた作風から年齢と共に下町の風景写真へとシフトしたのも分かる気がしてきます…むしろ、分かりやす過ぎて違和感もありますが。
映画的な描写と洋画字幕じみた会話文、そして飽くまで昭和でフィルタリングしたアメリカっぽさが著者ならではの妙味なのです。


〈片岡義男〉関連記事:
【最近読んだ本】片岡義男「名残りの東京」| 2009.11.21
【最近読んだ本】片岡義男「頬よせてホノルル」| 2010.02.25
【最近読んだ本】片岡義男「今日は口数がすくない」| 2010.03.09
【最近読んだ本】片岡義男「彼とぼくと彼女たち」| 2011.10.29
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」| 2012.01.01
【最近読んだ本】片岡義男「缶ビールのロマンス」| 2013.08.01
【最近読んだ本】片岡義男「缶ビールのロマンス」(再読)| 2016.12.01
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」(再読)| 2018.01.31
【本日の脳内BGM】1982年 パイオニア ロンサムカーボーイ(60秒)| 2018.06.19
【最近読んだ本】アーヴィング・ペニグ(著)、片岡義男(訳)「メシア・ストーンズ 聖なる石をもとめて」| 2018.09.12
【最近読んだ本】片岡義男「波乗りの島」| 2019.04.24

以下、個人的メモ

“コロラド河ほどに人間によって管理され、利用されている河は、珍しい(中略)あまりにも多くの人たちのために、あまりにも多様的に利用されていて、河を流れる水の絶対量そのものが、危機に直面している(中略)灌漑用水のコントロールがいきとどきすぎていて、天然の雨はやっかいものとさえなっている(中略)灌漑によって農地をうるおした水は、再び本流にかえってくる。だが、塩分が多くなっている。その、塩分のもっとも多くなった水がコロラド河として最後に流れるのが、最下流域のメキシコだ(中略)いくつものダムによる連携したコントロールや水力発電の規模の大きさで、あるいは、蒸発やしみこみをふせぐための地下水路など、アメリカにおけるいきとどいた水のコントロールにくらべると、メキシコを流れるコロラド河は、素朴ではあるけれども、いかにも頼りない”(p.80)

“労働者たちの報酬は一時間の最低保証額が三ドルに満たないが、リンゴの収穫期には、二五ブッシェル入りの木箱ひとつをリンゴでいっぱいにして七ドルになる。夫婦で働き、さらに手伝ってくれる子供がふたりいたとすると、一日に二五箱はこなせる。テキサスやアーカンソー、カリフォルニアなどから、収穫期になると移動労働者たちが集まってくる”(p.124)
“リオ・グランデ・ヴァレーで綿花、野菜、柑橘類を収穫して、インピーリアル・ヴァレーで野菜、そしてサン・オーキン・ヴァレーではアプリコットとピーチ。それからオレゴン州とワシントン州でチェリー。そのあと、このヤキマ・ヴァレーのリンゴを収穫する。秋になって学校がはじまると、夏のあいだずっといっしょだった二人の子供たちを、グレイハウンドの長距離バスに乗せ、アーカンソーのおばさんの家へ帰す。感謝祭には夫婦でアーカンソーに帰り、そのあと、ふた月、フロリダに移動して柑橘類の収穫をおこなう。クリスマスのホリデーには再びアーカンソーに帰り、それからまた六ヶ月、移動労働の旅に出る(中略)移動労働者になる運命から脱出するためのまず最初のステップは、学校教育だ(中略)だが、たとえばあてにしていたフロリダの柑橘類が不作でそこでの労働がふいになると、年収の三分の一がなくなってしまう。こうなると子供も労働を手伝わなくてはならず、子供たちは事実上は文盲にちかいまま成長し、やがて移動労働者となる”(p.125)
0
    | books | 2017.11.09 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top