ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS2ソフト「幻想水滸伝III」

再度ルック編をプレイ、今度は最初からPARで「所持金&全パラメーターMAX+紋章の使用回数9」の秘技コードを使用…もうトカゲの斬撃を食らおうとダメージは1です、そしてまたもや剣や風魔法ではなく強火で焼いちゃった!笑
今回は儀式の地でササライと対決するイベントで、トーマス不在バージョンを確認するのが目的です…なので台詞はボタン連打で早送り、とはいえ前回よりもルックの逡巡が分かります。
しかしながら、シンダル遺跡でジンバが語る話に矛盾を感じてしまいましたよ…ルックを挑発しての時間稼ぎにせよ、運命の呪縛をクリスに受け継がせるかね?

子を持って知る喜びは理解しますが、普通の感覚なら真なる紋章に強いられた不老の辛苦など娘には味わわせたくないんじゃないかな…まさか彼女に英雄の資質があるとは気付かなかった、とは言わせませんよ?
というかね、紋章をルックに渡す位なら暴走させちまえ!って発想も無茶苦茶だろ…まぁそれだけの脅威と知っての判断だったのだろうし、下手な輩に継承されるよりは信頼に足る我が娘を器にと考えたのかなぁ?
現代に置き換えてイメージするなら戦術核の起爆スイッチでしょうか、その管理後継者の適性を見極めるまでは死にきれないといった心境ならば致し方ないか。

真なる紋章が、その宿主となった人に見せる悪夢のようなビジョン…ルックの言う囚人とは、むしろ先ず継承者である彼自身ですな。
そしてルックの行動を阻もうとしたジンバさえも、非常手段とはいえ結果的にルック同様「真なる紋章の破壊」を実行しようとした…戦術核が存在する限り世界に平和は訪れない、ならば使って消しちゃえ!っていう発想になりがちなのか?
あるいはそれこそが、真なる紋章が人に見せる悪夢の成就だったりするのかも。
この狂気は「武器を手にした人は使わずにいられない」という、暴力的な誘惑の最大級ですな…そして、その誘惑が永遠に続く訳で。

理性で封じ込めようとして、逆に理性を手懐けられてしまった…だからこそルックの感情は、最後までブレて抗ったのでしょうか。
その心が、かつて人々と苦しみと痛みを分かち合えた日々を懐かしむ気持ちで己れの浅慮を自覚させたとしたら…敢えてラストバトルに賭けた、ってのも納得。
そんな彼の心を癒すのは、黙って彼に従ってきたセラなのですね…彼女の思いに気付き受け入れるのは何もかもを失った後、というのがまた妙にリアルですな。
シックスクランとゼクセンの対立から黒幕へ、善悪の相対性だけでなく渦中の多彩な人間模様までプレイの度に発見がありました。

そうそう、肝心のササライ戦イベントね!…トーマス&セシル抜きパターンでは一騎討ちバトルになり、これはこれでルックのササライ憎悪の理由が明らかに。
兄は神官将となるも、彼は“紋章の保管庫”というスペアに過ぎなかった…故にレックナートの誘いに乗って神殿を脱し、今度の件も真なる風の紋章はレックナートから奪ったのではなく彼女が哀れみから授けてくれたのだと判明しました。
その哀れみを、ルックは憎きササライに返したのね。
それはそうと、ラストバトル後はフレッド班&ササライ班の脱出劇どころか後日段もカットされてのエンディング・クレジットに!?

まぁ脱出劇はね、トーマス&セシルはササライに同行させなかったしフレッドもラストバトルに加えたから仕方ないとしても…オレンジ城での別れの場面までオミットしたって意味は、もしや生還しなかった的な?
つまりクライマックス攻略の人選で、勝利後の歴史が変わったという暗示か!笑
で、そのエンディング・クレジット後にレックナートの場面となりまして例のセピア色した一枚絵で終幕。
ところで“この世界は、幾百万と存在する世界の一つにすぎない。そして、こんな戦いは何百、何千回と繰り返されてきたものなんだろう”とは、正に「マクトゥーブ」という感じです。


〈クリス編〉第一章| 2015.08.05・・・第三章| 2016.02.24
〈ヒューゴ編〉第一章| 2015.08.19・・・第三章| 2016.01.20
〈ゲド編〉第一章| 2015.10.11・・・第三章| 2015.12.20
〈トーマス編〉第一章| 2015.09.27・・・第二章| 2015.11.08

〈統合編〉
第四章・炎の英雄の待つ地〜チシャの村| 2016.03.02
第四章・ハルモニア戦(チシャの村〜ダックの村〜ブラス城)| 2016.03.09
第四章・オレンジ城を本拠地に定める、全マップ開放、メンバー&倉庫の統合| 2016.03.16
−−−・キャラのレベル上げ、コロク編| 2016.03.22
−−−・オマケ要素(ミニゲーム)の話| 2016.03.29
第四章・オレンジ城〜高速路| 2016.04.05
第四章・シンダル遺跡〜真なる水の紋章イベント| 2016.04.12
第四章・真なる水の紋章イベント| 2016.04.19
第五章・オレンジ城〜クリスタルバレー〜オレンジ城| 2016.04.26
第五章・ゲド編1| 2016.05.11
第五章・ゲド編2| 2016.05.18
第五章・クリス編| 2016.05.25
第五章・ヒューゴ編| 2016.05.30
第五章・ブラス城| 2016.06.16
第五章・ブラス城〜オレンジ城| 2016.06.22
第五章・儀式の地| 2016.06.28
第五章・儀式の地| 2016.06.29
第五章・儀式の地リトライ| 2017.10.10
第五章・最終決戦| 2017.10.17
第六章・レックナートの島〜カレリア| 2017.10.18
第六章・カレリア〜ルビーク| 2017.10.19
第六章・セナイ山〜レックナートの島| 2017.10.26
第五章・儀式の地リトライ| 2017.11.01
第六章・リトライ(ササライ班トーマス不在パターン)| 2017.11.14

〈長命/不老/不死〉関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだマンガ】里中満智子「マンガ ギリシア神話3 冥界の王ハデス」| 2009.05.18
【最近読んだマンガ】荒川 弘「鋼の錬金術師」17巻| 2010.01.16
【最近読んだマンガ】岡野玲子「陰陽師」13(太陽)巻| 2010.03.10
【最近読んだマンガ】高山しのぶ「あまつき」10巻| 2011.06.27
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
【最近みたDVD】「ハンコック」| 2013.02.23
【最近みたDVD】「未来惑星ザルドス」| 2013.03.14
【最近読んだマンガ】沙村広明「無限の住人」30巻| 2013.11.28
【最近読んだマンガ】田辺イエロウ「終末のラフター」| 2014.07.26
【最近読んだ本】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近みたDVD】「AVALON」| 2014.10.28
【最近みたDVD】「THE NATURAL」| 2014.10.31
【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
【最近読んだマンガ】赤松健「UQ HOLDER!」1巻| 2016.10.30
【最近読んだマンガ】茶鳥木明代「デュラララ!!」3巻| 2016.11.23
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
【最近みたDVD】「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」| 2017.03.01
【最近読んだ本】宮部みゆき「あやし」| 2017.10.29
【最近みたDVD】「アデライン、百年目の恋」| 2018.07.01
【最近読んだマンガ】オノ・ナツメ「レディ&オールドマン」VOL.1| 2019.09.07
【最近みたDVD】「さよならの朝に約束の花をかざろう」| 2019.09.23
0
    | game | 2017.11.14 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top