ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたアニメ
妖怪人間ベム「悪魔のローソク」

たまたまTVを点けたら東京MXで放送が始まったばかりだったので、つい観ちゃいました…後からWikipedia情報を見たら第6話だったそうで、元々は「悪魔のろうそく」だったサブタイトルが現在は何故か「悪魔のローソク」に変更されているとの事でした。
僕が観始めたのは、如何にも悪人面な男2人がとあるビルに行くシーンから…そこには存在しない筈の13階へ繋がるエレベーター、そして女教主に片割れを殺された男は邪教への忠誠を誓わされるのでした。
夜の公園で殺人を目撃したベロは、女教主の罠にかかり件(くだん)の場所へ…そして危機一髪、ベム&ベラが救出。

そこから先は女教主が本性を顕してベムに退治される、予想通りの展開ですが。
観ていて妙に感心させられたんですね、昔って自由だったなと…このまま現代でリメイクしたら、主役キャラの造形は今の技術じゃグロ過ぎるしストーリーよりも批判の方が恐ろしいというオチになりそうだよね?
非人間の疑似家族、この設定だけでも現代では通せないでしょ…邪教の祭壇には血の滴る動物の首ですよ、こんなのを子供向けアニメとして流せる社会って今より大人だったよなぁ!と。
逆に、このレベルの絵だから描ける残酷さでもありますが…それにしても、現代の感覚の方が幼稚だよね。

残酷な事件は残酷なアニメやゲームから生じるというなら、むしろ残酷さがオープンだった時代の方が少なかったという理屈は辻褄が合わない訳で…昔より社会が進歩し成熟したのであれば、罰則やタブーを昔よりも必要としている現状ってのも野暮だなと思わない?
これはつまり、進歩=野暮って事なのかもね…それは感じ方の違いだろうけど、実際のところインスタ映えとか歩きスマホとかウザい以前に超野暮ったいから。
懐古趣味ではなく、ちょっと進歩を間違えちゃった未来にいる自分を発見したような気にさせられました。
こんな人間でも、なりたいのかなぁベムベラベロは?

あ、そういえばWikipedia情報でビックリしたのは本作がアニメと漫画でリメイクされてたって事…流石にオリジナル版から改変されまくってるみたいですが、しかし大したもんだわ!
それと、オリジナル版が制作された時期は妖怪ブームだったようで…また独特な背景の異国性は韓国で制作された“事実上の逆輸入アニメ”であり、海外輸出を前提とした作画方針にあったのだそうです。
なるほどな、言われてみれば初めて韓国に行った時に迷い込んだソウルの裏道で感じた既視感ってコレだった気がします。
ともあれ子供の頃は「妖怪人間ベム」と「猫目小僧」が(コワイけど観ちゃうアニメ)の双璧でしたっけ、それはそうと本作の効果スタッフに赤塚不二男とありましたが漫画家の赤塚不二夫とは別人なんですよね?
0
    | animation | 2017.11.22 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top