ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
村上龍「空港にて」

これまた再読、前に読んでいて(片岡義男っぽいな)と感じたのを思い出しまして(じゃあ読み比べでみよう)と…ただし著者の作風が似てるとかいう意味ではなく、本書の文体が似てるように感じたからなのですが。
まぁ結果からいえば、あんまり似てなかったですね。
確かに本書は、どの短編も情景が映画的かつプラグマティックに書かれているとは思うのです…だけども登場人物の誰も内面を吐露せず情景描写に徹している片岡作品に対して、本書は第三者視点ではなく語り手たちの目線を通じてその内面が重点的に描かれていて。
思考の揺らぎや他人との関係に、人間臭さがありますね。

片岡作品を字幕付きの洋画に例えるなら、差し詰めこの短編集は邦画でしょう。
描写の生活臭と肉感に加え、心情的な起承転結が明確なのです…冒頭の「コンビニにて」で連想したのはアニメ映画「イノセンス」の緻密なCGで棚に並ぶ商品まで再現した店内でして、むしろ片岡作品とは読み比べてみると大違いでした。
芝居の一幕物みたいに連続した時間と空間で、語り手の回想としてカットバックを織り込む手法を著者は“時間を凝縮させた”と表現していますが…場所を移動したり数分のタイムラグはあるにせよ、現状に至る過去の記憶に耽溺する心の動きが生々しくて濃密です。

あとがきによれば、留学情報誌のために書かれたのは「コンビニにて」「居酒屋にて」「公園にて」「クリスマス」の4編…そして別の掲載誌に書いた「駅前にて」「カラオケルームにて」「披露宴会場にて」「空港にて」の4編もまた“他人と共有することのできない個別の希望”を意図したそうで、コンセプチュアルな統一感によって本書は8つのエピソードで構築された長編にも感じられます。
著者は作中に登場する、成金趣味ではない気でいる成金や集団就職を棄民政策のように思っている人物らを肯定も否定もしませんが…こうした人たちの坩堝に自らを置き徹底して観察してきたのだと感じ、とても真似出来ないと思いました。


〈村上龍〉関連記事:
【最近読んだ本】リチャード・バック(著)「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】はまのゆか(絵)、Ralph McCarthy(訳)「ポストマン」| 2009.09.15
【最近読んだ本】ベン・シモンズ「東京欲望」| 2011.05.07
【最近みたDVD】村上龍「CUBA〜音楽の勝利」| 2013.01.02
【最近読んだ本】村上龍「空港にて」| 2014.01.01


以下、個人的メモ

“他人の笑い声は暴力的だ”(p.14「コンビニにて」)

“赤ん坊や幼児の表情はわかりやすいが、老人の表情はわかりにくい(中略)痴呆症の老人は幼児に戻っていくのだそうだ。だが彼は表情がわかりにくい幼児になってしまうのだ。表情のわかりにくい幼児の面倒を見るのは簡単ではないだろう”(p.15「コンビニにて」)

“もし本当に犯人なら、あの女はどうして夏祭りのカレーに毒を入れようと思ったのだろうか。何かを終わりにしたかったのだろうか。それとも何かを始めようとしたのだろうか”(p.72「公園にて」)

“政治家とか大企業の社長とかは別にして、その他の国民には大した差はないと思っていたわけです(中略)国民が欲しがるものは、だいたい国民みんなが買えるものでした”(p.87「カラオケルームにて」)

“要は何が問題なのかわかってないから、怒ってごまかすだけなんだよね。原因がわかってないと、ものごとは絶対に解決できないんだ。ユイさんは自分の何が問題なのかを知っている。だから解決策を発見したんだよ”(p.176「空港にて」)

“社会の絶望や退廃を描くことは、今や非常に簡単だ。ありとあらゆる場所に、絶望と退廃があふれかえっている。強力に近代化が推し進められていたころは、そのネガティブな側面を描くことが文学の使命だった(中略)近代化が終焉して久しい現代に、そんな手法とテーマの小説はもう必要ではない”(p.182「あとがき」)
0
    | books | 2017.11.21 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top