ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
リチャード・バック(著)、五木寛之(創訳)、ラッセル・マンソン(写真)「かもめのジョナサン【完成版】」

あのカモメが、約40年の時を越えて帰ってきた!
3章立てだった旧版に「Part Four」を付け加えた【完成版】、実は新たに書き足したのではなく'70年に旧版を発表する前から書き上げられていたのだそう。
例えるなら、ビートルズの未発表トラック的な?…まぁ研究者には資料的価値があるでしょうけどね、当時の著者が推敲を重ねた結果(この物語に不必要ない)と判断じて削除した最終章。
それは後に書かれた「ONE」の(ページ教)というエピソードに反映されている気がして、やはり本書は旧版の方がスッキリまとまっていると思いましたよ。
「Part Four」は蛇足。笑

Amazonでのレビューを見ると、旧版は刺殺されたオウム真理教の元幹部が愛読書として公言していたようで…それを本書の内容に絡めて、だから何?って気が。
それだけ読み手に委ねる間口の広さを示している、という意味では興味深いと言えますけどね…まぁ気味が悪いなら読まなきゃ好いです、多分そういう人には面白がれない物語ですから。
因みに訳者はこの【完成版】から“創訳”と謳っていますが、旧版のあとがきにも“創作翻訳=創訳”の記述がありました…要は既に日本語化してある原訳を下敷きにして、訳者は小説家である自身の言葉へと移し変えただけだったのです。

なるほど、つまり村上龍は先例に倣っていたのか!
因みに村上訳の「イリュージョン」は、本書と対になっているような印象がありますね…フレッチャー若しくはアンソニーを主人公リチャードに、ジョナサン・シーガルをドナルド・シモダに置き換えたら一つの事象を二つの側面から描いたと解釈も出来そう。
野暮は承知で、初版'77年の旧版と本作との違いを探してみたら…“「無事着陸を祈る、ジョナサン」(旧版p.58)”が“「さようなら、ジョナサン」(完成版p.68)”に変更された程度で、他は写真のコントラストが弱くなって旧版より淡い位ですが写真を目立たなくしたいのか(カット数は増えてるけど)?

ところで今って、著者の奥さんはレスリーではなくキャサリンというのね…「ONE」や「僕たちの冒険〜翼にのったソウルメイト」でのラブラブっぷりを思うとこっちは寂しい気持ちになりましたが、著者ほどの理解をもってしても男女の機微はまた別問題とは深いなー。
例えばジョン・レノンだって、生きていたら今頃はオノ・ヨーコじゃない誰かと「ベッド・イン」しただろうと思えば分からなくはないんだけども…結婚しようが愛情なんて永遠じゃなく、魂の成長の一過程に過ぎないと理解していてもね。
既にレスリーとは一緒じゃなくなっていた、その事の方が本編よりも様々な事を考えさせてくれましたよ。


〈リチャード・バック〉関連記事:
【最近読んだ本】平五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2008.06.08
【最近読んだ本】村上龍 (訳) 「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】平尾圭吾(訳)「ONE」| 2009.08.28
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2010.12.26
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2011.02.03
【最近読んだ本】佐宗鈴夫(訳)「イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験」| 2014.01.07
0
    | books | 2017.12.21 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top