おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
THE KEANE BROTHERS「TAKING OFF」

ずいぶん前に、キーンの名を騙るショボいバンドのCDを聴いちゃった事がありましたが…なんと本家本元の音源がCD化されていただけでなく、近所の図書館に置いてあったとはね!
って、いや確かに本作はブラザーズ名義のセカンド&ラスト・アルバムですけども…この2年後の'81年に彼らは再びメジャーへと返り咲き、4人編成のKEAN名義でリリースした「ドライヴィング・サタディ・ナイト(原題:Tryin' to kill a saturday night)」が日本でヒットしてTDKのCMにも出演する訳で。
といった経緯は、本盤解説の金澤寿和(としかず)なる人物の受け売りですが。笑

この金澤氏、なんと10年がかりで'11年にCD化を実現させた功労者でもあるようで…しかし個人的に興味深かったのは原盤権の交渉で“リサーチ能力に長けた韓国のリイシュー・スタッフに投げたところ”トントン拍子に話が進んだ点です、前に聴いた「ジョー&ビング」をCD化したのも韓国のリイシュー・レーベルだったのが不思議でね。
廃盤で需要が高騰している音源を発掘し、原盤所有者と交渉して再販する専門レーベルは日本が出遅れてるだけなのか…それなりのセールスが見込めてレコーディング費用が要らないのだから、商売として旨味たっぷりな気がするのになぁ?

それはさておき本作ジャケ写、白いピアノの前でダサいポーズ取ってるのが兄のトムで'79年のリリース時なんと15歳…そして手前のドラムセットでエアー・スティック構えてるのが弟のジョンで当時14歳、こんなジャケ写じゃ彼らだって復刻したくないだろうさ。笑
2年前のデビュー作を手掛けた時に新米だったデヴィッド・フォスターは本作でTOTOのデヴィッド・ペイチと組んで2曲のみプロデュース、他8曲の担当はモータウン専属の作曲チームとしてヒット連発した一員ラモン・ドジャー…パーカッションにバウリーニョ・ダ・コスタ、ギターに変名でデヴィッド・T・ウォーカーが参加しています。

CD化にあたり特にリマスタリング的な事はしなかったようで、当時のカセットデッキでダビングしたテープを聴いてるようなモコモコした音質に懐かしみを感じますね…確かに15歳の少年が作曲したとは思えない楽曲なのですが、突出した印象のないブルーアイド・ソウル風ポップスです。
聴きどころは、やっぱり特徴的なデヴィッド・T・ウォーカーらしいフレーズですかね…全体が余りに手堅くまとまっていて面白味はありませんが、一本調子な訳でもないし楽曲の完成度も高いので名盤級の出来かと。
因みに「Dancin' in the moonlight」布袋寅泰のカバーとは別物、と思う。笑


補足:「Dancin'〜」は、King Harvestというバンドのカバー曲みたいです。で、布袋の曲は彼のオリジナルで、しかも「Dancing in the moonlight」でした。笑
0
    | music | 2018.01.06 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top