ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
アルフレッド・ベスター(著)、中田耕治(訳)「虎よ、虎よ!」

寺田克也の印象的なカバーイラストが気になってはいたものの、定価(+送料)で買ってまで読もうとは思わず放置していたら…たまたま¥200の古本を発見、送料が¥257でも買うなら今だ!
といった次第で、古典的SFの名作と誉れ高い本書を遂に入手しました…ちょうど「紫色のクオリア」に興味を抱いて検索したら本書のオマージュ的な要素があると知り、では先ず本書から読んでおこうかなと。
だけど個人的には、それほどかぁ?といった感じでしたね…リアルタイムで読んでたら違ったのでしょうが、名作故に散々パクられまくって今となっては新味が薄れてしまったのかも。

あ、結構ネタバレありますので予めご注意くださいね…と予防線を張っといて早速ですが、この「凡庸な男が神の座に至る」という神話の世界そのまんまなストーリーの骨格に関しては度々「新しい太陽の書」シリーズを連想しました。
名もない人物の放浪流転が雪だるま式に視野を拡げ、やがて驚くべき世界の全貌を明らかにしていく的な。
まぁ本書の主人公ガリー・フォイルは能動的ですし、本書の方が先に書かれた訳ですし…そもそも「モンテ・クリスト伯」の復讐譚を下敷きにしたという本書、自分を見殺しにした者への怒りに駆り立てられ、巨大な権力や絶望をも凌駕していきます。

'39年にSF作家として登場した著者は、40年代をアメコミやテレビの脚本家として過ごし50年代にカムバック…'56年の本書などで名を馳せるも60年代は旅行誌ライターやテレビ業界の内幕物に専念、70年代に三再びSF小説に復帰するも80年代から闘病生活の末に永眠したそう。
本書の初邦訳は'78年、という事は石森章太郎が「仮面ライダー」の改造人間や「サイボーグ009」の加速装置を着想したのは原書に由来するのかな?…共感覚の描写に用いたフォントの手法は邦訳から間もない時期に模倣され、寺沢武一は「コブラ」でその視覚的表現を試みていましたね。

もしかしたら「新しい太陽の書」シリーズを連想してしまったのは、その分量に匹敵する程の奇想天外なアイデアが凝縮されているせいなのかも…とにかく矢継ぎ早に新たな難関が迫り来る目まぐるしさは、連載物にありがちな感もあり。笑
宇宙船の残骸で救助を求める序盤から、人体改造を施されて生還した地球で宇宙船を見付け出すも暗黒の迷路で終身刑となる辺りで1巻分かな…闇医者の整形でサーカスの座長になりすまして密かに当時のクルーを捜し回る辺りで2巻、火星のカルト教団に潜入してから怒涛のクライマックスまでを3巻としても充分な位、勢いよく話が展開します。

脇役達も小惑星帯の原住民やら宇宙移民出身のテレパスやら、放射能まみれの科学者にダルマ状態のカルト信者などキャラ立ちまくりで。
更に星間戦争が勃発するわ究極兵器が出てくるわ、復讐に生きる男もラストは時空に呑まれて最終解脱しちゃって…っていうこの「8時だよ!全員集合」前半コントのバラシみたいな投げっぱオチが、一番「新しい太陽の書」っぽいんじゃ?笑
二十四世紀は宗教が廃れてもスコダとかシトロエンとかRCAビクターといった企業が貴族の家系になっている政治的レトロフューチャーって70年代に流行ったのかな、その辺は微妙に「未来惑星ザルドス」っぽい気も。


追記:本書の初邦訳は、Wikipedia情報によると“1958年に講談社SFシリーズの1冊として『わが赴くは星の群』の書名で刊行された”そうで、その後“1964年に早川書房のハヤカワ・SF・シリーズから再刊されたときに『虎よ、虎よ!』に改題された”との事でした・・・因みに'78年はハヤカワ文庫版としての刊行年で、僕の(石ノ森章太郎が原書で読んだ説)は思いっ切り勘違いでした。訂正してお詫びします。


関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】トム・ゴドウィン・他「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近読んだ本】うえお久光「紫色のクオリア」| 2018.01.09
【最近みたDVD】「クロノス・ジョウンターの伝説」 | 2020.01.01

〈50年代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】杉浦茂「猿飛佐助」| 2009.09.04
【最近聴いたCD】セロニアス・モンク「モンクス・ミュージック+2」| 2009.09.08
【最近聴いたCD】オーネット・コールマン「世紀の転換」| 2009.10.05
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近読んだ本】木寺紀雄「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】サン=テグジュペリ(著)、堀口大學(訳)「人間の土地」| 2010.02.02
【最近聴いたCD】レスター・ヤング「プレス」| 2010.07.01
【最近聴いたCD】ロバート・プラント&アリソン・クラウス「レイジング・サンド」| 2010.07.20
【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
【最近読んだ本】山本周五郎「雨あがる」| 2010.10.24
【最近聴いたレコード】ビル・ヘンダーソン「モーニン」| 2011.02.21
【最近聴いたCD】V.A.「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近聴いたCD】「The Best Of Miles Davis & John Coltrane (1955-1961)」| 2012.11.11
【最近聴いたCD】THE CECIL TAYLOR QUARTET「Looking Ahead!」| 2013.02.24
【最近読んだ本】ジャック・ヴァンス「ノパルガース」| 2013.04.21
【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
【最近みたDVD】「ベン・ハー」| 2014.06.11
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】トム・ゴドウィン・他「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近みたDVD】「アイアン・ジャイアント」| 2014.12.03
【最近みたDVD】「ティーン・ビーチ・ムービー」| 2014.12.28
【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近読んだ本】ロベール・ドアノー「ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式」| 2016.04.17
【最近みたDVD】「バック・トゥ・ザ・フューチャー」| 2016.09.21
【最近みたDVD】「クイズ・ショウ」| 2017.02.04
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21
【最近みたDVD】「グローイング・アップ5 ベイビーラブ」| 2018.11.22
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15


以下、個人的メモ

“あなたはあるがままの人生をうけ入れることができずに、それを拒否しています。それを攻撃しているのよ……それも自分の型(パターン)にむりにはめこもうとして。あなたは自分の狂気の型(パターン)を邪魔するすべてのものを攻撃し、破壊するのよ”(p.292)

“あなたが懐疑にとらえられているからといって、世界に停止を要求なさってはなりません(中略)人生は奇形です。だからこそ、それがその希望であり栄光なのです”(p.420)

“民衆を子どもあつかいするのはよせ。そうすれば、彼らは子どものようにふるまうのをやめるだろう。監督者のように行動するきみたちとは、いったい何者だ?(中略)ただ自分が他人に対して強制力を持つという理由だけで、世界にかわって決定するわれわれとは何者なのだ?(中略)それなら彼らが責任を回避するのをやめさせたらいいじゃないか。その義務と罪業を奇形人の肩におしつけるのをやめさせたらいい”(p.426)

“おれは民衆を信じている。おれは虎になり果てるまでは民衆の一員だった。おれのようにたたきのめされて眼ざめさせられれば、誰だって凡人ではなくなることができる”(p.427)
0
    | books | 2017.12.30 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top