(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「夢みるように眠りたい」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

オーディオ・コメンタリー「林海象×佐野史郎 対談解説」で再視聴です、しかし開始後1分以上も経ってから喋り始めるなよ…本編が無声映画だから放送事故とは思わなかったけど、ビックリするじゃないか。笑
あれから15年、という思い出語りのせいか喋りの間が悪いな…って仕方ないですよね、まぁ音声解説が上手いって滅多にないけど。
それにしても“協力・大林宣彦”に関する発言が一切ないとは、公開当時は「あの大林監督が!」的な売り文句に使ってたけど結局どう関わってたのやら?笑
最初は佐野の役を忌野清志郎に打診したものの、本人まで伝わらなかったそう。

あがた森魚の手伝いをしていた林が遠藤賢司のコンサートを観に行き、前座でギター弾いてた佐野と嶋田久作を発見…この2人の他に飴屋法水もカメラテストにいたそうで、もしかしたらMパテー商会の顔触れが違っていたのかもしれないと思うと興味深い話です。
佐野はというと、ずっと“あがたさんの映画だな”と思っていたのだとか。笑
劇中劇の隈取りメイクは自分で、しかも筆ペンで描いたらしい…因みに彼の演じた探偵・魚塚甚の由来がウォッカ&ジンって、気付かなかったのが妙に悔しい!
まぁ酒どころか茹で玉子ばかりだもんな、あれもハードボイルドに掛けてたの?

とはいえ、ハードボイルドより江戸川乱歩の推理探偵物を意識したようで…玉子も貧乏探偵というだけじゃなく画面のシュールさとハンプティ・ダンプティの暗喩が、って後付けだろ!笑
画的なシュールさでは仁丹塔内部の階段ですな、まさか実物だったとは…今じゃ資料映像として貴重ですよ、浅草界隈の他にはMパテー追跡シーンを撮った青山の同潤会アパートなど正に不動産バブルの魔手からギリギリ間に合った感が。
現存する千駄ヶ谷ガード下も、面影はないよね…チラッと映るカルピス看板への言及で、本作の直後ぐらいに起きた「ちびくろサンボ問題」を思い出しました。

こうして観直していて分かったのですが、つまり僕が“70年代クヨクヨ邦画”に求めていた要素って本作に詰まっているんです…ズバリ東京の古い街並み、写真に映らない気配ね。
Mパテー商会の紙芝居や露天の手品興行シーンが浅草寺裏なのは即座に気が付きましたけど、見物客が実際の参詣客とはね…なるほど道理で(イイ面)してるとは思ったけど、大泉滉に客寄せさせてたのも凄いな!笑
櫛屋のシーンは「襖の向こうで民家の住人が夕飯食べてる間に玄関を借りて撮った」とはビックリですが、月島邸が「新国立劇場になった試験所」って…建て替え前、調査発掘したよ僕!

ヴェネチア映画祭では大絶賛されVIP待遇を受けて(映画ってこういうものか)と勘違いしちゃったなどの話からは、国内での過小評価ぶりが伺えます…ニューヨーク映画祭で仲良くなったデヴィッド・バーンと浅草でおでん食ったとか、ブラジル映画祭で知り合ったブレイク前のジョナサン・デミ監督と旅行したとか。
また劇中の女優禁止条令は架空の設定ながら、ヴェネチアのご婦人方は「イタリアには昔あった」と泣かれたり「子供の頃に観た映画みたいだ」など共感しきりだったそう…アメリカで依頼を受けた、設定を赤狩りの時代に置き換えた脚本が映画化される日が楽しみ!

そういえば林監督、ズブの素人とはいえ高校時代に8ミリで撮ってはいたのね…19歳で上京して数年は寺山修司の天井桟敷に身を置いていたというから、全く無縁でもなかったのかな?
しかし映画業界のツテは知人の知人だった長田カメラマンのみ、製作予算の500万をかき集めて少年時代からの夢に賭けたラストチャンスが本作だったとか。
撮り方は“黒澤明の「のら犬」ってのを5回ぐらい観て、それで大体わかった”と言い、撮影期間は16日で1日99カット撮る日も…普通80分の映画なら5〜6倍のフィルムが要るのに、1.5倍で足らしてしまったとは崖っ縁の心意気?

三宿の自宅、四畳半でのタイトル撮りでは外からカメラを回したそうで…撮影フィルムも35mmでなく16mmだったので、編集時に肉眼で繋げず顕微鏡のレンズを目にはめてハサミで粗繋ぎ!
編集したら撮った分ちょうどで“1カットも捨ててない”という徹底ぶりは、フィルムを大事に回す往時の空気を意図せず再現したのかも…ともあれ字幕の“約束どうり”は、やはり単なる誤字に過ぎなかった?笑
DVD「特典映像」には「林海象直筆企画書」と和田誠っぽいパンフレット表紙やチラシなどのスチル画像「宣伝素材」を収録…他に劇伴部の頭出し「オリジナルサウンドチャプター」や「オリジナル予告篇」も。

主な出演者は以下のとおり。
佳村萠(月島桔梗)
吉田義夫(依頼主の代理人)
大泉滉&あがた森魚(Mパテー商会の手妻師、宇宙独楽売り)
遠藤賢司(駄菓子屋)
梅津和時(軽業師)


追記:本作に関する記事で面白かったサイトとブログを、個人的メモ代わりにリンク。
佐野史郎HP「橘井堂」/映画人としての佐野史郎/映画主演デビュー『夢みるように眠りたい』1998/2/6
(若干ネタバレあり)個人ブログ「一夜一話」/邦画評だけ見る 直近50作/映画「夢みるように眠りたい」監督:林海象2014-09-18
(ネタバレあり)某企業スタッフのブログ「staff blog」/ABOUT THE FILM/映画「夢みるように眠りたい」2014年9月3日

以下、「staff blog」さんの当該記事より林海象監督の発言を引用させていただきます。
林 海象「私の処女作」

 1984年。27才の時、始めての映画「夢みるように眠りたい」を私は製作・監督した。それまでの私は映画界とは無縁で、社会の底辺をその日暮らしの生活で徘徊していた。
 19才で上京し、27才までの間20数種のアルバイトをし、10数回の引っ越しをしていた。毎日500円以上使わないと決めた生活は、私の身体を極限にまで痩せさせ、寝返りをうつと自分の骨盤でお腹の皮が挟まり痛かった。その頃、目を閉じ自分の将来を想像してみたが、見えるのは真っ暗の闇だけで、その闇の怖さにゾッと寒けを覚えた。映画監督には16才の時からなりたかったが、どうやってなるのかは皆目見当がつかなかった。いろんな仕事についてはみたが、長続きするものはなく半端な人生、それが私の青春であった。26才の時弟が死んだ。私は決意し「夢みるように眠りたい」の脚本を書き始めた。一か八か、夢みた映画監督に自分がなれるかどうかの最初で最後の賭けであった。脚本は何とか書き上がり、映画界にすむプロデューサーという人に会ってみた。彼は言った「この映画は1億3千万ほとかかるよ」。私は言った「集めてもらえるのですか?」。答えは「君のような無名に誰がお金をだしますか」であった。その答えは 今思えば無理もない。私は自分でこの映画を製作することを決めた。製作費は500万円と勝手に決めた。その頃ピンク映画が一本350万円で撮っていると聞いたので、それくらいあれば80分の映画ができるのではないかと思ったからだ。ただその頃の500万円は、一日500円で暮らしていた私にとって5億円くらいの響きがある大金だった。とにかくその資金を借りる算段とともに、スタッフ・キャストを集めだした。全員ノーギャラという無茶苦茶な条件で。スタート時のメンバーは、撮影の長田勇市氏、照明の長田達也氏、と私の3人だけであった。そこから美術の木村威夫先生が参加してくださることになり、キャストでは吉田義夫さん、深水藤子さんなど往年の名俳優たちが無償で参加してくださった。俳優の佐野史郎は、この映画が私とともに処女作で、遠藤賢治さんのコンサートでギターを弾いていたところを発見した。私の処女作は白黒の無声映画で、今でこそ白黒は銀幕において再評価されているが、その頃は「白黒なんて、ケッ!」という時代だった。さらに無声映画など誰一人見向きもしなかった。だがそれがこの映画の魅力であった。
 映画はせめて普通であってほしくない。普通の社会の底辺にいた私は、そう切に願っていた。社会は映画よりもっと残酷である。映画のリアリティーは現実に遠く及ばない。それなら思い切って映画は夢の部分を描くべきである。
 白黒無声という手法は、観客に想像する部分を残す映画手法である。私はそこに自分の前半の人生全てを賭け、多くの協力者を得て、私の処女作は完成し、自主配給され、多くの観客を動員した。もし映画監督になっていなかったら、私は間違いなく犯罪者になっていたと確信している。(2003/3/19)
0
    | cinema | 2018.01.23 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://mot.lanikeha.gonna.jp/trackback/1008459




    ↑ top