ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近読んだ本
片岡義男「花のある静かな休日」

今まで僕は、著者の筆致をドライだのプラグマティックだのと評してきたけれども…今回は読んでいて、登場人物すべてに心が枯れ果てている印象を持った。
もしも登場人物が「嬉しい」とか「素敵」などと言っても、その感情が伝わってこないのだ…だが仮に「退屈」と言えば、それは寧ろ違和感なく受け取れる筈。
何故かと考えてみて、心理描写がないからだと思った…退屈そうなのは描写がスタティックだからであり、感情吐露が白々しいのはエモーショナルな発言に相応しい内面を読者の想像に一任しているせいだろうと。
こんな上っ面だけの言動を読んで、何が面白いのか?

これが面白いのだ、もはや個人的な欲望や情念などといった内面を掘り下げる物語を必要とする読者はトレンディドラマを観ているだろう…著者は敢えて登場人物たちに人間味を感じさせず、ある意味トレンディドラマ以上に現実感の希薄なキャラクターを描こうとしたのではないか?
本書に収録された話は短編というよりも短く、目次がないばかりか一話毎の改ページもない…前の話から二行空けて題名があり、一行空けて本文が続いてゆく。
基本的には男性と女性の会話を中心とする一幕物で、たまに女性の独白や空想で完結している話がある「片岡版ショートショート」。

例えば最初の「桟橋にて」は“彼”が実家での見合いに行くため年上の女性から車を借りる際の会話文であり、次の「午後二時三十分、会議。四時三十分まで」は退屈な会議に上の空な女性が浸っているセンチメンタルな妄想を描いている。
「水を飲むだけ」は空っぽの部屋を何度となく訪れてる女性の話、こんなモチーフで読ませるのは驚きだ。
「空の青さ」は一夏をリゾートホテルで過ごす、ボディ・ビルディングが好きな翻訳家“優子”のスケッチ…海外の現代作家が書いた短編小説のような印象と、著者にしては珍しく登場人物に固有名詞が与えられていて新鮮に感じられた。

本書は結婚を話題にする話が多く、著者の価値観を反映したのか「恐怖小説の発端」などシニカルな意見が全体として目に付く気も。
「あの美しいグリーンを見てほしい」の、女性の瞳が緑色からブルーに変わる話は個人的に興味深い…1ページ超の短さで綴る「雨の彼方からの手紙」と、長い時間経過をトリッキーに用いた「男性がふたりに、女性がひとりの場合」は“彼女”の現状を想像させる。
「コーヒー一杯だけ」は雨の夜に行く先々が定休日で、文章の色気が心地好い。
しかし2章立ての「結婚して三年」と、続く「結婚することになりました、と彼は言う」はくだくだしい。

「私たち五人」の辿った結婚と離婚のロンドは本当に(何が面白いのか?)と思ったが、上司の酒席に付き合わされた帰途を描く「彼女との会いかた」はインディアンの(怒りの手放し方)を連想して深く心に残った。
ビアンというかネコ化した女性の「ブルーベリーが落ちる」、フィージー音楽のLPが録音された場所にあるモカンボ・ホテルの英国式朝食で衝撃を受ける「一杯の紅茶の、ずっとむこう」…ロランド・ハナの曲に触発された「ブラックベリーの冬」の思い出話は恋愛が生む孤独感を、また「D・ホックニーのプール」は屋内プールの浮遊感と閉塞感を絶妙に捉えている(「現在は否定されざるを得ない」に関しては、以前の記事に書いたので省略)。

巻末の3話「防波堤で会話する」「ふたりの湖面標高」「なにか気になること」は共通して、旅先の男女が会話しながら物語の骨格を組み立ててゆく話だ…殊に最後の「なにか〜」は前述の「水を飲むだけ」制作裏話みたいで興味深い反面、何故か興を削がれたような鼻白んだ気持ちになった。
著者が実際に、このようにして知的な女性とゲームを楽しむようにストーリーを構想している気は何故かしないのだが…こうした入れ子めいた構造は意欲的とはいえ説明的な進行感は否めず、作風が行き詰まった苦肉の策ではないかと勘繰りが浮かんでしまうのは残念。
しかし再読したら、またいつか読み直したくなった。


〈片岡義男〉関連記事:
【最近読んだ本】片岡義男「名残りの東京」| 2009.11.21
【最近読んだ本】片岡義男「頬よせてホノルル」| 2010.02.25
【最近読んだ本】片岡義男「今日は口数がすくない」| 2010.03.09
【最近読んだ本】片岡義男「彼とぼくと彼女たち」| 2011.10.29
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」| 2012.01.01
【最近読んだ本】片岡義男「缶ビールのロマンス」| 2013.08.01
【最近読んだ本】片岡義男「缶ビールのロマンス」(再読)| 2016.12.01
【最近読んだ本】片岡義男「彼とぼくと彼女たち」(再読)| 2017.11.09
【本日の脳内BGM】1982年 パイオニア ロンサムカーボーイ(60秒)| 2018.06.19
【最近読んだ本】アーヴィング・ペニグ(著)、片岡義男(訳)「メシア・ストーンズ 聖なる石をもとめて」| 2018.09.12
【最近読んだ本】片岡義男「波乗りの島」| 2019.04.24


以下、収録話タイトル

「桟橋にて」
「午後二時三十分、会議。四時三十分まで」
「水を飲むだけ」
「空の青さ」
「恐怖小説の発端」
「あの美しいグリーンを見てほしい」
「雨の彼方からの手紙」
「男性がふたりに、女性がひとりの場合」
「コーヒー一杯だけ」
「結婚して三年」1、2
「結婚することになりました、と彼は言う」
「私たち五人」
「彼女との会いかた」
「ブルーベリーが落ちる」
「一杯の紅茶の、ずっとむこう」
「ブラックベリーの冬」
「現在は否定されざるを得ない」
「D・ホックニーのプール」
「防波堤で会話する」
「ふたりの湖面標高」
「なにか気になること」
0
    | books | 2018.01.31 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top