おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「STAR WARS V THE EMPIRE STRIKES BACK」

今や「エピソード5」扱いになっている「スターウォーズ 帝国の逆襲」です、実は「スターウォーズ」こと「エピソード4 新たなる希望」も一緒に借りてきたんですけども…っていうか本当はその第1作目がずっと観たかったんだけど、僕が最初にロードショーで観たのは本作だったのでね。
このモヤっとした終り方、そして意味不明な横文字…連れて行ってくれた親父に訊いたら“つづく”って事だと言われて憤慨した記憶だけが強く焼き付いている本作、二度とスターウォーズは観に来ない!と幼心に固く誓ったものでしたが。
今となっては流石にね、そこまで頑なな訳でもなく。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作を観て分かったんですけど、どちらも1作目は続編なんて前提にないからキチンとオチを付けるんですよね…先ずそれが当たってから三部作の構想が実現する点は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」も同様で、3作目の製作が確定している2作目の終わり方は次作に観客を誘導しようとして話を引っ張る形になりがちという。
でもやっぱり、理屈としては分かっても劇場映画はTVドラマじゃないんだから1本で完結してくれないと厭ですね僕は…どうやら本作は歴代SW作品の中でも高く評価されてるようですが、嫌なものはイヤ!笑

とかいって冒頭の氷の惑星ホスに登場する四脚メカAT-ATは、何度もプラモ買おうか迷ったんですよねー。
しかし肝心の“To be continued...”表記が消されていてビックリ、そしてC3POを演じた俳優がトニー先生と同名だったのは更にビックリでしたよ!…メカニカル・エフェクツ部門のエフェクツ・エンジニアリングにクレジットされていた“ROGER NICHOLS”にも驚きましたが、まぁ今度も別のロジャニコでしょう。
では続けて「スターウォーズ」こと「エピソード4新たな希望」も観てみます、その記事はまた改めて。


〈スターウォーズ〉関連記事:
【最近みたDVD】「スターウォーズII クローンの攻撃」| 2014.03.13
【最近読んだ本】ジェフリー・ブラウン「ダース・ヴェイダーTMとルーク(4才)」| 2014.11.07
【最近読んだ本】ジェフリー・ブラウン「ダース・ヴェイダーTMとプリンセス・レイア」| 2014.11.13
【最近みたDVD】「スターウォーズ 新たなる希望」| 2018.02.07
0
    | cinema | 2018.02.06 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top