おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
THE TIME「WHAT TIME IS IT?」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

'82年リリースの本作、当時ミネアポリス・ファンクと称されていたプリンス一派のザ・タイムによるセカンド・アルバムですが…ノンクレジットながら実質上の作詞作曲と演奏は、プロデュースを務めたプリンスが一人で作っていたとか?
彼らは(プリンスの弟分)などと言われていましたが、弟にしては厚待遇だったのかどうか…後に脱退して80年代のR&Bを席巻するプロデューサー・コンビとなるジミー・ジャムとテリー・ルイスを思えば、決して実力不足だった訳ではなく単にオーバー・プロデュースだった気はしますね。
モリス&ジェロームも、日本でパクられまくったし?

ザ・チェッカーズに岡村靖幸に大沢誉志幸、それとシャ乱Qなどなど…プリンス映画「パープル・レイン」で観られるザ・タイムのコミカルなステージ・アクトは、プリンスのクラウドギター風ギターと共に多くの日本人“アーティスト”がパクっていましたっけ!笑
それはともかく、リアルタイムで僕が聴いたのは次作「アイスクリーム・キャッスル」とモリス・デイのソロ「カラー・オブ・サクセス」でした…本当に聴きたかったのは本作だったんだけど近所のレコード屋にはなかったんで仕方なくね、そういう時代だったので。
で本作、6曲入りで大半が5分超のエレ・ファンク。

最大の目玉は2曲目「777-9311」です、細かいハイハットの刻みが特徴のドラム・パターンが実は打ち込みだったとは…実際に叩くのも難しそうですが、当時のリズムマシンでこのグルーヴとは流石プリンスだわ!
ベースのリフもカッコ好くて、個人的には「パープル・レイン」劇中歌の「The bird」「Jungle love」以上に彼らを代表するナンバーではないかと…正直これだけ聴ければ満足だったんです、TSUTAYA宅配レンタルがなきゃ聴く機会はないままだった気もします。
3曲目の「Onedayimgonnabesomebody」は歌声も曲調もプリンスの「戦慄の貴公子」B面曲っぽいですね。
(長くなったので、続きは下欄に)


関連記事:
【最近みたDVD】「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」| 2018.10.16

〈1982年〉関連記事:
【最近聴いたLPレコード】V.A.「ECMスペシャルVI ニュー・ミュージック・イン・ベース」| 2008.09.14
【最近読んだマンガ】吉田秋生「夢みる頃をすぎても」| 2009.05.22
【最近読んだ本】後藤多聞「遥かなるブータン〜ヒマラヤのラマ教王国をゆく〜」| 2009.08.31
【最近読んだマンガ】高野文子「高野文子作品集 絶対安全剃刀」| 2009.09.13
【最近聴いたCD】シャカタク「ナイト・バーズ」| 2009.11.08
【最近聴いたレコード】ルパン三世「−ルパン・トーク・ルパン−」| 2010.03.11
【最近聴いたCD】XTC「イングリッシュ・セトゥルメント」| 2010.03.17
【最近読んだ本】サム・シェパード「モーテル・クロニクルズ」| 2010.06.21
【最近聴いたCD】ヘアカット100「ペリカン・ウェスト」| 2012.02.10
【最近聴いたCD】SCORPIONS「Blackout」| 2012.11.05
【最近読んだ本】ドン・ジョーンズ「タッポーチョ 太平洋の奇跡」| 2012.11.16
【最近聴いたLP】V.A.「AUREX JAZZ FESTIVAL '82 LIVE ・ AJF '82 ALL STAR JAM」| 2012.12.08
【最近聴いたLP】カシオペア「ミント・ジャムス」| 2012.12.17
【最近みたDVD】「ブレードランナー」| 2013.02.06
【最近読んだマンガ】大友克洋「AKIRA」6巻| 2013.02.25
【最近読んだマンガ】高寺彰彦「サルタン防衛隊」| 2013.03.03
【最近みたDVD】「ランボー」| 2013.03.30
【最近みたDVD】「キング・オブ・コメディ」| 2013.06.18
【最近読んだ本】片岡義男「缶ビールのロマンス」| 2013.08.01
【最近聴いたCD】スネークマン・ショー「スネークマンショー海賊盤」他2作| 2013.12.30
【最近聴いたCD】サザンオールスターズ「Nude Man」| 2014.09.24
【最近みたDVD】「劇場版 名探偵ホームズ」| 2015.12.17
【最近聴いたCD】SAXON「The Eagle Has Landed [Live]」| 2016.02.27
【最近みたDVD】「処刑教室」| 2016.08.14
【最近みたDVD】「初体験リッジモント・ハイ」| 2017.03.31
【最近みたDVD】「キッドナップ・ブルース」| 2018.01.01
【最近みたDVD】「スペースアドベンチャーコブラ」| 2018.02.03
【最近聴いたCD】山下達郎「FOR YOU」| 2018.10.13

プリンスの作風で言えば、シンセサイザーを全面に押し出した「1999」よりも前の「戦慄の〜」に近い印象だな…ザ・タイムの「アイスクリーム〜」やモリスのソロ作は「1999」並みにシンセ臭が強く、その点が僕はイマイチだったので。
彼らにしてはクドさ控えめなバラード「Gigolos get lonely too」やプリンス初期のポップさを感じさせるラストの「I don't wanna leave you」も聴きやすい気がします…まぁ一般的な聴きやすさか、といえば万人向けではありませんが。
そして、繰り返し聴いていると(歌も全曲プリンス?)という疑念が…モリスの声、という確信が持てない!笑

元々プリンスは多作家として知られていますが、止めどない創作意欲の賜物をすべて自分名義でリリースせず本作のようにプロデューサーとして別アーティスト名義で発表しておりました…特に「パープル・レイン」頃まではヴァニティ6(アポロニア6)など、彼自身がコントロールする直系グループを抱えてまでも。
そこには意欲と才能だけでなく、強烈な野心や承認欲求があったのだろうと今になって思わされました…モリス・デイもジェローム・ベントンもユニークなキャラクターだったのに、若く激しいプリンスの個性に打ち消されてしまったように思えてバンドとしても惜しかったなぁと思うのです。

追記;個人ブログ「MATSUANDTAKE」の記事「The Time 『777-9311』のドラムパターンはドラムマシンのプリセットだったらしい」は、小題そのままで衝撃でした・・・バンドの元ギタリスト、ジェシー・ジョンソンが'14年3月にFacebookで明かした内容として紹介されてるのですが。
あの曲のドラムはプリンスのLinn LM-1に予めストックされた音源で、打ち込んだのはタワー・オブ・パワーのデヴィッド・ガリバルディ!?
LM-1は'80年に5,500ドルで発売され、500台程度しか製造されてなかったドラムマシンだそう・・・それをプリンスは6、7台も所有していたという話ですが、プリセットパターンが内蔵されていたのかガリバルディの所有物を譲り受けたのかなど詳細は不明なようです。
因みに曲名となった電話番号は、当時プリンスが率いていたザ・レヴォリューションの初期ギタリストだったデズ・ディッカーソンの自宅番号で“彼は俺たち(=ザ・タイム)全員に対してとてもムカついていた”とも。笑
0
    | music | 2018.02.17 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top