おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「果し合い」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

タイトルはママです、つまり「果たし合い」ではないって事です…また本作は「藤沢周平 新ドラマシリーズ」と銘打たれており、それは何かといえば本編前の作品紹介によると“スカパー!×時代劇専門チャンネル×BSフジ presents”とあるので劇場公開ではない時代劇ドラマなのです。
道理で聞き覚えのない題名だと思った、まぁ別に好いんですけどね…ドラマという事はフィルムではなくデジタル撮影なのでしょうけど、全体として気になるって程でもなかったので。
やっぱり時代劇って、3Kだか4Kだかパキッとした鮮明な映像だと却って味気なく感じるのですよ僕は。

仲代達矢演じる佐之助は先代当主の弟で、頬髭の白い部屋住み侍…正確には敷地内の離れに独り暮らしており、今では先代の息子で甥の弥兵衛(益岡徹)が庄司家の家督を継いでおります。
多津(原田美枝子)は露骨に厄介者扱いするものの、その娘の美也(桜庭ななみ)は大叔父と慕って細々と世話を焼いてくれるのでした。
しかし美也の望まぬ縁談に佐之助は己の過去を重ね、事態は思いがけない展開を見せます…破談の申し出は案の定、弥兵衛の上役である黒川(矢島健一)と縁談相手だった縄手達之助(高橋龍輝)には青天の霹靂で。
先々を予感した佐之助は、万が一に備え始めますが。

所詮は老いた部屋住み、得意な囲碁の指南で知り合いから小銭を稼ぎ美也に呆れられ…片足の不自由な身ながらも、人知れず若かりし頃の居合術を復習します。
かつて佐之助は自身の縁組みを妬んだ上役の子息に果たし合いを申し込まれ、足に深手を負った上に思い人を失っていました…そして部屋住みとなってから得た通い妻も先立たれており、美也に同じ轍を踏ませるのは忍びなかったのでした。
“はっはー?”と呑気に笑い、日がな散歩と縁側での日向ぼっこ…そんな好好爺然とした大叔父も、美也の思い人が手練れの達之助と果たし合いに赴いたと知るや一変して野武士の顔に。

「武士道とは死ぬ事と見付けたる」と十三代目石川五ェ門は言ったものですが、幾度も死に時を逸してきた佐之助には最期の命の懸け処なのです…生き恥を曝してきた己の処し方として、晴れやかに登城する姿に多くの視聴者が涙した筈。
しかしなー、何か引っ掛かるんだよな…藤沢周平の時代物って小説として読むと田舎侍の悲哀を感じるのに、映像化されると何か微妙に違和感が生じるのよね。
加古隆のピアノ劇伴も、個人的には違和感ありました…とはいえ、桜庭ななみの可憐な演技は眼福モノ。
仲代が主宰する無名塾の気鋭若手に混じっても遜色ない、その所作や立ち居振舞いは立派なものでした。

追記:劇場公開もしたみたいですね、東劇で1週間だけ。
それと共同ウェブマガジン「MOGAKU」さんの記事「藤沢周平×仲代達矢 『果し合い』を観た! 〜老人時代劇について〜」の視点が、僕の違和感と近いというか更に掘り下げられてる気がしました。


関連記事:
【最近読んだ本】ジョージ秋山「武士道とは死ぬことと見つけたり」| 2007.06.24
【最近読んだマンガ】新渡戸稲造・作「武士道」| 2010.08.09
【最近読んだ本】山本周五郎「雨あがる」| 2010.10.24
【最近読んだマンガ】宮本武蔵(原作)、近藤こうじ(漫画)「コミック版 超訳 五輪書」| 2011.04.23
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『仲代達矢、桜庭ななみら出演の時代劇!映画『果し合い』予告編』
0
    | cinema | 2018.03.25 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top