おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

以前にTVシリーズのDVD初巻だけ観ましたね、ログアウト不能のフルダイブ型MMORPG「S.A.O.」に閉じ込められたユーザーがゲームクリアを目指す的な…ってあら、キリトとアスナはエンゲージリングを贈りあう仲になっていたのかよ!
というか既に「SAO」はクリアされ、首謀者の死によって平穏を取り戻した現実世界でしたが…今度はフルダイブ機能を持たない健全な現実拡張デバイス、オーグマーのMMORPG「オーディナル・スケール」が新たな事件の舞台になるのね。
旧「SAO」のボス級モンスターが出現するイベント・バトルですが、慣れないキリトは戸惑いがちです。

仮想世界(VR)と違って視覚に一種の擬装を施しただけの拡張現実(AR)では、バトルに実体での行動が伴うのですが…それでいてランク2位のノーチラスことエイジには、何故チートが効いていたのかは謎。笑
イベント戦に仕込まれた、旧「SAO」生還者への記憶スキミング…アスナもまた「SAO」の記憶を失いゆく中、キリトは“あの2年間の記憶がなくなっても、俺はアスナと変わらずにいられるのか”と自問。
共有する思い出が消えれば、仮想空間での恋愛感情も消えるのか?…VRの危険性に戦慄した割に、ARの安全神話を盲信する短絡的世論の描写はリアルです。

現実世界を仮想化するARも所詮はVRと大差ない、そしてARが容易にVRへ転化され得るとしたら?
ARアイドル「ユナ」を隠れ蓑にした黒幕の意図は、ってネタバレするにはまだ早いので伏せておきます。
しかしARデバイスの普及っぷりと、思考停止で迎合する流れも薄ら寒いけど生々しいな…個人の生活情報が収集されて企業サービスに反映される仕掛けなど、見せ方の上手さは高評価。
しかし黒幕を演じた鹿賀丈史は声が別人でビックリ、ユナ役の神田沙也加も意外に声優レベルでした…エンドロール後に意味深な続編への繋ぎがありましたが、こういう「to be continued」なら違和感ないなぁ。
0
    | animation | 2018.03.27 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top