ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近読んだ本
マーク・トウェイン(著)、中野好夫(訳)「不思議な少年」

本書を知ったのは高校での授業中、ある教師の脱線トークからでした…今の僕の価値観は、多くの部分で本書に感化されたといっても過言ではない気がします。
その後も何度か読み返しては知人にあげてを繰り返し、そのうちまた読むだろうな…と思っている間に10年以上が過ぎていました。
その空白期間に僕が成長したという事なのか、今回の再読では(これも別編集?)と疑ってしまうほど印象が以前とは違っていました。
というのも本書は晩年の著者が遺した未完成の原稿に基づいており、内容の異なる「不思議な少年 第44号」も邦訳されているのです。

一応「44号」も読んだ事はありますが、かなり設定を変えているのでテーマは同一でも話は別物でした…最終稿に近いといわれる「44号」ですが、個人的には本書の方が寓話性に富み構成もシンプルなので作品としての完成度は上かと。
ところが今回また読み返した岩波文庫版の本作も、過去に読んでいた内容が所々で欠落しているような…といっても具体的に思い出せる訳ではないので単なる僕の思い違いでしょうけど、非常に(なんか違う)感が強いので戸惑いを覚えます。
それに前ほどサタン少年への共感が感じられなくなり、読書中の高揚感を失った気がするのも寂しい限り。

まぁ裏を返せば、それだけ僕が彼の思想を血肉として成長した証なのかもしれません…著者が神の子サタンの口を借りて語る(辛辣ながら核心を衝いた人間批評)も、今の僕には既に基本概念となっているのでしょう。
表紙カバーの言によれば著者は晩年“人間不信とペシミズムに陥”っていたとありますが、これまた再読している最中の「アーサー王宮廷のヤンキー」も同様にシニカルかつ毒舌だらけなので生来の観察力の賜物だったのではなかろうかと。
とはいえ、“一五九〇年の冬であった。オーストリアは、まだ世界から遠く離れて、眠りこけていた”…この最初の一文には、やはり心を掴まれました。


関連記事:
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】マーク・トウェイン(著)、大久保博(訳)「アーサー王宮廷のヤンキー」| 2018.09.28
【最近読んだ本】マーク・トウェイン(著)、大久保博(訳)「ハックルベリ・フィンの冒険」| 2019.05.22


以下、個人的メモ。

“彼は何度も兵隊になって戦争に行った経験があり、例のウィーン攻略戦のときにも、その場にいたのだった。そして、そのとき、トルコ軍が敗退していったあとを見ると、分捕品の中にコーヒーの袋があった。なんであるかは、トルコ人の捕虜が説明してくれたばかりか、美味い飲み物にする方法まで教えてくれた”(p.18)

“名前こそぼくと同じだが、ただあの伯父さんひとりのことなんだよ。ぼくたち、ほかのものは、いまだに罪なんてものは知らない”(p.32)

“とにかく、彼の心を動かそうと考えるのはむだだった。どう見ても、感情というものがまったくないのであり、いくら言ってもわからないのだった。まことに浮き浮きした気分で、悪鬼のような人殺しをやりながら、まるで結婚式にでも出るようなはしゃぎかただった。そして、わたしたちにも、しきりに同じことをするようにと、すすめるのだ。もちろん、そこは魔法の力で、思いどおりに運んだ。彼にしてみれば、少しもむずかしい仕事ではなかった。わたしたちをあやつることなど、思いのままだったからだ”(p.29)

“獣みたいだなんて、とんでもない言葉のはきちがいだな(中略)第一、獣にとっちゃ、はしめから悪なんてものはないんだからね。獣には、他を傷つけてよろこぶなんてことは、けっしてない。それをやるのは人間だけなんだ。良心なんて、糞っくらえの代物にあふられやがってね!(中略)たしかにいつでも選んじゃいるよね。だが十中の九までは悪のほうを選んでるだけじゃないか。悪なんてあるのが、そもそもおかしいんだよ。良心なんてものさえなければ、悪など存在する筈がない(中略)その良心ってやつこそ、もっとも恥ずべきお荷物だということにさえ、とんと気がつかないんだな”(p.87)

“この牛はね、子供たちを飢えと恐れと心細さで気ちがいのようにしたり、ありもしないことをでっち上げて白状させ、それで火焙りにしたり、そんなことは絶対にやらないからね。それからまた、罪もない、かわいそうな老婆を絶望させて、同じ人間同士の中にいながら、安心して日も送れないなんてことには、けっしてしないからね。それに、死の苦しみにさいなまれている人間を、まだ侮辱するなんて、そんなこともけっしてしない。つまり、牛のほうは、良心なんて汚れたものをちっとも持ち合わせていない。天使と同じなんだ”(p.105)

“いつも彼は人間を軽蔑し、どんなことがあっても、やさしい言葉を使うことなどなかった”(p.105)

“人間というやつの一生は、幸福と不幸とが、ほとんどうまく平均してるんだ。そして、この平均が破れると、かならずと言ってもいいほど、不幸のほうが勝つ”(p.130)

“天使がもし人間を愛したなどということになれば、たちまちその人間は灰になって燃えつきてしまう。そうさ、つまり、ぼくたちは人間を愛するわけにはいかないのだよ。ただ冷淡、無関心であることによって、害をあたえないようにすることだけができる”(p.136)

“君たち人間ってやつは、幸運と不運との区別がつかないんだな。いつもとりちがえてばかりいる。それというのも、未来が見えないからさ”(p.136)

“もう二、三世紀もすれば、もっとも有能な殺し屋というのは、キリスト教徒だけってことになるんじゃないかな”(p.186)

“いったい誰が儲けるというんだね? ほんのひと握りの国王、そして貴族どもだけなんだよ?(中略)いわば君たちの施しで食ってる乞食がやつらなんだぜ。だのに、その君たちに対して、まるで乞食にでも対するような旦那面をしてるんだ(中略)最初の人間からして偽善者で、臆病者だった(中略)そして、これがすべての文明の基礎だったわけだね”(p.187)

“あの世なんて、そんなものはないよ(中略)人生そのものが単なる幻じゃないかね(中略)すべては夢にすぎん。実在なんかしてやしない。ただあるものは空虚な空間、そして君だけなんだよ(中略)今後はもっとほかの夢、そして、もっといい夢を見ることだな”(p.228)

“そう言って、彼は消えてしまった。わたしは呆然と立ちつくしていた。彼の言葉がいかに真実であったか、はじめてしみじみとわかったからである”(p.233)
0
    | books | 2018.04.07 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top