おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
ヴィキイ・バウム(原作)、さそうあきら(作画)「バリ島物語 〜神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死〜」2巻

前巻で描かれた、村の沖合いで座礁した商船に絡む中国人船主の謀略は脇に置かれ…それが通底するように不安を奏でつつも、全体としては主人公パックと想い人サルナの結婚など長閑な営みが描かれます。
しばらく間が空いたせいか、登場人物たちと主人公との関係が思い出せず戸惑ったりもしましたが…古くて遠い異国の風情は余所者である僕の目を和ませてくれて、だからこそ嵐の前の静けさのような平穏が恐ろしくなったりもするのです。
座礁の夜番だったパックが、漁師に貰った絵付皿…そのエキゾチックな魅力は不吉な予感の象徴か、彼の純朴さが却って焦れったい!


関連記事:
【最近読んだマンガ】さそうあきら「おくりびと」| 2012.07.21
【最近読んだマンガ】さそうあきら「バリ島物語 〜神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死〜」1巻| 2017.08.05

〈バリ島〉関連記事:
【最近読んだ本】田口ランディ「7days in BALI」| 2008.04.03
【最近聴いたCD】V.A.「地球の“聴き”方 バリ編」| 2010.09.18
【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
【最近読んだ本】進藤幸彦「世界の不思議なお守り」| 2016.05.24
【最近読んだ本】河野典生「デンパサールの怪鳥」| 2017.09.06

〈略奪婚〉関連記事:
【最近みたDVD】「ボラット」| 2011.12.28
【最近みたDVD】「蒼き狼チンギスハーン」| 2013.11.30
【最近みたDVD】「ボラット」(再視聴)| 2015.01.04
【最近読んだ本】林典子「キルギスの誘拐結婚」| 2015.04.20
【最近読んだ本】辻原康夫(編)「読みたくなる世界史」| 2016.08.24
【最近みたDVD】「トランザム7000」| 2017.08.31
【最近みたDVD】「バニシング IN TURBO」| 2018.02.25


以下は個人的メモ画像(3枚)
バリ物語2 (1).jpg(←左クリックで拡大表示されます)

バリ物語2 (2).jpg
(←左クリックで拡大表示されます)

バリ物語2 (3).jpg(←左クリックで拡大表示されます)
0
    | comic | 2018.05.04 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top