ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ZAKK WYLDE「Book of Shadows II」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

同時に宅配レンタルした「黒執事」というアニメDVDのサブタイトルが偶然にも「BOOK OF THE ATLANTIC」で、すわ(BOOK OFブーム到来か?)と…って、どんなブームだよ!とか無駄な独りツッコミはさておき。
前に聴いた「ブック・オブ・シャドウ」の続編といいますか、ザック・ワイルドのセカンド・ソロ作ですな…リリースは'16年で、収録曲の別テイク2トラックとコリー・テイラーなるスリップノットのボーカルをフィーチャーしたラスト曲を含む17曲を収録。
前作のフォーキーなサウンドを踏襲しておりますが、サザンロックっぽさが薄れた分だけ聴きやすいかも。

無論ギター・ソロはブラック・レーベル・ソサイアティに通じるディストーション+半踏みワウ、これも前作同様ですから特筆に値する新味はありません…だがそれが好いのです、新たに作るのだから新しい試みが必要だなんて事ない訳で。
ザック自身のブレない音楽性、ファンが期待する音楽への自信あればこその時代に左右されないアルバムなのです…強いて言えば前作は主にキーが短調の楽曲でしたが、その全体的な暗さが本作では気にならないのもファン以外への敷居が下がった感じがしました。
ジャケットのアートワークも、前作は一般向けとは言い難かったですからね。笑

そういえば本作、というか前作でもそうだった気がしますけど…オジー・オズボーンのバンドで弾いてた時に彼の代名詞でもあった、強烈なピッキング・ハーモニクスが聴かれなかったような。
思えば意外ですな、まぁ楽曲として必要性がないと判断したのでしょう。


関連記事:
【最近聴いた音楽】ザック・ワイルド「ブック・オブ・シャドウズ」| 2007.09.11
【最近みたDVD】「ZAKK WYLDE'S BLACK LABELE SOCIETY EUROPEAN INVASION DOOM TROOPIN' LIVE」(DISC 2)| 2013.05.10
【最近みたDVD】「ZAKK WYLDE'S BLACK LABELE SOCIETY EUROPEAN INVASION DOOM TROOPIN' LIVE」(DISC 1)| 2013.05.22
【最近聴いたCD】ZAKK WYLDE「Book Of Shadows」(再聴)| 2013.07.30
0
    | music | 2018.04.30 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top