おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「四畳半神話大系」第一巻

山上たつひこの漫画に似せたタイトル、なんと森見登美彦の原作らしい…イラストっぽいキャラの原案は中村佑介、モノクロ止め画にCGを施す背景処理はゴシップ雑誌に掲載されがちな粗く本文と関係ないイメージ写真へのオマージュか?
ミッド京都のペーソス溢るるキャンパス・ライフを彩るOP曲はアジカン、EDの胸キュン系エレポップ曲はいしわたり淳治砂原良徳やくしまるえつこでアニメ制作はマッドハウス
下鴨神社そばの屋台で出会ったの、大学2年の「私」と同じ湧水荘に住む自称“下鴨神社の神”…明石さんとの縁結びは「私」か友人・小津か、と語るアバンで早くも結構な満腹感が。笑

第一話「テニスサークル『キューピット』」は、キューピッドの間違いではなく原文ママ…大学デビューの夢もコミュ障の現実に砕かれた青年はそこで小津と出会い、以来“黒いキューピット”の名に相応しい手練手管でサークル内に修羅場をクリエイトしてきた由。
だがしかし積もる悪事は2人を水かさ増した夜の鴨川へと落とし、夢か現か始まりの時へと巻き戻ります。
という訳で新たな選択の第二話「映画サークル『みそぎ』」、でも悪友・小津との縁は切れず…前話の下鴨神は別人として登場し、サークルに君臨するカリスマ先輩の誹謗ドキュメンタリー映画作りに加担します。

繰り返される似たような場面、時をかけるダメ青年は明石さんが毎回口にする“約束”に辿り着けるのか?
京都府&下鴨神社の協力と、京大学生寮&御用達下宿による取材協力は報われ得たのか?…そしてひたすらのべつまくなしに内心吐露し続けるナレーション兼「私」という大役を演じた、浅沼晋太郎によるメガネ(by「うる星やつら」)的な大長口舌は声優を名乗る者なら出来て当然なのですか?
明石さんの声は坂本真綾、彼女って声を作ってる気はしないんだけど役毎に印象違うから分からないんだよな…なんて評価は役者冥利に尽きるのでしょうか、まぁどうなんでしょう本作。

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その32


関連あるような記事:
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
0
    | animation | 2018.05.13 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top