ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「奇跡の絆」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

原題「SAME KIND OF DIFFERENT AS ME」、'17年の「実話に基づく感動の物語」…何で借りようと思ったのかと、我を疑いましたよ。
僕は作り話の方が好きなんです、別に感動実話を差別はしませんし「身の毛もよだつ実話」なんかよりは好きですし…実際にあった出来事なら、それはそれで善かったとも思いますとも。
でも娯楽として楽しみたくない、というか娯楽作品になった時点で興味ないんです…ならなくてもないですけどね、例え身の毛もよだつ話であれ同程度には。
それなのに何故?とツタヤ・ディスカスの記事ページを確認したら、スピリチュアル物と誤解してたのね?

“夢に何度も現れる男”の話だと思っていたら、自惚れ中年が丸くなる話だったとは…しかも、その夢を見てたのは妻の方だったと。
レニー・ゼルウィガーってチャリポツ姉ちゃんと思ってたら、ずいぶん老けてたのね…旦那のグレッグ・キニアーも印象まるで違うし、でもまぁジョン・ボイトは「真夜中のカウボーイ」以来でしたから分からなくても仕方ないですがね。
このジョンが演じる偏屈爺、確かに“ニグロ”は“正しい呼び名”だし“…true story.”という返答も実話物だけに可笑しいです。
夢シーンの映像は神秘的で素的でしたよ、飽くまで僕が観た主観ですけども。

そうそう、夢の男は癇癪持ちでホームレスの黒人中年です…自惚れ中年は浮気発覚の償いから妻のボランティアを手伝う形でホームレスと関わり、それが黒人中年との友情へ発展します。
前に「30DAYS」というドキュメンタリーで低所得生活に1か月チャレンジしたモーガン・スパーロック監督が、ちょっとした風邪の診察から生活が破綻していったのを思い出しました…日本以上に自己責任の国アメリカでは、ホームレスの背景も多種多様で抜け出す手段など皆無に等しいのね。
“予約が必要なら/それは金持ちの遊びだ”
“みんなホームレスです/1人も例外はいません/家に戻るために戦っている”

妻のボランティア先は、ユニオン・ゴスペル・ミッション…あー、これもアメリカ南部が舞台だったのね?
自惚れ中年はテキサス出身、夢の男はルイジアナ…バイユーでの洗礼にKKK、南北戦争前から未だ続く綿花地主の奴隷ってマジか!
“約束を破ると夢は閉ざされます/夢を閉ざすと人生が破壊されます”とはエンドロールで流れる講演会での言葉、深いですなぁ。
しかし(無精ヒゲに白いものが混じっている黒人)の役柄は、すべてモーガン・フリーマンが過去に演じてしまったのではないか?という気も…本作も実話をベースにしたとはいえ、脚色と演出はあるでしょうし。

因みに原作/脚本の自惚れ中年ご本人もパーティー会場で出演、特典のメイキングは観ましたけども「マイケル・カーニー(多分、神童ケビンとは同名異人)監督と原作者ロン・ホールとアレキサンダー・フォアードによるコメンタリー」はいいや。
日本語は字幕のみで吹き替えなしって事は、ビデオスルーだったんでしょうか?
まぁちょっと地味で共感しづらいかもね、黒人中年の事情も伝わりにくいし。
僕にとっては、肝心の夢が単に掴みの口実だった段階で興味が薄れてましたが。


〈南部ローカル・ジョーク〉関連記事:
【最近みたDVD】「デュークス・オブ・ハザード」| 2008.08.19
【最近みたDVD】「ソウルメン」| 2013.01.07
【最近みたDVD】「フォレスト・ガンプ/一期一会」| 2014.05.28
【最近みたDVD】「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」| 2015.01.04
【最近みたDVD】「タラデガ・ナイト オーバルの狼」| 2015.01.08
【最近みたDVD】「あいつはママのボーイフレンド」| 2015.05.06
【最近みたDVD】「レディ・キラーズ」| 2016.02.17
【最近みたDVD】「トランザム7000」| 2017.08.31
【最近みたDVD】「コンボイ」| 2017.09.24
【最近みたDVD】「ある決闘 −セントヘレナの掟−」| 2018.06.02
【最近みたDVD】「キングスマン: ゴールデン・サークル」| 2018.11.15
【最近みたDVD】「ローガン・ラッキー」| 2019.01.10
【最近読んだ本】マーク・トウェイン(著)、大久保博(訳)「ハックルベリ・フィンの冒険」| 2019.05.22
0
    | cinema | 2018.06.16 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top