ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近みたDVD
「劇場版 天元突破グレンラガン 螺厳篇」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

「紅蓮篇」の続編ですが、TSUTAYAプレミアムで借りてたものの解約リミットまでに観終わらず途中で返却…あと10分ぐらい遅くなってたら更新されちゃうトコでした、もう「旧作借り放題」は宅配レンタルのプランと被ってるので延長するより宅配で借り直しに。
で本編。
いきなり螺旋王とタイマン勝負の穴掘りシモン、すっかり大グレン団の頭領らしくなりましたな…開始5分で倒しちゃってビックリ、ラスボスじゃないとは!
地上を制した人類は一足飛びに文明開化、そしてタイトルバックで打ち上げられるロケットは確かめるまでもなく「王立宇宙軍」セルフ・オマージュですな!笑

テッペリン陥落から7年後、そこはアニキの名を冠した新都カミナシティとしてシモン総司令の下に大グレン団の面々が重職を担っていました…しかしながら螺旋王が末期に遺した予言通り、人類が月まで届く力を得た事が悪夢の始まりに。
シモンのプロポーズをシレッと蹴り飛ばしたニア、相変わらずアホの子かぁ?と思えば核心を突いてくるのも相変わらず。笑
ですがシモンから指輪を受けたニアは、幸福の絶頂を貫く月からの一撃でアンチスパイラルを名乗る謎組織のメッセンジャーに豹変…元の彼女はどこへやら、冷酷に人類殲滅システム発動を宣言します。

まさか自分の掘り当てたコアドリルと、その後の戦いで増大した螺旋力が月の落下を招き寄せるとは…平和ボケの一般人はシモンに八つ当たりし、アニキの像も暴徒に引き倒される始末。
市民の沈静化を優先する迎合裁判で拘束され死刑を宣告されたシモン、ところが隣村以来のライバルで不老不死の強敵獣人と収監先で遭遇…再び現れた新生ニアにシモンのドリル・パワー復活、間一髪で現れたヨーコ&大グレン団+強敵獣人と共に予備ロケットで宇宙へ!

螺旋王から培養した首を電脳化し入手した対アンスパ超弩級戦艦で市民と成層圏外へ避難した新政府、地球を包囲する敵の大軍も大グレン団の到着&戦艦と合体したアークグレンラガンに蹴散らされ…月が巨大ガンメンの本性を現すも、電脳螺旋王のハッキングで乗っ取って殲滅システムを回避!笑
旧ニアとの心理的葛藤を看破された新ニアは、人類データ解析のためアンスパ本星へ…新生しても身に付けていた指輪の座標を追跡した電脳螺旋王は“宇宙とは曖昧さだ、認識されて初めて確定する”理論で本星を特定、月ガンメン改め超銀河グレンラガンのワープ機能で敵地へ殴り込みだッ!

かつて全宇宙の螺旋族を滅ぼしたアンスパに破れた螺旋王は、地球の螺旋族(人類)を地下に押し込め全滅の危機を救っていたのでした…という次第で大グレン団&地球の生き物連合は“惚れたオンナを救うために吹っ掛ける、宇宙一の大喧嘩”に、もはや生き物ですらないアンスパと大立ち回り。
大技「多元宇宙迷宮」食らって図らずもアニキと再会したシモンら一同は銀河系サイズに進化した天元突破グレンラガンで反撃…超螺旋宇宙で実体化した螺旋王もニアと和解し共闘、打ちのめされる度に巨大化した挙句「塊魂」もビックリな宇宙認識の限界まで膨れ上がり超天元突破グレンラガンへ最終進化!

ラストでも止め絵の出崎オマージュとは、つくづく「明日のジョー」リスペクトだったなぁ!
エンドロール後のシメもニクいね、劇中の“自分の道が分かるのって、タイミングがある”という台詞が“次の世代”にリンクしてると気付いて感慨無量です。
いちいち技名を絶叫して大見得を切る、ケレン味至高のアツい演出…特にシモンの激熱な台詞は柿原徹也じゃなかったら画面に力負けしていたろうな、次世代の神谷明は君だぁッ!
オーディオコメンタリーは今回、キャスト版とスタッフ版の2種類に倍増してます…またいつか、その折には是非。笑
バカバカしく最高でした、観ないより観るべき!
今回も主題歌は中川翔子、ますます好印象。


関連記事:
【最近みたDVD】「天元突破グレンラガン」1巻| 2018.06.07
【最近みたDVD】「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」| 2018.06.26
0
    | animation | 2018.06.27 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top