ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「アデライン、百年目の恋」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

以前どこかで見たパッケージ画像に(ん、深田恭子?)と思って、よく見たら違ったんですけど不老不死者の話と知って興味が湧きまして…原題は「THE AGE of ADALINE」、'15年のブレイク・ライブリー主演作。
名前を偽り、身分証の写真も偽造させて暮らすアデライン…そのコンサバティブなファッションと姿勢の美しさは「隣のヒットマン」のナターシャ・ヘンストリッジを思わせ、チャーミングな表情は深キョン超え。
不老不死者が現代社会で暮らすには住所や職業を転々として周囲から目立たぬよう生きなければならない、という「百万年の船」との共通性には妙な現実味が。

職場の図書館でデジタル化する映像アーカイブに見入るアデラインを通して、彼女が不老不死化するまでの人生が明かされます…107年前の1908年に生まれた彼女は、一人娘を出産して間もない1937年の自動車事故で心肺停止状態から落雷による奇跡的な蘇生で“時間による破壊作用を一切 受けない体になった”と。
以来29歳のまま老いる事のないアデラインの真実を知るのは、もはや彼女より年老いてしまった娘しか知らない筈でした…現在はジェニーを名乗る彼女が恋に落ちた青年の実家で、彼の父親(ハリソン・フォード)から思いがけずアデラインの名で呼ばれるまでは。

しかし青年が胡散臭い程に好青年で、不老不死者の慎重さを揺るがすだけの魅力がないと成立しないのは分かるんですが…若くて金持ちで慈善家でイケメンで知的でナンパも上手い、ってこれは僕の僻みですか。笑
でも観客に不老不死者への共感がないと、アデラインの行動や心情は伝わらない気がしますね…不老の孤独や匿名性を維持する“ウソに疲れた”と言いつつ、その生き方から“変わること”を死ぬほど恐れる矛盾。
かつて身バレした時に拘束されかけた経験の重味は、ちょっと想像力が要るかもな…だけど不老不死者の物語に惹かれるなら、彼女が見せる覚悟の強さと裏腹な迷いに胸が痛くなる筈です。

“2人で共に老いていく将来”、それはジョン・レノンなら「GROW OLD WITH ME」と言ったでしょう…あるいは「未来惑星ザルドス」の、ショーン・コネリーシャーロット・ランプリングが寄り添いあって永久の眠りに就くラストシーンの美しさを彷彿とさせます。
29歳にしては老けて見えるアデラインですが、同年代の深キョンが幼く見えてしまう僕にとってはむしろ理想的な女性でしたね…まぁ僕の知る深キョンだって制作者の望む演技をしているに過ぎない訳ですけれど、年を重ねた彼女がアデラインさながらの女性になるのも素的だなと思っています。
って、シメは深キョンか!笑
The Age of Adaline01(←左クリックで拡大表示されます)
The Age of Adaline02(←左クリックで拡大表示されます)

〈長命/不老/不死〉関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだマンガ】里中満智子「マンガ ギリシア神話3 冥界の王ハデス」| 2009.05.18
【最近読んだマンガ】荒川 弘「鋼の錬金術師」17巻| 2010.01.16
【最近読んだマンガ】岡野玲子「陰陽師」13(太陽)巻| 2010.03.10
【最近読んだマンガ】高山しのぶ「あまつき」10巻| 2011.06.27
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
【最近みたDVD】「ハンコック」| 2013.02.23
【最近みたDVD】「未来惑星ザルドス」| 2013.03.14
【最近読んだマンガ】沙村広明「無限の住人」30巻| 2013.11.28
【最近読んだマンガ】田辺イエロウ「終末のラフター」| 2014.07.26
【最近読んだ本】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近みたDVD】「AVALON」| 2014.10.28
【最近みたDVD】「THE NATURAL」| 2014.10.31
【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
【最近読んだマンガ】赤松健「UQ HOLDER!」1巻| 2016.10.30
【最近読んだマンガ】茶鳥木明代「デュラララ!!」3巻| 2016.11.23
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
【最近みたDVD】「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」| 2017.03.01
【最近読んだ本】宮部みゆき「あやし」| 2017.10.29
【最近やったゲーム】PS2ソフト「幻想水滸伝III」| 2017.11.14
【最近読んだマンガ】オノ・ナツメ「レディ&オールドマン」VOL.1| 2019.09.07
【最近みたDVD】「さよならの朝に約束の花をかざろう」| 2019.09.23
0
    | cinema | 2018.07.01 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top