ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「プロハンター M&R DETECTIVE OFFICE」VOL.6(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

最終巻には5話を収録、まず「♯21殺人志願」は社長夫人からの浮気調査で幕を開けるも早々に社長は愛人と心中…偽装殺人の黒幕は社長夫人と次期社長候補はハヤタ隊員こと黒部進、しかし証拠がないまま狙われる探偵2人は菊島刑事の配慮で身辺警護されます。
そこに依頼を持ち込むビン底メガネの男(矢崎滋)、痴漢の冤罪で人生を狂わせた菊島刑事を殺すという…彼が売却した自宅と人質に取られたユリ、この意外な結末が大和屋竺の脚本とは!
RX−7は変わらず助手席側が凹んだまま、海辺のドルフィンでロケしたりも…オサムのトレードマーク化してきたジタンTシャツ、そういや原宿に当時ジタンのショップがあったよな?

「♯22闇からの狙撃」はトップモデルのボディーガード、しかも1日10万円!…それにしても女性のファッションには時代が表れてますな、むしろ男性の三つ揃いスーツ姿は1周回ってイカすと僕は思うけど。
今回は五島も編集長も絡まずストレートな展開でした、波止場の雰囲気だけは代わり映えなくて好いなぁ!
「♯23旅芸人の唄」は土砂降り雨のPOLESTAR、背後のポスターはブルース・スプリングスティーンですな…チンチロリンで負けた水原&竜崎は女形スター玉二郎が興行中の演芸場へ、そこでリアル刃傷沙汰発生。
殺人事件ロケ地は前話と同じ工場、そして現場から逃走した玉二郎は行方知れずに…人力車で依頼に来た姉の女座長(吉行和子)に玉二郎の身柄確保を請け合う水原。

ところが当の玉二郎からは駆け落ちする筈の恋人(畑中葉子)を捜してくれと頼まれ、その女は殺された前情夫の大金を持ち逃げして命を狙われていたのでありました。
ニューハーフって言葉は既にあったのね、しかし“普通の男の子に戻りたい”ってキャンディーズかよ玉二郎…畑中の“カナダから手紙を”で“言うと思った”とメタ会話を入れてる割に彼女が脱がないって事はロマンポルノ出演前なのか?
最後は船舶保険金詐欺の証拠フィルムを巡る船と車の追走劇、スローモーションの使い方も面白かったな。
そうか、OAは9月だったのね…今回はキャベツ丸かじりしてましたよ竜崎、いつものように塩振って。笑

「♯24ロンリー・ハート」はシリアス展開、氷川丸の船上パーティーに招かれた探偵は要人の暗殺を防いだ事から警護を依頼され。
一方、オサムが出会ったサンバ娘からは実父探しを依頼されます…要人の狙撃を外した老スナイパーが実父で、要人が義父だろうという予想を裏切るブラフの張り方はお見事!
ディスコといえば「Technopolis」、LEDのコンピューターゲームがレトロだわ…スコープ越しに娘を見送る殺し屋(垂水悟郎)、苦い最期に男泣きの水原。
最終回「♯25ロング・グッドバイ」は崔洋一監督、初回の助監督から半年で出世して幕引き役です…嗚呼さらば古き赤レンガ倉庫、酒といえばカティーサークかバドワイザーだったのはスポンサー絡みですかね?
あ、ジャックダニエルズが出てきた回もあったな。笑

なんとラスト・ビジネスの主役は五島、しかも彼のサプライズ婚で幕開け…花嫁は竹田かほり、披露パーティーはPOLESTARに勢揃い。
いつもは五島に手伝わせている探偵2人がアシスト役でダイヤ泥棒?…といっても悪党が猫ババした花嫁の家宝を取り返す訳です、しかし相手は戦後にGHQを抱き込んだ裏社会の大物。
永遠の南太平洋クルーズに惹かれた2人、貧乏稼業も潮時と勝負に乗るのですが…隠しカメラで身バレして、花嫁との待ち合わせに向かう五島を貫く銃声で話は一転して悲劇へ急展開。
軽いノリのアクション・コメディ路線が最後はハードボイルドって、どう考えても全然納得いかないなー!

そういえば前話の次回予告にあった、水原&竜崎のカンフー演舞シーンは全ボツ?…あとロケ協力にクレジットされてたGITANES SHOP原宿も、それらしきシーンって今回なかったじゃん?
むしろクレジット入れるなら前話か前々話でしょ、これってつまり諸事情により撮り直したって事ですか?
本来は別の最終回を撮ってたんでしょ、それが納品前に急きょ「シリアスに終わらせろ」と上からの指示が出て後半だけ差し替えたんじゃ?…そんな不信感が拭えない、厭な後味が残る幕切れとなって残念です。
因みに裏の宝石商(石橋蓮司)の意味深な表情は、結局フィクサーが宝石を買い戻す流れを想像させます。

ただ、この頃は最後シリアスって「探偵物語」もそうだったし流行ってたのかな…?
特典資料「M&R Investigation repot part2」は編集長こと橘礼子/コメディ・リリーフ五島達/花屋カフェの三枝ユミ/テンガロンハットの菊島雄三/ハンチングの三下デカ木戸吾郎/探偵見習いオサムこと日高修、以上6名のサブ・レギュラーを紹介してました。
プロハンター/gitans1(←左クリックで拡大表示されます)


前巻

4巻

3巻

2巻

1巻
0
    | cinema | 2018.07.21 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top